2017年8月4日 更新

ロングランメーカーが待望の初陣!!小倉1800mに登場

半姉にGⅠ馬ミッキークイーンを持つロングランメーカーが新馬戦にお目見えだ。その他、素質馬を出し続ける繁栄一族の出身としては初戦とは言え無様な競馬を見せれないだろう。池江泰寿厩舎も期待の1頭だけにその走りに期待が高まる。

619

大きな馬体で躍動感のある動き

大跳びのフットワークで迫力ある追い切りを見せたロングラ...

大跳びのフットワークで迫力ある追い切りを見せたロングランメーカー

via google imghp
さすがの血統馬といったところか。500kgを超える馬体の全身を使って前に進む姿は圧巻。直前の追い切りは併走馬相手に遅れてしまったが、1週前は逆に最先着と気持ちにムラのあるタイプか。それでも動きそのものにはやはり高いポテンシャルを感じ、ミッキークイーンなどを輩出するミュージカルウェイからまたしてもスター候補が誕生の予感。父がエンパイアメーカーに変わってどうかだが、ダート適性は間違いなく芝でどこまで戦えるかが最大の注目となるだろう。

ロングランメーカー

ロングランメーカー(ミュージカルウェイ2015)

ロングランメーカー(ミュージカルウェイ2015)

牡馬

父馬:エンパイアメーカー
母馬:ミュージカルウェイ
母父:Gold Away
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング
via google imghp
エンパイアメーカー産駒で走った馬のサンプルが少なく何とも言い難いが、バランス含めて悪くない。ここからもう少し筋肉が付いて来ると更に良化するだろうが、現状でも平均的な馬よりは全ての面で高水準だろう。馬体自体は綺麗な容姿で芝でもやれそうなタイプ。但し、体が出来上がって行くと徐々にパワータイプに変わって来そう。馬体重は不明。

血統背景

エンパイアメーカー Unbridled Fappiano Mr. Prospector
Killaloe
Gana Facil Le Fabuleux
Charedi
Toussaud El Gran Senor Northern Dancer
Sex Appeal
Image of Reality In Reality
Edee's Image
ミュージカルウェイ Gold Away Goldneyev Nureyev
Gold River
Blushing Away Blushing Groom
スイートリベンジ
Mulika Procida Mr.Prospector
With Distinction
Gazalia Icecapade
Dols Jaminque


兄弟馬

トーセンマタコイヤ

トーセンマタコイヤ

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ミュージカルウェイ
母父:Gold Away
所属:加藤征弘厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:島川隆哉

通算成績:12戦4勝 (4-3-1-4)
主な勝鞍:オリエンタル賞など
via google imghp
ミッキークイーン

ミッキークイーン

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ミュージカルウェイ
母父:Gold Away
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:野田みづき

通算成績:14戦5勝 (5-5-1-3)
主な戦績:オークス、秋華賞など
via google imghp

近親馬

特になし

血統評価:4.3pt

兄弟は全馬1勝以上でGⅠ馬も排出しており、1頭を除いて他3頭は4勝以上と安定感は高い。血統背景としては、日本活躍馬はいないのと父がエンパイアメーカーにかわってどうかというところだろう。

前評判

『雰囲気は姉ミッキークイーンと似ていますね。動かすと手先は軽いし、明らかに芝でもやれそう』とは管理予定の池江泰寿調教師の談。シルクレーシングでは7000万円という高額で募集されているだけに期待値は高い。

馬名の意味

ミュージカルの連続上演+父名の一部

母名より連想したネーミング。が、余りしっくり来ない上に走らない感じがして仕方ない。

編集部の評価

母の繁殖力は評価できるとして、バックボーンが他になく何より父エンパイアメーカーはさすがに冒険すぎると判断するので見学で迷わず見送る。(大川)
昨年の秋華賞で好走したカイザーバルでようやく活躍馬が出た印象のエンパイアメーカー。個人的にはキレもなければ成長力もない、一発の底力もないというイメージで全く興味が出ない産駒。幾らミッキークイーンを出した母とは言え、これは何も考えずにスルーだろう。(田中)
23 件

関連する記事

ミュージカルウェイ2014(馬名:LethalImpact)は指名しない!?

ミュージカルウェイ2014(馬名:LethalImpact)は指名しない!?

「ミュージカルウェイ2014」をPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2016-2017のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 666
トーセンアルタイルが伝説の新馬戦でデビュー、兄は5勝馬

トーセンアルタイルが伝説の新馬戦でデビュー、兄は5勝馬

全兄に先の京都大賞典で2着に入ったトーセンバジルがいるトーセンアルタイル。菊花賞当日の新馬戦は“伝説の新馬戦”と呼ばれており、その中でも人気を集めそうな有力馬だ。初戦の走り次第では一気にクラシックの有力候補となる。
 352
タニノフランケルが2勝目を目指しアイビーSで強敵と激突

タニノフランケルが2勝目を目指しアイビーSで強敵と激突

未勝利戦を持ったまま完勝のタニノフランケル。血統に違わぬ走りで2015年産駒の中でも特に注目度の高い1頭だ。その良血馬が選んだ2戦目は東京のアイビーステークス。その先にはクラシック候補のフラットレーが待ち構えている。
 28,767
レリカリオが京都の新馬戦で芝マイルデビュー、姉は米の怪物

レリカリオが京都の新馬戦で芝マイルデビュー、姉は米の怪物

半姉に今年の米国クラシック戦線を総ナメにするとまで言われたユニークベラを持つレリカリオ。父がタピットからマリブムーンに変わり芝適性がより高くなった産駒となるが、その手始めとして初戦は芝1600mの新馬戦に登場する。
 993
ダークナイトムーンが田辺騎手を背に東京芝2000mで初陣

ダークナイトムーンが田辺騎手を背に東京芝2000mで初陣

兄にサダムパテック、全姉にヴィクトリアマイル3着のジュールポレールがいる血統馬ダークナイトムーン。兄弟よりも距離適性に幅がありそうで先ずは中距離の新馬戦でデビューを迎える。ディープインパクト産駒からまた新星の登場か。
 759

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部