2017年8月31日 更新

ロックディスタウンが札幌2歳ステークスで上2頭の牙城崩す

クリノクーニング、カレンシリエージョの一騎打ちに待ったをかける馬がいるとすればロックディスタウンだろう。半姉に重賞馬キャットコインなどを持つ血統馬で、新馬戦を圧巻の内容で勝ち上がって来た。鞍上は絶好調のルメール騎手。

3,319

猛烈リハで好調さをアピール

併走馬を7馬身ちぎったロックディスタウン

併走馬を7馬身ちぎったロックディスタウン

via google imghp
新潟の新馬戦を楽勝で勝ち上がったロックディスタウン。舞台を札幌に変えて重賞の舞台に挑戦するが、レース前追い切りの内容がとにかく強烈だった。札幌の芝コースで新馬を相手に1馬身追走する形で直線コースに入ると、仕掛けられてから一気に併走馬をかわす。軽く追われただけで能力の違いを見せ付け、気が付けば7馬身も後方に置き去りにし周囲の視線を釘付けにする動きを披露。上位2頭(クリノクーニング&カレンシリエージョ)を脅かす存在になるのはこの馬だろう。オルフェーヴルに初の重賞タイトルをプレゼントするのは本馬かもしれない。

噂に違わぬ内容で将来性をアピール

最後に軽くしごかれた程度のアクションで完封

最後に軽くしごかれた程度のアクションで完封

via google imghp

2017年08月06日 2歳新馬 芝1800m 新潟競馬場

1着:ロックディスタウン 牝2 (C.ルメール)
2着:タイムフライヤー 牡2 (北村宏司)
3着:シャルドネゴールド 牡2 (岩田康誠)

レースタイム:1:50.4(良)
レース上がり3ハロン:32.8
勝ち馬上がり3ハロン:32.5
道中は先行集団の直後をインで追走。折り合いに専念し直線勝負に賭ける教育的なレースを心掛けた。最後のストレートではなかなか前が開かずヒヤッとするシーンも見せたが、進路を確保すると一気の伸びを見せてあっという間に先頭へ。内からタイムフライヤーが迫ると軽く追われてまた突き放す圧巻の競馬で新馬戦を見事に勝利。牝馬とは思えぬ馬体で如何にも大物感たっぷりの1頭だ。

牝馬らしからぬ雄大な馬体

500kg近い馬格で他の新馬を圧倒するロックディスタウン

500kg近い馬格で他の新馬を圧倒するロックディスタウン

via google imghp
調教の動きも優秀だがそれ以上に見た目が素晴らしい。姉のキャットコインは400前半の馬体重だったが、ロックディスタウンは500kg前後もあり古馬に混じっても何ら遜色の無い雰囲気で堂々としている。早くもデビュー前から大物感漂う1頭として注目を浴びているが、何より牝馬で1800mの中距離戦におろす事が異例とも言える。陣営の目指す先はクラシックも勿論、それ以上のタイトルが視野にあるのかもしれない。

ロックディスタウン

ロックディスタウン(ストレイキャット2015)

ロックディスタウン(ストレイキャット2015)

牝馬

父馬:オルフェーヴル
母馬:ストレイキャット
母父:Storm Cat
所属:二ノ宮敬宇厩舎(美浦)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
全体的に重厚な馬体で如何にもパワーがありそうな雰囲気。骨格が先ずしっかりとして各部に程よく筋肉を纏っているが、それでいてバランスはなかなか良い。オルフェーヴルの繁殖力が未知数なものの、半姉キャットコインがステイゴールドで結果を出している事からもこの父系との相性は既に証明済みだ。叔父にゼンノロブロイがいて、やはり一族的にもキレよりパワーで押し切る競馬が得意となるだろう。馬体重は春の取材時点で500kg。

血統背景

オルフェーヴル ステイゴールド サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ゴールデンサッシュ ディクタス
ダイナサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン メジロティターン
メジロオーロラ
エレクトロアート ノーザンテースト
グランマスティーヴンス
ストレイキャット Storm Cat Storm Bird Northern Dancer
South Ocean
Terlingua Secretariat
Crimson Saint
ローミンレイチェル マイニング Mr. Prospector
I Pass
One Smart Lady Clever Trick
Pia's Lady


兄弟馬

タガノエリザベート

タガノエリザベート

牝馬

父馬:スペシャルウィーク
母馬:ストレイキャット
母父:Storm Cat
所属:松田博史厩舎(栗東)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:八木昌司

通算成績:13戦2勝 (2-0-0-11)
主な戦績:ファンタジーステークスなど
via google imghp
キャットコイン

キャットコイン

牝馬

父馬:ステイゴールド
母馬:ストレイキャット
母父:Storm Cat
所属:二ノ宮敬宇厩舎(美浦)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:13戦3勝 (3-0-0-10)
主な戦績:クイーンカップなど
via google imghp

近親馬

ゼンノロブロイ

ゼンノロブロイ

牡馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:ローミンレイチェル
母父:マイニング
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:白老ファーム
馬主:大迫久美子

通算成績:20戦7勝(7-6-4-3)
主な戦績:天皇賞秋、ジャパンカップ、有馬記念など
via google imghp

血統評価:1.9pt

ファミリーとしては、ゼンノロブロイがいるものの全体としては弱い。ただし兄弟に2頭の重賞馬がいるので悪くはないですが、未勝利馬も3頭いるので相殺というところか。

前評判

半姉キャットコインも担当した二ノ宮調教師は『ふっくらとしているのは良い』と、その姉の小柄な馬体と比較して語る。やはり順調に調教をこなせるしっかりとした体があってこそ、馬の身体能力が伸びるというもの。幾多の名馬を育て上げて来た師も納得の表情で本馬のデビューを心待ちにしている様だ。

馬名の意味

曲名

母名の元となったアメリカのロカビリーバンド『ストレイキャッツ』の曲名から連想。一見、牡馬の様な響きに聞こえるが牝馬なのでお間違えなく。
27 件

関連する記事

ジンゴイスト(ラヴズオンリーミー2015)のPOG情報

ジンゴイスト(ラヴズオンリーミー2015)のPOG情報

ジンゴイストをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 509
ミッキーマインドが新馬戦を快勝、福永『馬っぷりが良い』

ミッキーマインドが新馬戦を快勝、福永『馬っぷりが良い』

土曜中京の新馬戦で単勝1.7倍の支持を受けたミッキーマインドが、センス抜群の競馬で完勝しデビューとしては上々のスタートを決めた。騎乗した福永祐一騎手もレース後に『とにかく馬が良いですね』と今後の活躍に期待を寄せた。
 813
2018年の牝馬クラシックへの道|オークス候補を探せ!

2018年の牝馬クラシックへの道|オークス候補を探せ!

2018年牝馬クラシック戦線に向け、オープン以上のレースを中心に有力馬をピックアップ。各レースの動画を参考に上位入線馬の寸評をお届け致します。今後の馬券展望にもお役立て下さい。尚、内容は随時更新予定となっております。
 7,229
トーセンアルタイルが伝説の新馬戦でデビュー、兄は5勝馬

トーセンアルタイルが伝説の新馬戦でデビュー、兄は5勝馬

全兄に先の京都大賞典で2着に入ったトーセンバジルがいるトーセンアルタイル。菊花賞当日の新馬戦は“伝説の新馬戦”と呼ばれており、その中でも人気を集めそうな有力馬だ。初戦の走り次第では一気にクラシックの有力候補となる。
 352
タニノフランケルが2勝目を目指しアイビーSで強敵と激突

タニノフランケルが2勝目を目指しアイビーSで強敵と激突

未勝利戦を持ったまま完勝のタニノフランケル。血統に違わぬ走りで2015年産駒の中でも特に注目度の高い1頭だ。その良血馬が選んだ2戦目は東京のアイビーステークス。その先にはクラシック候補のフラットレーが待ち構えている。
 28,767

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部