2017年8月1日 更新

ロクセラーナ(ライフフォーセール2015)のPOG情報

ロクセラーナをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

447

馬体診断

ロクセラーナ(ライフフォーセール2015)

ロクセラーナ(ライフフォーセール2015)

牝馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:ライフフォーセール
母父:Not For Sale
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤英子
via google imghp
牝馬とは思えない程の逞しい体付きが魅力。胸前、トモ辺りの筋肉量は相当なもので首さしも太くかなりパワー型の走りとなるだろう。それらに比べて胴回りがややさみしく感じるが、その内バランス良く見えて来るもの。いずれにせよ、馬自体の雰囲気がかなりドッシリとしていて大物感の風格さえ漂っている。馬体重は春の取材時点で486kg。

血統背景

キングカメハメハ Kingmambo Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Miesque Nureyev
Pasadoble
マンファス ラストタイクーン トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird Blakeney
The Dancer
ライフフォーセール Not For Sale Parade Marshal Caro
Stepping High
Love for Sale Laramie Trail
Museliere
Doubt Fire Ski Champ Icecapade
Ski Goggle
My Little Life Ghadeer
Dimane


兄弟馬

特になし

近親馬

特になし

血統評価:1.0pt

母は、亜GⅠホースだが産駒の姉は、未だ未勝利。父をかえるのは良いとして現時点での血統背景からの強調材料は全くない。

前評判

『調整は馬の成長に合わせているのですが、徐々にペースは上げていけそうです。乗った時の背中が良い感じでキングカメハメハの長所をよく受け継いでますね。これからまだ成長するので将来が非常に楽しみです』との事。母はアルゼンチンのGⅠ2勝馬。能力的なDNAは一流の部類に入るだろう。

馬名の意味

人名より

近藤英子氏おなじみの人名シリーズ。今回はオスマン帝国スレイマン1世の皇后というマニアックなところを突いて来たが、このシリーズの時は走るイメージがある。

編集部の評価

アルゼンチンは高速馬場なので日本の馬場との相性は良いのはわかるがただだったら日本の名牝でいいかなという印象で特に魅力は感じないので迷わずスルー。(大川)
アルゼンチンの名牝クラスに日本のS級種牡馬を付けるのは今トレンドとも言える流れ。但し、その例で成功しているのはディープインパクト産駒のみとなっているので、今回のキングカメハメハでどうなるかがポイントか。見た目は走って来ておかしくない好馬体なので、後は角居勝彦調教師が如何に料理してくれよう。(田中)
19 件

関連する記事

ソシアルクラブが阪神JFで8着入線、本格化は来年以降か

ソシアルクラブが阪神JFで8着入線、本格化は来年以降か

ブエナビスタの2番仔ソシアルクラブ。新馬戦のパフォーマンスからキャリア1戦の身で阪神ジュベナイルフィリーズでは5番人気に支持されるも、さすがに好走は難しく8着に終わった。しかし、素質の片鱗は感じられ来年の走りに注目。
 3,524
シーリアが折り返しの未勝利戦に登場、鞍上は一族の主戦

シーリアが折り返しの未勝利戦に登場、鞍上は一族の主戦

シーザリオ産駒で兄にエピファネイア、リオンディーズがいるシーリア。新馬戦は2着に敗退したが、見どころのある内容で叩いた上積み含めて今回はパフォーマンスを更に上げて来るだろう。手綱を取るのは一族を知り尽くす福永騎手だ。
 4,085
レッドヴェイロンが折り返しの未勝利戦に登場、確勝級の1戦

レッドヴェイロンが折り返しの未勝利戦に登場、確勝級の1戦

前走の新馬戦でスーパーフェザーの2着に敗れたレッドヴェイロン。しかし、レースでは終始引っ掛かり気味の内容で不完全燃焼、仕切り直しの未勝利戦で早期勝ち上がりを目指す。鞍上は引き続き、名手武豊騎手。ここは負けられない。
 2,316
ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

圧倒的人気のワグネリアンが、道中後方から4コーナーで進出。直線外に出すと抜群の反応で先頭に立ち、坂を駆け上がってからはターフビジョンを確認しながら追う余裕の競馬だった。これでクラシック最有力候補が確定、次は弥生賞だ。
 7,656
エルディアマンテが叩き合いに競り負けるも次走は勝利濃厚か

エルディアマンテが叩き合いに競り負けるも次走は勝利濃厚か

期待の素質馬エルディアマンテが新馬戦で壮絶な叩き合いの末2着に敗退。しかし、3着以下には6馬身差を付けている事からも同世代では実力が上位なのは間違いない。次走、余程のアクシデントが無ければあっさりと勝ち上がるだろう。
 1,182

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部