2018年1月12日 更新

レーヴドリーブ、3歳未勝利を川田鞍上で3度目の正直なるか

新馬戦で4着、続く未勝利戦では2着に入線と成長を続けるレーヴドリーブ。前走はなかなか見ごたえのある走りを見せ、さらに今回川田騎手に乗り替わりときた為、今回のレースは期待大。新たな相棒とのコンビネーションやいかに。

1,858

乗り替わりの川田騎手の手腕に期待

前走は2着に終わったレーヴドリーブ

前走は2着に終わったレーヴドリーブ

via google imghp
前走を終え戸崎騎手が「スタートしてからなかなかスピードに乗って行けなかった」とコメントを残しているが、最後の直線での追い込みっぷりは素晴らしく、エンジンがかかるのが少々遅いズブいタイプの馬だと判断できる。今回は川田騎手に乗り替わることもあり、その腕っぷしの強い騎乗でさらなる前進が見込めるはずだ。

外から強烈な追い込みを披露し2着惜敗

2017年12月10日 2歳未勝利(牝) 芝1800m 阪神競馬場

1着:ノーブルカリナン 牝2 (C.デムーロ)
2着:レーヴドリーブ 牝2 (戸崎圭太)
3着:クリノアリエル 牝2 (川田将雅)

レースタイム:1:48.6(良)
レース上がり3ハロン:34.5
勝ち馬上がり3ハロン:34.1
新馬戦と同じく道中は進んで行かずに後方からの競馬を強いられる事となったレーヴドリーブ。直線入り口ではごった返しの馬群を強引に外へ持ち出すと、そこから目の覚める様な伸びを見せ前を猛追。勝ったノーブルカリナンには届かなかったがクリノアリエルとの争いを制して際どい2着入線を果たした。レースを重ねる毎に動きが良くなって来ており、次は更に高いパフォーマンスを出せるだろう。未勝利脱出も間近だ。

新馬戦は4着と及第点の内容

2017年11月12日 2歳新馬 芝1800m 京都競馬場

1着:ダノンフォーチュン 牡2 (浜中俊)
2着:シーリア 牝2 (C.デムーロ)
3着:レッドルーク 牡2 (四位洋文)
4着:レーヴドリーブ 牡2 (戸崎圭太)

レースタイム:1:50.7(良)
レース上がり3ハロン:35.3
勝ち馬上がり3ハロン:34.9
スタートは普通に出るも道中は前に進まず後方からの展開を余儀なくされたレーヴドリーブ。直線入り口でようやく走る気が出て来たのか、最後は外に出すと2着争いに加わる上々の伸びを見せて4着に入線した。とは言え、エンジンの掛かりが遅くどちらかと言えば長く良い脚を使うタイプなのだろう。継続騎乗となる戸崎圭太騎手が今度は上手く乗りこなして勝利に導く筈だ。ライバルはシーリアただ1頭。

オルフェーヴル×レーヴドスカー=??

順調に調整が進んでいるレーヴドリーブ

順調に調整が進んでいるレーヴドリーブ

via google imghp
レーヴ一族期待の1頭レーヴドリーブ。母レーヴドスカーは現在の繁殖牝馬で最も実績のある1頭で、これまで8頭がデビューし全て勝ち上がり。GⅠ馬や重賞馬も数頭いる異常なまでにアベレージの高いファミリーである。しかも、そのいずれもが違う種牡馬という点に驚きを隠せない。そして今回は新種牡馬オルフェーヴル。既に結果を出している事を考えれば、同馬が走らない可能性の方が極めて少ないのである。唯一不安点があるとすれば一族特有の故障発生だけ。

レーヴドリーブ

レーヴドリーブ(レーヴドスカー2015)

レーヴドリーブ(レーヴドスカー2015)

牝馬

父馬:オルフェーヴル
母馬:レーヴドスカー
母父:Highest Honor
所属:高野友和厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:2戦0勝(0-1-0-1)
主な戦績:特になし
via google imghp
まさに理想的な馬体と雰囲気。さすがにレーヴドスカーの子供といったところか。オルフェーヴル産駒は全体的に見栄えも良く走って来そうな産駒が目立つが、その中でも一際存在感を放っているのが同馬。問題は一族特有の脚元の弱さだが、そこは健康優良児だったオルフェーヴルのDNAが補填してくれていると信じたい。馬体重は不明。

血統背景

オルフェーヴル ステイゴールド サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ゴールデンサッシュ ディクタス
ダイナサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン メジロティターン
メジロオーロラ
エレクトロアート ノーザンテースト
グランマスティーヴンス
レーヴドスカー Highest Honor Kenmare Kalamoun
Belle of Ireland
High River Riverman
Hairbrush
Numidie バイアモン Blushing Groom
Lodeve
Yamuna Green Dancer
Yeovil


兄弟馬

アプレザンレーヴ

アプレザンレーヴ

牡馬

父馬:シンボリクリスエス
母馬:レーヴドスカー
母父:Highest Honor
所属:池江泰郎厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:7戦3勝 (3-0-1-3)
主な戦績:青葉賞など
via google imghp
レーヴディソール

レーヴディソール

牝馬

父馬:アグネスタキオン
母馬:レーヴドスカー
母父:Highest Honor
所属:松田博資厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:6戦4勝(4-0-0-2)
主な戦績:阪神ジュベナイルフィリーズなど
via google imghp
レーヴミストラル

レーヴミストラル

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:レーヴドスカー
母父:Highest Honor
所属:松田博資厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:13戦4勝(4-1-1-7)
主な戦績:青葉賞、日経新春杯など
via google imghp

近親馬

ベスラー

ベスラー

牝馬

父馬:Marju
母馬:レーヴディマン
母父:Highest Honor
所属:Dermot K.Weld厩舎(愛)
生産:Tullpark Limited(愛)
馬主:Hamdam Al Maktoum

通算成績:5戦3勝(3-0-0-2)
主な戦績:愛1000ギニーなど
via google imghp

血統評価:3.8pt

母は一応GⅠ馬だが繁殖パフォーマンスの方が優秀で別々の種牡馬で8頭で全馬1勝以上、1勝馬のレーヴダムールもGⅠ2着の2戦しかしていないという超優秀な繁殖牝馬。歴代でも最上位の繁殖牝馬だろう。1頭のGⅠ馬と3頭の重賞馬、8頭全馬クラシック出走レベルの重賞勝利格というとんでもない繁殖力の母の次の産駒はオルフェーヴルである。期待しかないだろう。

前評判

良血馬にしては余り情報が少ない。某POG特集本では、記事の中で『関節の可動域が広く、動きはしなやかで柔らかい。オルフェーヴル産駒の中でもトップクラスの素質馬と言って良い』と紹介されている。いずれにせよ、これまで8頭全て違う種牡馬でオープン級の馬を輩出した母からクズ馬が出る事はあり得ない。

馬名の意味

夢(フランス語)+オリーブ(フランス語)

オリーブの花言葉より『勝利』を連想。レーヴ(ド)+オリーブ=レーヴドリーブと略称。
30 件

関連する記事

オルフェーヴル産駒の有力馬や注目産駒【POG2017-2018】

オルフェーヴル産駒の有力馬や注目産駒【POG2017-2018】

2015年に生まれたオルフェーヴル産駒の中で、特に注目すべき良血馬や評判馬などをピックアップ。日本ダービーの翌週から新馬戦が始まりますので、ドラフト他お目当ての馬は早めに目星を付けておかれる事をオススメ致します。
 21,039
レーヴディマン2014(馬名:レーヴルシード)を指名する!?

レーヴディマン2014(馬名:レーヴルシード)を指名する!?

「レーヴディマン2014」をPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2016-2017のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 940
シンハラージャが3歳未勝利戦に登場、負けられない一戦

シンハラージャが3歳未勝利戦に登場、負けられない一戦

シンハライトの弟として今年のオルフェーヴル産駒では一番注目度が高かったシンハラ―ジャ。しかし新馬戦は4着と微妙な結果に終わり、クラシック戦線に向けてここは是が非でも勝っておきたいところ。鞍上は荻野極騎手。
 3,945
ラッキーライラックが阪神JFを完勝、2歳牝馬の女王に

ラッキーライラックが阪神JFを完勝、2歳牝馬の女王に

オルフェーヴル産駒のラッキーライラックが阪神ジュベナイルフィリーズを鮮やかに差し切り、無傷の3連勝で2歳チャンピオンに輝いた。まだまだ成長途上で、来年の牝馬クラシックは本格化した同馬が席巻する事になるかもしれない。
 2,311
シエラが阪神芝1800mの新馬戦デビュー、半兄は重賞2勝

シエラが阪神芝1800mの新馬戦デビュー、半兄は重賞2勝

兄に重賞2勝のアルバートドックを持つシエラが満を持して登場。ロックディスタウンやラッキーライラックなどを輩出するオルフェーヴル産駒にまた新たな大物出現となるか。須貝尚介厩舎期待の1頭、川田将雅騎手が手綱を取る。
 967

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部