2017年10月19日 更新

レリカリオが京都の新馬戦で芝マイルデビュー、姉は米の怪物

半姉に今年の米国クラシック戦線を総ナメにするとまで言われたユニークベラを持つレリカリオ。父がタピットからマリブムーンに変わり芝適性がより高くなった産駒となるが、その手始めとして初戦は芝1600mの新馬戦に登場する。

1,225

芝での勝ち上がりも多いマリブムーン産駒

どうしてもタピット含めてアメリカのダート血統の種牡馬は砂でこそというイメージを持たれているが、産駒の傾向だけで見れば芝でも遜色無し。先日の秋華賞で人気を集めたラビットラン(タピット産駒)が記憶に新しいのではないだろうか。レリカリオも当然ながら能力さえ出し切れば、初戦から芝で躍動する可能性は高いと推測する。ちなみにマリブムーン産駒の日本での勝ち上がりは70%オーバーの高水準だ。

レリカリオ

レリカリオ(Unrivaled Belle2015)

レリカリオ(Unrivaled Belle2015)

牝馬

父馬:Maribu Moon
母馬:Unrivaled Belle
母父:Unbridled's Song
所属:矢作芳人厩舎(栗東)
生産:Brushwood Stable(米)
馬主:ノースヒルズ
via google imghp
外国産らしからぬ柔らかみのある馬体で芝でも十分に対応可能な1頭と見て良いだろう。日本での代表産駒はオーブルチェフだが、その他芝で2連勝したアズールムーンなどもおり兼用という感覚で考えたい。バランス自体はやや前肢が勝っている事からも前進気鋭の短距離タイプ。成長次第ではゆったりと走れる様になって距離も多少は持つかもしれないが、牝馬だけに春は桜花賞→NHKマイルカップの路線で十分だ。馬体重は不明。

血統背景

Maribu Moon A.P.Indy Seattle Slew Bold Reasoning
My Charmer
Weekend Surprise Secretariat
Lassie Dear
Macoumba Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Maximova Green Dancer
Baracala
Unrivaled Belle Unbridled's Song Unbridled Fappiano
Gana Facil
Trolley Song Caro
Lucky Spell
Queenie Belle Bertrando Skywalker
Gentle Hands
Lady Argyle Don B.
Fleet Polly


兄弟馬

Unique Bella

Unique Bella

牝馬

父馬:Tapit
母馬:Unrivaled Belle
母父:Unbridled's Song
所属:Jerry Hollendorfer厩舎(米)
生産:Brushwood Stable(米)
馬主:Don Alberto Stable

通算成績:5戦4勝(4-1-0-0)
主な戦績:サンタイザベルステークスなど
via google imghp

近親馬

特になし

血統評価:1.0pt

母は米G1馬で姉も米G1馬。ゴリゴリの米血統で日本実績がないだけにPOG候補としてはやや強調材料にかける。

前評判

今年のノースヒルズでも1番馬として各媒体でこぞって取り上げられているレリカリオ。牧場で見ているスタッフも『乗ると分かるんですが、背中の軸が全くブレず安定感抜群。フットワークも綺麗で体の使い方がとにかく上手なんですよね。姉も相当走りましたが、レリカリオも飛び抜けて良い馬です』と大絶賛している。また、『スピード力があって走りが素軽い。跳びも大きいのである程度距離も持ちそうな感じです。芝もいけるでしょうし大きい所を狙える1頭です』とも。これは期待せずにいられない。

馬名の意味

不明

バミューダ海域に300年眠る財宝、若しくはキリスト教徒における聖人の遺品を収める容器の事。いずれも、大切でなかなかお目にかかれないという意味では一致している。それくらいの馬となって欲しい。

編集部の評価

馬名は良いが血統的に日本の芝がどうかだが、馬体は意外にガチガチではないので芝もこなせるのかなと考えている。ダートだとかなり期待してよいのではないだろうか。個人的には注目止まり。(大川)
今年のアメリカ牝馬クラシック戦線で突如現れたヒロイン、ユニークベラの半妹にあたるレリカリオ。その姉は惜しくも故障で戦線離脱してしまったが、各レースのパフォーマンスを見る限り怪物と言っても過言では無い。その血が脈々と受け継がれたレリカリオだが、芝でも同様の走りが出来れば楽しみだ。間違ってもダートならかなりの器と見ている。(田中)
21 件

関連する記事

レッドベルローズが豪脚一閃で強豪を差し切り、デビュー戦V

レッドベルローズが豪脚一閃で強豪を差し切り、デビュー戦V

ディープインパクト産駒の牝馬レッドベルローズが父譲りの末脚を武器に新馬戦を快勝。道中後方追走から直線大外を豪快に突き抜け、先に抜け出したエルディアマンテとの叩き合いを制して価値ある勝利を手にした。牝馬戦線の有力馬だ。
 870
ビコーズオブユーが函館芝1200mで初陣、祖母は米GⅠ馬

ビコーズオブユーが函館芝1200mで初陣、祖母は米GⅠ馬

毎年コンスタントに活躍馬を出す中竹和也厩舎から期待の新馬ビコーズオブユーがお目見え。調教ではジョッキーを背に入念に乗り込まれ、古馬相手に楽々と先着するなど初戦からエンジン全開で動けそうな仕上がり。鞍上は吉田隼人騎手。
 281
マウレアが赤松賞で好メンバー相手にV、桜花賞候補へ名乗り

マウレアが赤松賞で好メンバー相手にV、桜花賞候補へ名乗り

新馬戦に続き昇級初戦の赤松賞をマウレアが差し切り勝ち。直線馬群の狭い所を割って突き抜ける勝負根性を見せ、見事強敵達を蹴散らしての勝利で連勝を飾った。姉アユサンと姉妹制覇を目指すべく、春の仁川を目指して駒を進めて行く。
 333
ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

圧倒的人気のワグネリアンが、道中後方から4コーナーで進出。直線外に出すと抜群の反応で先頭に立ち、坂を駆け上がってからはターフビジョンを確認しながら追う余裕の競馬だった。これでクラシック最有力候補が確定、次は弥生賞だ。
 6,533
エルディアマンテが叩き合いに競り負けるも次走は勝利濃厚か

エルディアマンテが叩き合いに競り負けるも次走は勝利濃厚か

期待の素質馬エルディアマンテが新馬戦で壮絶な叩き合いの末2着に敗退。しかし、3着以下には6馬身差を付けている事からも同世代では実力が上位なのは間違いない。次走、余程のアクシデントが無ければあっさりと勝ち上がるだろう。
 1,120

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部