2018年1月9日 更新

レッドベルローズがフェアリーステークスを3着、痛恨の出遅れ

フェアリーステークスで人気を集めたレッドベルローズがスタートで後手を踏み道中は外々を追走。直線で懸命に追い詰めるも、コースロスの影響で3着に惜敗した。今後の活躍は精神的な落ち着きを取り戻せるかに懸かっているだろう。

1,397

直線追いすがるも3着が精一杯

2018年01月7日 フェアリーステークス 芝1600m 中山競馬場

1着:プリモシーン 牝2 (戸崎圭太)
2着:スカーレットカラー 牝2 (太宰啓介)
3着:レッドベルローズ 牝2 (蛯名正義)

レースタイム:1:34.6(良)
レース上がり3ハロン:35.0
勝ち馬上がり3ハロン:34.5
心配されたパドックは案の定終始チャカつくテンションの高さ。レース前に終わる程の荒さは無かったが、地味に体力の消耗はあっただろう。それに加え、イメージ通りスタートで後手を踏む競馬で後方追走となった。多頭数の中山マイルではそれが致命的なロスとなるも、それでも最後は2着に迫る末脚を見せて素質の片鱗は示したと言える。気性面での成長が待たれる1頭だ。

好走の鍵は当日のテンション

パドックでの落ち着きに注目したい

パドックでの落ち着きに注目したい

via google imghp
デビュー戦で手綱を取った福永祐一騎手曰く、『テンションが上がりやすい性格なので使い詰めせず、ゆったりとローテーションを組んだ方が良い』とコメント。今回の狙いは、ここで勝利しクラシックに向けて出走権のボーダーを越しておきたいという事が一番だろう。新年にその目的を達成する事が出来れば、今後は桜花賞→オークスに向けて慌てず動く事が可能となる。即ち、レッドベルローズにとって春の成果を担う上でかなり重要な1戦だ。

後続に6馬身差を付ける圧巻の内容

2017年11月18日 2歳新馬 芝1600m 東京競馬場

1着:レッドベルローズ 牝2 (福永祐一)
2着:エルディアマンテ 牝2 (C.ルメール)
3着:トーホウディアーナ 牝2 (吉田豊)

レースタイム:1:36.3(良)
レース上がり3ハロン:34.1
勝ち馬上がり3ハロン:33.5
スタートからやや位置取りを下げて折合いに専念。4コーナーで徐々に前との差を詰め、直線はスムーズに大外へ。そこから抜群の手応えで前をかわして行くと、先に内から抜け出したエルディアマンテに馬体を併せて行く様にして併走。激しい叩き合いとなるも、最後はグイッと前に出て新馬戦を白星で飾った。3着以下には6馬身も突き放しており、同世代の牝馬同士では間違いなく上位クラスの能力を備えている1頭だろう。次走が早くも楽しみだ。

レッドベルローズ

レッドベルローズ(レッドファンタジア2015)

レッドベルローズ(レッドファンタジア2015)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:レッドファンタジア
母父:Unbridled's Song
所属:鹿戸雄一厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:東京ホースレーシング

通算成績:2戦1勝(1-0-1-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
牝馬らしからぬ骨太の馬格。とてもディープインパクト産駒とは思えぬパワー型の印象を受けるが、これで馬体重は450kg(取材当時)に到達していないのだから驚きだ。どちらかと言えば母父の影響が色濃く出ているのだろう。各パーツの発達は非常に素晴らしく、後は全体が上手く連動して走れるかどうか。馬体を見る限り少し可動域が狭そうな雰囲気も見受けられ、その点がどこまで走りに反映して来るかにかかっていると言える。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
レッドファンタジア Unbridled's Song Unbridled Fappiano
Gana Facil
Trolley Song Caro
Lucky Spell
Cat Chat Storm Cat Storm Bird
Terlingua
Phone Chatter Phone Trick
Passing My Way


兄弟馬

初仔

近親馬

特になし

血統評価:1.0pt

GⅠ馬Phone Chatterの孫にあたるが血統構成としては、そこにStorm Cat、Unbridled's Songからのディープインパクト〆なので悪くないがファミリーとしての日本実績がないのとダート血統色が強いので血統的な強調材料はない。

前評判

『坂路などで動かしていますが、如何にもディープインパクト産駒らしいフットワークで軽々と駆け上がって来ます。馬体がしなやかで、ペースを上げて行ってマイナスの面が見られないのは何よりですね。現状でも十分に合格点ですが、まだまだ伸びシロを感じさせてくれる良い馬です。マイル以上の距離で活躍してくれそうですね』との事。デビューは秋を予定。

馬名の意味

冠名+美しいバラ(フランス語)

大舞台で真っ赤な大輪の花を咲かせる様に願っての命名。レッドもそうだが、冠名はシンプルな方が後に付ける単語が活きて来る。
25 件

関連する記事

サラキアが3歳新馬戦に登場!!クラシック有力候補となるか

サラキアが3歳新馬戦に登場!!クラシック有力候補となるか

今年期待のディープインパクト産駒、サラキア。サロニカの妹とあって早い段階から高い評判を受けており、この度待望のデビューが決定。見事デビュー戦で勝利を飾り、クラシック有力候補となるか注目が集まります。
 1,213
グレートウォリアーが新馬戦に出走、厩舎の隠し玉で怪物も?

グレートウォリアーが新馬戦に出走、厩舎の隠し玉で怪物も?

関西の雄、藤原英厩舎の秘蔵っ子で素質馬グレートウォリアーが今週日曜の京都芝1800m新馬戦に登場する。サンデーレーシングで世代トップ2に入る高額募集とされるだけに期待は高まるばかりだ。鞍上は福永祐一騎手がスタンバイ。
 2,548
フォックスクリークが若駒Sで2連勝狙う、素材は一流クラス

フォックスクリークが若駒Sで2連勝狙う、素材は一流クラス

順当な走りで新馬戦を勝ち上がったフォックスクリーク。そこから無理強いする事なくゆっくりと調整、そして2戦目に選んだのがクラシックへの大事なステップレースである若駒Sだ。強敵スーパーフェザーが待ち構えるも、好勝負必至。
 3,149
スーパーフェザーが若駒Sに登場、ディープ産駒の大物候補

スーパーフェザーが若駒Sに登場、ディープ産駒の大物候補

2億6000万円もの高額取引きに見合う新馬戦の勝ち方を見せたスーパーフェザー。満を持してクラシックの登竜門、若駒Sに出走だ。レースには同じディープ産駒で1戦1勝のフォックスクリークが登録、勝てば有力馬確定だろう。
 5,703
オハナが菜の花賞を外から強襲、一気の差し切りで2連勝V

オハナが菜の花賞を外から強襲、一気の差し切りで2連勝V

菜の花賞で人気を集めたオハナが好スタートから先行、最後の直線で先に抜け出したダンツクレイオーを坂上で鮮やかに差し切りデビューから無傷の連勝を飾った。上のキロハナ、ハナレイムーンの雪辱を誓いクラシック戦線に駒を進める。
 1,028

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部