2017年8月31日 更新

リバティハイツ(ドバウィハイツ2015)のPOG情報

リバティハイツをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

663

馬体診断

リバティハイツ(ドバウィハイツ2015)

リバティハイツ(ドバウィハイツ2015)

牝馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:ドバウィハイツ
母父:Dubawi
所属:高野友和厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース
via google imghp
まさにキングカメハメハ産駒特有のメリハリの効いたボディで、特にトモ部分の盛り上がりは非常に素晴らしいばかり。後肢の蹴り上げが強く、如何にもパワフルな走りをしそうなパワー型の1頭だろう。クビから胴前がギュッと詰まった体型なので距離適性的にはマイル前後がベストか。牝馬だけに桜花賞からNHKマイルカップという路線もあるだけにそこまで気にする必要は無い。馬体重は春の取材時点で478kg。

血統背景

キングカメハメハ Kingmambo Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Miesque Nureyev
Pasadoble
マンファス ラストタイクーン トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird Blakeney
The Dancer
ドバウィハイツ Dubawi Dubawi Millennium Seeking the Gold
Colorado Dancer
Zomaradah Deploy
Jawaher
Rosie's Posy Suave Dancer Green Dancer
Suavite
My Branch Distant Relative
Pay The Bank


兄弟馬

特になし

近親馬

特になし

血統評価:1.0pt

母はG1馬だが兄弟はまだ結果を出せておらず、ファミリーも日本実績がない為、強調材料がない。

前評判

厩舎関係者が『総合的にレベルが高い。どんな走りをしてくれるのか楽しみですね』と言えば、社台グループの総帥である吉田照哉氏も『現状は文句なし。トモが凄く大きくて“マリリン・モンロー”みたいだね。この馬は走るよ』と大絶賛している。兄弟実績などは無いが、母は米GⅠ2勝の名牝。そろそろ大物を出してもおかしくない血統構成でもある。

馬名の意味

映画名

姉ディヴァインハイツと共に、『◯◯ハイツ』シリーズ化されている模様。これも行く行くはハイツ一族の異名を持つ繁栄ファミリーとして活躍して行って欲しい。

編集部の評価

馬体は頗る良いが結局母の産駒は走っていないのでここは迷わず見送る。(大川)
デヴァインハイツを指名していた身としてはこの妹でリベンジをかけたい所だが…いかんせん厩舎にクラシック実績が無い点がネック。今年は牝馬のファンディーナで注目を浴びたが結局は牡馬路線に走ってタイトル獲得ならず。そういった選択ミスも含めて嫌ってしまうが、馬自体のデキはかなり良い。(田中)
19 件

関連する記事

ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

圧倒的人気のワグネリアンが、道中後方から4コーナーで進出。直線外に出すと抜群の反応で先頭に立ち、坂を駆け上がってからはターフビジョンを確認しながら追う余裕の競馬だった。これでクラシック最有力候補が確定、次は弥生賞だ。
 6,455
エルディアマンテが叩き合いに競り負けるも次走は勝利濃厚か

エルディアマンテが叩き合いに競り負けるも次走は勝利濃厚か

期待の素質馬エルディアマンテが新馬戦で壮絶な叩き合いの末2着に敗退。しかし、3着以下には6馬身差を付けている事からも同世代では実力が上位なのは間違いない。次走、余程のアクシデントが無ければあっさりと勝ち上がるだろう。
 1,112
シーリアが新馬戦で2着、牡馬相手に健闘の内容で次走に期待

シーリアが新馬戦で2着、牡馬相手に健闘の内容で次走に期待

GⅠ馬2頭を兄に持つシーリアが新馬戦で意地の2着入線を果たした。最後の直線で前が狭くなる不利を受けつつも、牡馬相手に最後まで諦めない走りで良血馬の意地を見せた。牝馬限定に戻れば確勝級で、今後の活躍が期待される1頭。
 3,650
レッドヴェイロンが新馬戦を掛かり通しで2着惜敗、若さ露呈

レッドヴェイロンが新馬戦を掛かり通しで2着惜敗、若さ露呈

エリモピクシー産駒のレッドヴェイロンが初戦をスーパーフェザーの2着に敗退。スタートから掛かり続けて相当なロスを強いられる競馬となったが、それでも直線一旦は抜け出すと一応の格好を付ける形で見せ場は作った。次は確勝級か。
 2,023
アドマイヤキングが萩ステークスに出走、鬼門の1戦を制すか

アドマイヤキングが萩ステークスに出走、鬼門の1戦を制すか

新馬戦を楽な内容で勝ち上がったアドマイヤキング。間髪を開けずに臨む1戦はオープン戦の萩ステークスだ。同レースは少頭数での施行が多いものの、有力馬が負けるシーンも多く人気馬にとっては鬼門。逆に連勝出来れば未来は明るい。
 2,596

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部