2017年8月17日 更新

リシュブールが札幌の新馬戦に登場、名牝の血を受け継ぐ馬

日本を代表する女傑エアグルーヴの孫、注目のリシュブールが今週末の日曜札幌でベールを脱ぐ。父はキングカメハメハで母父ディープインパクトと近代競馬を凝縮した様な至極の血統馬だ。初戦からいきなり強敵のルーカスと対戦する。

2,037

大物感たっぷりの1頭

血統も動きも各関係者から注目の的

血統も動きも各関係者から注目の的

via google imghp
母ラストグルーヴは11年のセレクトセールで3億6000万円の値が付いた馬。デビュー戦を圧倒的なパフォーマンスで完勝し将来を約束されたが、その後故障を発症しあえなく1戦1勝の身で引退した。そして繁殖牝馬として初めて産んだ仔がこのリシュブールだ。一族の繁栄力を考えれば走るDNAは確実に受け継がれているだろうし、何より“キングカメハメハ×ディープインパクト”の配合は魅力。稽古でも『動きは素軽いがその中にも重厚感がある』といった大物の素質を垣間見せているだけに、新馬戦からいきなり圧勝というシーンも十分に考えられる。鞍上はその母の新馬戦にも騎乗した福永祐一騎手がスタンバイ。

リシュブール

リシュブール(ラストグルーヴ2015)

リシュブール(ラストグルーヴ2015)

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:ラストグルーヴ
母父:ディープインパクト
所属:藤原英昭厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:山本英俊
via google imghp
全体的に幼さが残る馬体。付いて欲しい所に盛り上がりが無く、本格化はまだまだ先だろう。顔の品は良く、行く行くは走って来てくれそうだがクラシック戦線に乗って来れるかどうかで言えば微妙なライン。それでも陣営は秋頃のデビューを予定しており、一族の中では早めの使い出しが可能かもしれない。馬体重は春の取材時点で458kg。

血統背景

キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector Raise a Native
Raise You
Miesque Nureyev
Pasadoble
マンフィス ラストタイクーン トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird Blakeney
The Dancer
ラストグルーヴ ディープインパクト サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere
エアグルーヴ トニービン カンパラ
Severn Bridge
ダイナカール ノーザンテースト
シャダイフェザー


兄弟馬

初仔

近親馬

アドマイヤグルーヴ

アドマイヤグルーヴ

牝馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:エアグルーヴ
母父:トニービン
所属:橋田満厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤利一

通算成績:21戦8勝(8-1-3-9)
主な勝鞍:エリザベス女王杯など
via google imghp
ルーラーシップ

ルーラーシップ

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:エアグルーヴ
母父:トニービン
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:20戦8勝(8-2-4-6)
主な勝鞍:クイーンエリザベスカップなど
via google imghp
ドゥラメンテ

ドゥラメンテ

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:アドマイヤグルーヴ
母父:サンデーサイレンス
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:9戦5勝(5-4-0-0)
主な勝鞍:皐月賞、ダービーなど
via google imghp

血統評価:1.0pt

日本屈指の名門ファミリーの出身となるが、母は1戦1勝で未知数のまま現役を退いており母の全姉グルヴェイグ産駒は一定の結果を出しているので十分期待出来る血統背景だと考える。ドゥラメンテと血統構成も7/8同じなので注目である。

前評判

『今はまだ成長途上ですが、走らせると動き自体はバネのある良いフットワークを見せています。最初はヤンチャでしたが、だいぶ落ち着いて来て我慢できる様になりましたね。距離は中距離前後がベストという感じです』との事。母が1戦1勝のまま引退した事で能力の推し量りが難しいものの、ダイナカール一族の繁栄力が試される1頭と言える。

馬名の意味

ブドウ畑の名前

オーナーの閃きによる命名だろう。血統などとの関連性は全く無い。

編集部の評価

いかにも走りそうな馬体だが馬名がちょっと微妙。ある程度兄弟は全部走ってきそうだがエアグルーヴはアンチなので上が走ってから兄弟は指名でも良いと思うので今年は迷いなく見送る。(大川)
母のデビュー戦は間違いなく一流馬のパフォーマンスだったし、脚元がちゃんとしていれば少なくとも重賞馬にはなっていた筈。それを考えると初仔でもダイナカールの繁栄族出身なら相応の産駒を出してくれるに違いない。キングカメハメハ×ディープインパクトの配合も魅力的。但し、そこはシビアにここを見てから来シーズン以降の指名に役立てたい。(田中)
24 件

関連する記事

ワグネリアンが野路菊Sを快勝、重馬場で33秒台の鬼脚炸裂

ワグネリアンが野路菊Sを快勝、重馬場で33秒台の鬼脚炸裂

注目のワグネリアンが2戦目の野路菊ステークスでも想像を超える圧巻の走りで突き抜け2連勝。心配された重馬場も全く苦にせず、道中後方追走から直線の競馬だけであっさりと差し切って見せた。上がり3ハロンは33秒フラット。
 4,295
アロハリリー(ハワイアンウインド2015)のPOG情報

アロハリリー(ハワイアンウインド2015)のPOG情報

アロハリリーをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 452
レイエンダが骨折で戦線離脱…全治6ヶ月でクラシック微妙

レイエンダが骨折で戦線離脱…全治6ヶ月でクラシック微妙

先に札幌の新馬戦で圧勝デビューを飾ったレイエンダが骨折している事が分かった。15日に両膝前を手術して術後の経過は順調との事。しかし、復帰までには全治6ヶ月程度かかる見込みで来年の春がほぼ絶望的な状況となってしまった。
 4,547
イシュトヴァーン(ドナウブルー2015)のPOG情報

イシュトヴァーン(ドナウブルー2015)のPOG情報

イシュトヴァーンをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 496
ベネンシアドール2015のPOG情報

ベネンシアドール2015のPOG情報

ベネンシアドール2015をPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 1,180

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部