2017年10月27日 更新

リシュブールが久々の未勝利戦に登場、成長促しパワーアップ

エアグルーヴを祖母に持つ良血馬リシュブール。8月の札幌デビューでは惜しくもルーカスに敗れたが、そこからすぐに実戦で使わずきっちりと馬優先の調整でここまで見送って来た。つまり、陣営としては必勝態勢で臨む未勝利戦となる。

2,732

是が非でも勝ち上がりたい1戦

惜敗するも内容が良かったリシュブール(右奥)

惜敗するも内容が良かったリシュブール(右奥)

via google imghp
前走は大物候補ルーカスの後塵を拝する結果となったが、実質先に動いたのはリシュブール。そこを後ろから捲くる形で押し上げられただけに厳しい内容だった。が、着差はそこまで開かずに入線している辺り、やはりリシュブール自体の地力も高い事は一目瞭然。実質、そこで1番しんどい競馬をしたのだから未勝利戦になれば十分に勝機はあるだろう。わざわざ十分な間隔を開けての参戦だけに、ここまで要した時間を考えれば取りこぼしは許されない。

大物感たっぷりの1頭

血統も動きも各関係者から注目の的

血統も動きも各関係者から注目の的

via google imghp
母ラストグルーヴは11年のセレクトセールで3億6000万円の値が付いた馬。デビュー戦を圧倒的なパフォーマンスで完勝し将来を約束されたが、その後故障を発症しあえなく1戦1勝の身で引退した。そして繁殖牝馬として初めて産んだ仔がこのリシュブールだ。一族の繁栄力を考えれば走るDNAは確実に受け継がれているだろうし、何より“キングカメハメハ×ディープインパクト”の配合は魅力。稽古でも『動きは素軽いがその中にも重厚感がある』といった大物の素質を垣間見せているだけに、新馬戦からいきなり圧勝というシーンも十分に考えられる。鞍上はその母の新馬戦にも騎乗した福永祐一騎手がスタンバイ。

リシュブール

リシュブール(ラストグルーヴ2015)

リシュブール(ラストグルーヴ2015)

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:ラストグルーヴ
母父:ディープインパクト
所属:藤原英昭厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:山本英俊

通算成績:1戦0勝(0-1-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
全体的に幼さが残る馬体。付いて欲しい所に盛り上がりが無く、本格化はまだまだ先だろう。顔の品は良く、行く行くは走って来てくれそうだがクラシック戦線に乗って来れるかどうかで言えば微妙なライン。それでも陣営は秋頃のデビューを予定しており、一族の中では早めの使い出しが可能かもしれない。馬体重は春の取材時点で458kg。

血統背景

キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector Raise a Native
Raise You
Miesque Nureyev
Pasadoble
マンフィス ラストタイクーン トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird Blakeney
The Dancer
ラストグルーヴ ディープインパクト サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere
エアグルーヴ トニービン カンパラ
Severn Bridge
ダイナカール ノーザンテースト
シャダイフェザー


兄弟馬

初仔

近親馬

アドマイヤグルーヴ

アドマイヤグルーヴ

牝馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:エアグルーヴ
母父:トニービン
所属:橋田満厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤利一

通算成績:21戦8勝(8-1-3-9)
主な勝鞍:エリザベス女王杯など
via google imghp
ルーラーシップ

ルーラーシップ

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:エアグルーヴ
母父:トニービン
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:20戦8勝(8-2-4-6)
主な勝鞍:クイーンエリザベスカップなど
via google imghp
ドゥラメンテ

ドゥラメンテ

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:アドマイヤグルーヴ
母父:サンデーサイレンス
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:9戦5勝(5-4-0-0)
主な勝鞍:皐月賞、ダービーなど
via google imghp

血統評価:1.0pt

日本屈指の名門ファミリーの出身となるが、母は1戦1勝で未知数のまま現役を退いており母の全姉グルヴェイグ産駒は一定の結果を出しているので十分期待出来る血統背景だと考える。ドゥラメンテと血統構成も7/8同じなので注目である。

前評判

『今はまだ成長途上ですが、走らせると動き自体はバネのある良いフットワークを見せています。最初はヤンチャでしたが、だいぶ落ち着いて来て我慢できる様になりましたね。距離は中距離前後がベストという感じです』との事。母が1戦1勝のまま引退した事で能力の推し量りが難しいものの、ダイナカール一族の繁栄力が試される1頭と言える。

馬名の意味

ブドウ畑の名前

オーナーの閃きによる命名だろう。血統などとの関連性は全く無い。
24 件

関連する記事

ワグネリアンが皐月賞で1番人気を裏切る7着、次走に暗雲

ワグネリアンが皐月賞で1番人気を裏切る7着、次走に暗雲

皐月賞で期待されたワグネリアンが後方待機策から末脚不発の敗退、稍重馬場で自慢のキレ味が削がれてしまい全く見せ場なく終わってしまった。これまでのレースぶりが嘘かの様な競馬で、日本ダービーに向けて不安要素が高まる一方だ。
 10,047
キタノコマンドールが皐月賞で健闘の5着、ダービーへ望み繋ぐ

キタノコマンドールが皐月賞で健闘の5着、ダービーへ望み繋ぐ

注目が集まったキタノコマンドール。3番人気に支持されての5着となったが、キャリア3戦目でこの競馬なら立派のひと言だろう。馬体も+12kgとやや余裕残し、次走のダービーでは更に調子も上向く事から引き続き気になる1頭だ。
 5,995
アロハリリーが中1週で未勝利戦に出走、勝ってクラシックへ

アロハリリーが中1週で未勝利戦に出走、勝ってクラシックへ

新馬戦で惜しい2着敗退を喫したアロハリリー。クラシックに間に合わせる為には強行軍だが中1週での未勝利戦でどうしても勝つ必要がある。今後の事を考えても楽な競馬内容での勝ち上がりが理想だろう。鞍上は北村友一に乗り替わり。
 1,108
オールフォーラヴがゴール前で差し切りデビュー戦を勝利

オールフォーラヴがゴール前で差し切りデビュー戦を勝利

ハイレベルな新馬戦で格好を付けたオールフォーラヴ。アロハリリーが先に抜け出した所をゴール直前で測ったかの様に差し切って初戦を白星で飾った。母レディアルバローザが果たせなかったクラシック制覇へ最後の切符をギリギリ購入。
 206
イシュトヴァーンが阪神の新馬戦に登場、母は重賞2勝馬

イシュトヴァーンが阪神の新馬戦に登場、母は重賞2勝馬

ジェンティルドンナの全姉で重賞2勝のドナウブルー初仔イシュトヴァーンが遂に阪神の芝1800m戦でデビュー。父ルーラーシップに母父ディープインパクトの配合は菊花賞を勝ったキセキと同配合。初戦からその走りに注目が集まる。
 1,010

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部