2018年6月8日 更新

ランガディアが1000万下で仕切り直し、重賞まで行ける器

素質馬ランガディアが降級となる1000万下に登場。前走の湘南ステークスでも1番人気に支持されている様にいずれはオープンクラスで活躍する1頭だろう。同じく降級組のライバルを蹴散らして一気に重賞までステップアップしたい。

976

湘南Sは内々で苦しい競馬

2018年05月06日 湘南ステークス 芝1600m 東京競馬場

1着:レッドオルガ 牝4 (M.デムーロ)
2着:チャンピオンルパン 牡7 (横山和生)
3着:ハナレイムーン 牝4 (石橋脩)

レースタイム:1:33.9(良)
レース上がり3ハロン:33.3
勝ち馬上がり3ハロン:33.3
内から好スタートを切ったランガディア。隣枠のナリタエイトがハナに立った影響でその直後のインを追走となってしまった。レースは前半の3ハロンが何と36秒台と超スローペース。直線に入って暫く外へ出すのにモタツイている間に、番手で絶好の競馬を進めたレッドオルガが抜け出して解消。後手後手に回ったランガディアは精一杯の追い込みを見せるも4着に敗退している。とは言え、ある程度クラスのメドは立った1戦だろう。オールザゴーやソーグリッタリング、ミュージアムヒルなど強敵は揃ったがここは勝ち上がりたい。

ランガディア

ランガディア(マリーシャンタル2014)

ランガディア(マリーシャンタル2014)

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:マリーシャンタル
母父:サンデーサイレンス
所属:木村哲也厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:吉田勝己

通算成績:5戦3勝(3-0-0-2)
主な戦績:4歳上1000万下など
via google imghp
馬体自体に品があり、全体的な肉付きはキングカメハメハ産駒特有のものか。血統がダイナカール一族の繁栄ファミリーであり成長力の伸びシロもまだまだある事からかなりの大物になるかも知れない。8月7日のデビュー戦では鮮烈な差し切り勝ちを収め、幸先の良いスタートダッシュを決めている。当時の馬体重が468kgと平均値。よくを言えばもう少し馬格が欲しい。

血統背景

キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector Raise a Native
Raise You
Miesque Nureyev
Pasadoble
マンファス ラストタイクーン トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird Blakeney
The Dancer
マリーシャンタル サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
cosmah
Wishing well Understandings
Mountain Flower
ダイナカール ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
シャダイフェザー ガーサント
パロクサイド


兄弟馬

ファントムライト

ファントムライト

牡馬

父馬:オペラハウス
母馬:マリーシャンタル
母父:サンデーサイレンス
所属:藤原英昭厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:31戦5勝(5-7-7-12)
主な戦績:常総ステークスなど
via google imghp

近親馬

エアグルーヴ

エアグルーヴ

牝馬

父馬:トニービン
母馬:ダイナカール
母父:ノーザンテースト
所属:伊藤雄二厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:ラッキーフィールド

通算成績:19戦9勝(9-5-3-2)
主な戦績:オークス、天皇賞秋など
via google imghp
アドマイヤグルーヴ

アドマイヤグルーヴ

牝馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:エアグルーヴ
母父:トニービン
所属:橋田満厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤利一

通算成績:21戦8勝(8-1-3-9)
主な戦績:エリザベス女王杯など
via google imghp
ドゥラメンテ

ドゥラメンテ

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:アドマイヤグルーヴ
母父:サンデーサイレンス
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:9戦5勝(5-4-0-0)
主な戦績:皐月賞、ダービーなど
via google imghp

血統評価:2.9pt

ご存知日本至宝のファミリーであるダイナカール×SSの母。全兄弟が中央で未出走で終わっているのでキンカメ産駒としては初。いわいる超良血である。デビュー馬は全部勝ち上がっておりやはり血統力が高い。ただまだ強い馬がいないので当馬が出世頭になる可能性はある。

前評判

牧場内でも育成は非常に順調そのもので、『6月には一度入級させたい』という程に早期デビューが検討されていた。それだけ、素直な性格で従順なのだろう。大きい所を狙うにあたって必要な要素を持っているのはさすがの血統馬という所か。新馬戦で見せた、狭い所を割って出る勝負根性と一瞬の脚で他馬を抜き去ったキレを更に磨けばビッグタイトルも夢ではなさそうだ。

馬名の由来

ギリシャの観光名所

こういうギリシャ神話の登場人物や土地名などは無条件で格好良く聞こえてしまう。単なる好みの問題でもあると思うが、まさに重賞ウィナーにふさわしいネーミングでどんどん大きい所を狙って欲しいものだ。
21 件

関連する記事

シロニイがリボン賞で4勝目なるか、降級で楽勝ムード漂う

シロニイがリボン賞で4勝目なるか、降級で楽勝ムード漂う

白毛馬シロニイが降級初戦のリボン賞で勝利を積み重ねるか。前走の東大路ステークスでは中団追走から追い込むも勝ち馬に届かず3着の内容だった。今回、リボン賞のメンバーには他に降級馬がおらずほぼタダもらいの1戦となるだろう。
 2,030
チェッキーノが米子Sで7着、+38kgも直線は伸び脚目立つ

チェッキーノが米子Sで7着、+38kgも直線は伸び脚目立つ

米子ステークスで2年ぶりの実戦復帰となったチェッキーノは馬体重が38kg増で出走。しかし、レースは最後の直線内から伸びて来て7着とブランクを考えれば上々の競馬だったのではないだろうか。負けたとは言え次に繋がる1戦だ。
 120
ダイワキャグニーがエプソムCで14着大敗、重馬場に泣き失速

ダイワキャグニーがエプソムCで14着大敗、重馬場に泣き失速

エプソムカップで1番人気に支持されたダイワキャグニーだったが、馬場の悪化に対応出来ずよもやの敗退。道中から行きっぷりが悪く、脚元を気にした走りで全く力を出し切れずに終わってしまった。次走以降、良馬場で見直したい。
 1,582
エアウィンザーがむらさき賞に出走、降級戦で勝利濃厚か

エアウィンザーがむらさき賞に出走、降級戦で勝利濃厚か

エアウィンザーが寿ステークス以来となる休養明けの1戦、むらさき賞に臨む。前走は負けたとは言え相手がトリオンフなのだから仕方がない。ここは降級となり格下レベルの馬相手に取りこぼす様な事は無いだろう。勝って元のクラスへ。
 6,639
トゥザクラウンが葉山特別で3勝目を狙う、末脚はピカイチ

トゥザクラウンが葉山特別で3勝目を狙う、末脚はピカイチ

安定して終いの脚を使える様になって来たトゥザクラウン。近頃は以前よりも前のポジションに付けて競馬が出来る様になり、それが成績にも繋がっているのだろう。今回は初の東京コース、思う存分に決め手を発揮して3勝目を期待。
 5,372

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部