2017年10月27日 更新

ラッキーライラックがアルテミスSで衝撃の走りを再び??

新馬戦を圧勝したラッキーライラックがしっかりと間隔を開けてアルテミスステークスに参戦する。オルフェーヴル産駒として父に重賞2勝目をプレゼントする可能性が高く、デビュー同様に競馬ファンの度肝を抜く様な走りを期待したい。

1,708

狙いすましたローテーション

古馬に楽々と先着するラッキーライラック(左)

古馬に楽々と先着するラッキーライラック(左)

via google imghp
8月の新馬戦以降、目標を明らかにアルテミスステークスと定めて調整。稽古もしっかりと重ねる事が出来、馬自身の体質も強化されている事だろう。動きも日に日に良くなり、オープンクラスの古馬相手に悠々と先着するなど能力はお墨付きだ。新馬戦の圧勝も納得のひと言で、正直ここも楽に勝ち上がって欲しい。それくらいに夢を見させてくれそうなポテンシャルの持ち主で、オルフェーヴルの代表産駒に成り得る器だ。ロックディスタウンに続き、産駒の重賞2勝目は牝馬から誕生の予感。

石橋脩騎手『他馬と脚がまるで違う』

2017年08月20日 2歳新馬 芝1600m 新潟競馬場

1着:ラッキーライラック 牝2 (石橋脩)
2着:ラヴァクール 牝2 (北村宏司)
3着:デルニエリアルテ 牝2 (戸崎圭太)

レースタイム:1:36.4(良)
レース上がり3ハロン:33.4
勝ち馬上がり3ハロン:33.1
スタートも決め先行集団に取り付けたラッキーライラック。スムーズに折り合いも付き大きな不利もなく直線コースへ。タイミング良く外へ出すと馬なりのまま一気に先頭へ躍り出る。更に外からラヴァクールが迫ると本格的に追われ、再度突き放す圧巻の内容で完勝。最後は石橋脩騎手も後ろを振り返る余裕さえあった程だ。騎乗後には『まるで脚が違ったね、強かった』とベタ褒めしている。今後のローテーションが大いに気になる1頭だろう。

ラッキーライラック

ラッキーライラック(ライラックスアンドレース2015)

ラッキーライラック(ライラックスアンドレース2015)

牝馬

父馬:オルフェーヴル
母馬:ライラックスアンドレース
母父:Flower Alley
所属:松永幹夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
牝馬らしいシャープで繊細そうな馬体。キレはかなりのモノを秘めていそう。姉ラルク(ディープインパクト産駒)は2014年セレクトセールで牝馬の最高額を叩き出した程。母もアメリカのGⅠ馬で近親にはミッキーアイルやアエロリットなどがおり、母父フラワーアレイの兄弟にも日本で活躍したトーセンラーやスピルバーグがいる一族。どう考えても日本の競馬とは相性が良く本馬への期待度が高くなるのも十分に頷ける。馬体重は不明。

血統背景

オルフェーヴル ステイゴールド サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ゴールデンサッシュ ディクタス
ダイナサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン メジロティターン
メジロオーロラ
エレクトロアート ノーザンテースト
グランマスティーヴンス
ライラックスアンドレース Flower Alley Distorted Humor フォーティナイナー
Danzig's Beauty
プリンセスオリビア Lycius
Dance Image
Refinement Seattle Slew Bold Reasoning
My Charmer
ステラマドリッド Alydar
My Juliet


兄弟馬

ラルク

ラルク

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ライラックスアンドレース
母父:Flower Alley
所属:松永幹夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キーファーズ

通算成績:11戦2勝 (2-0-0-9)
主な戦績:4歳上500万下など
via google imghp

近親馬

ミッキーアイル

ミッキーアイル

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:スターアイル
母父:ロックオブジブラルタル
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:野田みづき

通算成績:20戦8勝(8-4-1-7)
主な戦績:NHKマイルカップ、マイルチャンピオンシップなど
via google imghp
アエロリット

アエロリット

牝馬

父馬:クロフネ
母馬:アステリックス
母父:ネオユニヴァース
所属:菊沢隆徳厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:7戦3勝(3-3-0-1)
主な戦績:NHKマイルカップ、クイーンステークスなど
via google imghp

血統評価:1.0pt

兄弟実績はまだないが、ファミリーとしてはステラマドリッド一族でG1馬も複数だしているし母もG1馬なので期待は出来る血統背景だが今のところ繁殖実績としては評価出来る内容がない。

前評判

レース前の評価としては、『全体的に体も芯があってしっかりしているんだけど、性格の面で少し怖がりな部分がある。ラルクもそうだった様に、その点が走りにどう影響するかだね』とのコメント。時としてその気性面が吉と出るか凶と出るかは実際に走らせてみないと分からない。だが、潜在能力は確実に高いモノがある筈だ。

馬名の意味

五弁のライラックの花(幸運のシンボル)

母名より連想してのネーミング。クラブ、ひいては出資者に幸運をもたらしてくれるのだろうか。少なくとも姉ラルクの二の舞いは踏まないで欲しいところだ。
23 件

関連する記事

ウィキッドアイズが東京の新馬戦でデビュー、兄に重賞馬

ウィキッドアイズが東京の新馬戦でデビュー、兄に重賞馬

半兄にホープフルSを制したハートレーがいるウィキッドアイズが初戦を迎える。先に重賞を制しているロックディスタウンとラッキーライラックに続いてオルフェ3頭目となる牝馬の有力候補へ名乗りを上げたい。鞍上はシュミノー騎手。
 1,004
マルケッサが東京マイルの新馬戦に登場、兄はあのGⅠ2勝馬

マルケッサが東京マイルの新馬戦に登場、兄はあのGⅠ2勝馬

サトノダイヤモンドを半兄に持つマルケッサが遂に初戦を迎える。父をオルフェーヴルに変え新たな伝説の幕開けとなるか。有力馬が続々とデビューする池江泰寿厩舎の中でも特に期待度の大きい1頭と言える。鞍上はルメール騎手が騎乗。
 1,667
レーヴドリーブが東京牝馬限定の新馬戦で初陣、一族の期待馬

レーヴドリーブが東京牝馬限定の新馬戦で初陣、一族の期待馬

名繁殖牝馬レーヴドスカーの産駒で父にオルフェーヴルを持つレーヴドリーブがデビュー。兄弟は全頭が勝ち上がるという驚異的なファミリーで重賞馬も多数輩出。いわゆるレーヴ一族の最高傑作と成り得る素材がこのレーヴドリーブだ。
 1,375
サインが土曜の阪神芝1800mに登場、半兄に重賞4勝馬

サインが土曜の阪神芝1800mに登場、半兄に重賞4勝馬

中長距離路線で活躍したヒットザターゲットを兄に持つサインが初陣。父がオルフェーヴルに変わり馬自身のキャラクターは違うものの、大物を食うという点は似ている可能性が高い。新馬戦でいきなり本命候補を撃破して勝ち上がれるか。
 448
デルニエオールが新馬戦を完勝、関係者もホッとひと安心

デルニエオールが新馬戦を完勝、関係者もホッとひと安心

オルフェーヴルの妹で、母オリエンタルアート最後の産駒デルニエオールが待望デビュー。日本を代表する血統の貴重な1頭、管理するスタッフもいつも以上に緊迫感があった事だろう。先ずは白星スタート、今後の動向に注目したい。
 2,890

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部