2017年7月27日 更新

メジェールスーが札幌芝1500mで初陣、大物感たっぷり

札幌新馬では日曜日のレイエンダに注目が集まっているが、土曜5Rに出走予定のメジェールスーも評判が高い。母はあのエイジアンウインズ、父にロードカナロアと牡牝の短距離スペシャリストが産んだスピードの結晶をとくとご覧あれ。

536

近代競馬のスピードを象徴する1頭

母はあのウオッカを破ったエイジアンウインズ

母はあのウオッカを破ったエイジアンウインズ

via google imghp
2008年のヴィクトリアマイルで当時の現役最強馬ウオッカに土を付けたエイジアンウインズ。これまで4頭の産駒での繁殖実績は全く奮わないが、今回配合されたのはあのロードカナロア。時代は違えど、2000年代の短距離界を席巻した2頭による産駒がスピード不足な訳が無い。調教ではまだしっかりと強く追っていない様だが、ピッチ走法で小気味良い走りを披露している。小回りコースにも合っており、いきなり素質の高さを見せつけ圧勝するシーンもあり得るだろう。

メジェールスー

メジェールスー(エイジアンウインズ2015)

メジェールスー(エイジアンウインズ2015)

牝馬

父馬:ロードカナロア
母馬:エイジアンウインズ
母父:フジキセキ
所属:藤原英昭厩舎(栗東)
生産:藤原牧場
馬主:太田珠々子
via google imghp
確たる資料画像がなく馬体批評はレース後に追って。両親は共に400kg台後半の大柄な馬だった事からも、小柄では無い可能性が高い。加えて、元を辿れば“キングカメハメハ×サンデーサイレンス”の相性が良い配合だけに駄馬が出る事は無いだろう。思えばこれまで、何故かコンデュイットやワークフォース、エンパイアメーカーと『?』が付く様な種牡馬を付けられて来ただけに、母の名誉の為にも巻き返すならこの1頭になるに違いない。

血統背景

ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
レディブラッサム Storm Cat Storm Bird
Terlingua
サラトガデュー Cormorant
Super Luna
エイジアンウインズ フジキセキ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
アイリッシュダンス トニービン
ビューバーダンス
サクラサクⅡ デインヒル Danzig
Razyana
サクラフブキ フォーティナイナー
Bound


兄弟馬

特になし

近親馬

エバーブロッサム

エバーブロッサム

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:サクラサクⅡ
母父:フジキセキ
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:宇田豊

通算成績:12戦1勝 (1-3-0-8)
主な戦績:オークス2着など
via google imghp

血統評価:1.0pt

サクラサク一族は、複数牝馬で重賞級をだしておりその中で一番実績のある母の産駒だが兄弟は中央で1勝もしていないので血統背景としては、強調材料はない。

前評判

『お母さんに似てスピード感は抜群。強めの負荷をかけても走りがブレないし、他の馬と並ばせたら闘争心むき出しですね。それに牝馬でも肝が座っていて、初めての場所でも凄く大人しいんですよ。ある意味で大物感たっぷりですよ。ここまで凄く順調に来れましたし、レースではどんな走りをするか楽しみにしています』との事。エイジアンウインズから初めて期待値の高い1頭が誕生の予感だ。

馬名の意味

じゃじゃ馬(フランス語)+人名

“じゃじゃ馬スーちゃん”を他国語でアレンジした結果のネーミング。元ネタはともかく、名前の響きはかなり良い感じ。得てしてこういう馬から大物が出るというものだ。太田氏のネーミングも昔から相当ハイセンス。

編集部の評価

母と父の組み合わせはよさそうだが、兄弟実績がなさすぎるのでここは迷わずパス。(大川)
エイジアンウインズにロードカナロアをかけて走らなければ、もうお母さん自体は繁殖牝馬として用無しだろう。今回の産駒がある種の最後通告とも言える1頭な訳だ。但し、前述にもあるが何故かこれまでの種牡馬は不可解な馬ばかりだったので(1頭キングカメハメハ産駒はいるが)、個人的にはメジェールスーに大暴れをしてもらいたいもの。マイルまでならかなりやれてもおかしくない。(田中)
22 件

関連する記事

ステルヴィオがコスモス賞を完勝、好センスで無傷の2連勝

ステルヴィオがコスモス賞を完勝、好センスで無傷の2連勝

ロードカナロア産駒の素質馬ステルヴィオが、札幌のオープン特別コスモス賞を危なげない走りで完勝し連勝。2~3着馬が地方勢の中、1頭だけ中央の意地を見せつけた。圧倒的1番人気の支持に応える内容でいよいよ重賞に王手か。
 860
ハウナニ(ユキチャン2015)のPOG情報

ハウナニ(ユキチャン2015)のPOG情報

ハウナニをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 324
アーモンドアイが新馬戦を鋭い伸びで2着激走、次走は更に期待

アーモンドアイが新馬戦を鋭い伸びで2着激走、次走は更に期待

GⅠ馬フサイチパンドラの娘、アーモンドアイが新馬戦で後方から驚異的な末脚を披露。先に抜け出したニシノウララはとらえ切れなかったが、3着以下を一瞬で4馬身以上突き放した脚は見ものだった。これはさすがに次は確勝級だろう。
 561
トゥザフロンティアが新馬戦を追わずに完勝、距離も問題無し

トゥザフロンティアが新馬戦を追わずに完勝、距離も問題無し

大注目のトゥザフロンティアが中京新馬戦で鮮烈デビューを飾った。直線では口向きの悪さからホワイト騎手がまともに追えない中、先に抜け出したアップファーレンを脚力だけで軽くかわす内容で勝利。トゥザ一族から怪物の誕生か??
 1,849
トロワゼトワルがデビュー戦を快勝、安田隆厩舎のカナロア産駒

トロワゼトワルがデビュー戦を快勝、安田隆厩舎のカナロア産駒

日曜日の中京5Rで行われた新馬戦は、3頭による激戦の末、ロードカナロア産駒で2番人気のトロワゼトワルが競り勝った。管理するのは父も担当した名門の安田隆行厩舎で、その安田調教師も感慨深い勝利となったのではないだろうか。
 270

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部