2018年2月16日 更新

ムーヴザワールドが遂に覚醒?琵琶湖特別で豪脚炸裂の圧勝

期待されていたムーヴザワールドがいよいよエンジン全開。1000万下の琵琶湖特別で最後方追走から最後の直線で目の覚める様な末脚を披露し完璧な内容で連勝を飾った。福永騎手も『これは走るね』とレース後に同馬を賞賛していた。

2,827

稍重馬場も何のその、豪快V

2018年2月10日 琵琶湖特別  芝2400m 京都競馬場

1着:ムーヴザワールド 牡4 (福永祐一)
2着:サトノリュウガ 牡4 (R.ムーア)
3着:ショパン 牡5 (R.デムーロ)

レースタイム:2:30.1(稍重)
レース上がり3ハロン:37.3
勝ち馬上がり3ハロン:36.3
スタートから無理に前へは進もうとせず、予め後方待機策を考えていての競馬。ムーヴザワールドも気持ち良く馬群の後ろを追走し4コーナーへ。まだ前とはだいぶ差があったものの、徐々に外目を進出すると直線では思い切って馬場の良い大外へ。そこから猛烈な勢いで伸びだすと、あっという間に前の集団をかわし単独先頭に立つムーヴザワールド。そのまま更に2着サトノリュウガに1馬身以上の差を付ける完勝の内容で遂に本格化の兆しを見せ始めた。今後は長距離路線で注目の1頭だ。

ムーヴザワールド

ムーヴザワールド(リッスン2014)

ムーヴザワールド(リッスン2014)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:リッスン
母父:Sadler's Wells
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:7戦3勝(3-0-2-2)
主な戦績:琵琶湖特別など
via google imghp
現時点での馬体重が既に532kgと、古馬顔負けの雄大な馬格を誇る。明らかに牧場内でも他の馬とオーラが違い、ひと目でこの馬と認識出来るほどに独特の雰囲気を漂わせているそうだ。走る馬に備わるそれをデビュー前から持ち合わせており、関係者内からもクラシック戦線に乗る事は間違いないと見られている。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
リッスン Sadler's Wells Northern Dancer Nearctic
Natalma
Fairy Bridge Bold Reason
Special
Brigid Irish River Riverman
Irish Star
Luv Luvin' Raise a Native
Ringing Bells


兄弟馬

タッチングスピーチ

タッチングスピーチ

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:リッスン
母父:Sadler's Wells
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:18戦3勝(3-1-2-12)
主な戦績:ローズステークスなど
via google imghp

近親馬

Henrythenavigator
ドルフィンストリート

血統評価:2.3pt

全姉タッチングスピーチはご存知の通り。母リッスンの全姉SequoyahはGⅠ馬で娘Queen Cleopatraと息子HenrythenavigatorもGⅠ馬。十分繁栄ファミリーと言える。特にHenrythenavigatorは、名馬なだけに血統背景は申し分ない。しいてマイナスポイントをあげるのであれば上が2頭しかいないので母の安定感は本馬で試される点くらいだろう。

前評判

関係者曰く、「ストライドが大きく、且つ軽やかな動きを見せています。見惚れる程に良い馬体ですし、秘めた能力はかなりのものがありそう。性格も素直で折り合い面の心配も全く要りません。必ずクラシックに乗せたい一頭ですね」と褒めの言葉しか見当たらない。それだけ期待されている証拠だろう。姉同様、本馬もキレタイプの馬と見ており、母父のズブさを父のディープインパクトが上手く補っている配合だ。

馬名の意味

世界を動かす

そっくりそのままの意味。日本のみならず、世界の競馬でも注目される様な強い馬になって欲しいという想いから命名されたのだろう。ヨーロッパに行けば逆に母父の血が覚醒する可能性もあるので、個人的にはこの血統はどんどん海外に行くべきだと思う。その前に日本のクラシックを総ナメしてもらいたい。
19 件

関連する記事

リンフォルツァンドが京都芝2000mの新馬戦でデビュー

リンフォルツァンドが京都芝2000mの新馬戦でデビュー

角居厩舎からまたしても大物候補が初陣に臨む。ローズステークスを制したタッチングスピーチの全妹リンフォルツァンドが満を持して登場だ。血統的に遅咲きの一族だけに春のクラシックに間に合うかはこの初戦次第。鞍上は浜中俊騎手。
 788
ハナレイムーンが1000万下を快勝、連勝でOP入り目指す

ハナレイムーンが1000万下を快勝、連勝でOP入り目指す

ノースフライトを祖母に持つハナレイムーンが条件戦の1000万下を余裕のレース運びで連勝。内容からも次走の1600万下で十分通用するものであり、このまま一気にオープン入りを果たしたい。来年の牝馬短距離路線に殴り込みだ。
 2,074
アドマイヤミヤビが左前浅屈腱炎で引退…ローズS前に無念

アドマイヤミヤビが左前浅屈腱炎で引退…ローズS前に無念

今年のクイーンカップ勝ち馬で、オークスでも3着に入るなどクラシック戦線で活躍したアドマイヤミヤビが屈腱炎により登録を抹消。今週末のローズステークス直前で故障が発生し急遽回避、そこから引退まで一気に駆け下りてしまった。
 1,399
キラーコンテンツが満を持して登場!!シルクの最高額募集馬

キラーコンテンツが満を持して登場!!シルクの最高額募集馬

昨年のシルクレーシング最高額1億円で募集されたキラーコンテンツ。一度はデビューが決まったもののソエで見送りとなり遂に春のクラシックは棒に振ってしまった。しかし、まだまだ巻き返しはきく筈だ。鞍上は福永祐一騎手。
 2,672
コンテスティッド2014(馬名:サトノルーラー)を指名する!?

コンテスティッド2014(馬名:サトノルーラー)を指名する!?

「コンテスティッド2014」をPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2016-2017のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 1,232

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部