2017年7月13日 更新

ダンス一族のムードメーカーがデビュー、福島ダート未勝利戦

姉にダンスファンタジア、近親にダンスパートナーとダンスインザダークがいる良血馬ムードメーカー。紆余曲折を経て3歳7月の始動となったが、いよいよその実力を試す時がやって来た。鞍上は菊沢一樹騎手で3kg減の恩恵を受ける。

906

馬体重は570kg以上の大型馬

遠近感の影響もあるが馬体は相当大きい

遠近感の影響もあるが馬体は相当大きい

via google imghp
入厩当時は500kg後半もあった様で、デビューまでの稽古でどこまで絞れるかだが…それでも物理的に考えて550kg前後あたりが限界だろう。エンパイアメーカー産駒という事もあって初戦にダートを選択して来たが、鞍上は新人の菊沢一樹騎手。これだけ大型馬の上、3kgも他馬より軽いというのは非常に強いアドバンテージとなる筈。初戦からいきなり素質馬が快勝するシーンを観てみたいものだ。出走は日曜福島6Rの3歳未勝利戦。

馬体診断

ムードメーカー(ダンスインザムード2014)

ムードメーカー(ダンスインザムード2014)

牡馬

父馬:エンパイアメーカー
母馬:ダンスインザムード
母父:サンデーサイレンス
所属:菊沢隆徳厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース
via google imghp
クビ差しから頭にかけての部分と体全体のバランスが悪い。馬体自体もメリハリのないラインで本格化はまだ先の馬か。いずれにせよ、これだと走りがモタツいた重いフットワークになりそうで全姉カイザーバルの様なキレ味は見れないのではないだろうか。どちらかと言えばパワータイプ。

血統背景

エンパイアメーカー Unbridled Fappiano Mr.Prospector
Killaloe
Gana Facil Le Fabuleux
Charedi
Toussaud El Gran Senor Northern Dancer
Sex Appeal
Image of Reality In Reality
Edee's Image
ダンスインザムード サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ダンシングキイ Nijinsky Northern Dancer
Flaming Page
Key Partner Key to the Mint
Native Partner


兄弟馬

ダンスファンタジア

ダンスファンタジア

牝馬

父馬:ファルブラヴ
母馬:ダンスインザムード
母父:サンデーサイレンス
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:29戦3勝(3-3-1-22)
主な戦績:フェアリーステークスなど
via google imghp
カイザーバル

カイザーバル

牝馬

父馬:エンパイアメーカー
母馬:ダンスインザムード
母父:サンデーサイレンス
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:12戦3勝 (3-2-2-5)
主な戦績:天神橋特別など
via google imghp

近親馬

ダンスパートナー

ダンスパートナー

牝馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:ダンシングキイ
母父:Nijinsky
所属:白井寿昭厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:吉田勝己

通算成績:25戦4勝(4-9-3-9)
主な戦績:オークス、エリザベス女王杯など
via google imghp
ダンスインザダーク

ダンスインザダーク

牡馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:ダンシングキイ
母父:Nijinsky
所属:橋口弘次郎厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:8戦5勝(5-2-1-0)
主な戦績:菊花賞など
via google imghp

血統評価:2.6pt

ずっとB級種牡馬しかあてられてない割にはOP格の兄弟が多くさすがの母、ファミリーといった印象。一度位A級種牡馬つけてみればいいのにという印象。配合的には母の全姉ダンスパートナーでフェデラリストだしているので相性は良い配合だろうが。

前評判

菊沢調教師も、『誰もが認める良血。1歳の時に初めて見たけど、その頃から大きかったし骨格からしてしっかりしている。性格も素直で大人しいし、今のところ何の不安もありませんね』と太鼓判を押している。ある意味で大物感がある様だが、そこは動けなかった時との表裏一体となる表現。

馬名の意味

その場の空気や雰囲気を好転させる力を持つ存在

正直、名前は論外。ムード繋がりで1番やってはいけないパターンの命名だろう。上がカイザーバルやフローレスダンサー、ダンスファンタジアなど格好いい馬名だらけなのに急に何故…。

編集部の評価

個人的に好きな血統なだけに応援した気持ちは山々なのだが、馬体に馬名、厩舎からして総合的な駄馬感が凄い。ここまで不安要素が多い中で仮にGⅠクラスの馬になろうものなら、筆者もPOGは引退せざるを得ない気持ちになる。こればかりはドスルー。(田中)
馬体重が560kg以上の大型馬のようなので、姉のとは真逆のタイプだろう。パワーが勝っているようなのでダート路線を歩みそう。選択肢には当然入らない。(小野寺)
ダンスインザムードにふさわしい種牡馬もっといるだろう!って感じか。残念だが種牡馬でパスである。馬名と馬体は好きですがPOG指定には全く至らない。(大川)
25 件

関連する記事

シャンデリアスピン(ダンスインザムード2015)のPOG情報

シャンデリアスピン(ダンスインザムード2015)のPOG情報

シャンデリアスピンをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 877
ダイワキャグニーが東京新聞杯で初重賞を狙う、府中は6戦4勝

ダイワキャグニーが東京新聞杯で初重賞を狙う、府中は6戦4勝

素質馬ダイワキャグニーが初タイトル獲得なるか。期待された前走の中山金杯ではまさかの後方追走を余儀なくされ不完全燃焼の内容で5着敗退と悔しい結果。得意の府中に戻って東京新聞杯でその先行力を活かし再び重賞制覇を目論む。
 1,506
トゥザクラウンが木津川特別で3勝目なるか、試練の1戦

トゥザクラウンが木津川特別で3勝目なるか、試練の1戦

前走のドンカスターカップでは昇級初戦として及第点の走りを見せたトゥザクラウン。展開のアヤで負けたレース内容だけに、今回の木津川特別はきっちり勝ち上がって1600万クラスへ順調に上がりたい所だろう。鞍上はM.デムーロ。
 5,194
ダンビュライトがAJCCに出走、念願の初タイトル獲得へ

ダンビュライトがAJCCに出走、念願の初タイトル獲得へ

前走のサンタクロースステークスで2勝目を上げたダンビュライト。昨年のクラシックでは3冠全てで上位争いをする走りを見せたが、肝心の重賞制覇は未だ無い。能力は足りているだけに後はタイミングとなるが、今回も強敵ぞろいだ。
 1,292
バルデスが初富士ステークスでオープン入りか、メンバー弱化

バルデスが初富士ステークスでオープン入りか、メンバー弱化

前走のウェルカムSで5着に敗れたバルデス。が、勝ち馬トーセンマタコイヤやショウナンマルシェ、プロディガルサンなど重賞で活躍するレベルの馬たち相手だっただけに善戦と言える。今回は強敵もいない1戦で確実に勝ちを拾いたい。
 2,259

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部