2017年11月2日 更新

ミルコメダが芝の新馬戦に登場、兄はあのダートの強豪馬

兄にダートGⅠ9勝の名馬、ヴァーミリアンを持つミルコメダが新馬戦に登場。初戦は芝での走りを拝見する事になるが、父エイシンフラッシュという血統からも適性は高いだろう。しかし、やはり何と言っても砂での活躍が待ち遠しい。

808

ヴァーミリアンという偉大な兄に続け

8歳まで走ってGⅠを9勝したヴァーミリアン

8歳まで走ってGⅠを9勝したヴァーミリアン

via google imghp
名牝スカーレットレディから期待の新馬ミルコメダが初陣を迎える。スカーレット一族と言えば、近親には名だたる重賞馬がズラリと並ぶ繁栄ファミリーだが、その中でも母の産駒は特にダートでの活躍に特化している。上記のヴァーミリアンの他、サカラートやキングスエンブレム、ソリタリーキングとまさに砂の古豪ばかり。その中でも父がエイシンフラッシュに変わったミルコメダが芝コースで一体どんな走りをするのか、非常に興味が湧く1戦となる。金曜日、京都7Rの2歳新馬をチェックしよう。

ミルコメダ

ミルコメダ(スカーレットレディ2015)

ミルコメダ(スカーレットレディ2015)

牡馬

父馬:エイシンフラッシュ
母馬:スカーレットレディ
母父:サンデーサイレンス
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング
via google imghp
エイシンフラッシュのDNAをしっかりと受け継ぐ様な馬体の見栄えの良さ。血統的にはバリバリのダート適性が出てもおかしくないが、画像の時点では明らかに芝で走りそうな雰囲気だ。とにかく筋肉の質感が柔らかく、如何にもキレが武器となるタイプの1頭だろう。馬体重は春の取材時点で456kg。

血統背景

エイシンフラッシュ キングズベスト Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
Allegretta Lombard
Anatevka
ムーンレディ プラティニ Surumu
Prairie Darling
Midnight Fever Sure Blade
Majoritat
スカーレットレディ サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
スカーレットローズ ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
スカーレットインク Crimson Satan
Consentida


兄弟馬

サカラート

サカラート

牡馬

父馬:アフリート
母馬:スカーレットレディ
母父:サンデーサイレンス
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:51戦9勝(9-6-9-27)
主な戦績:マーキュリーカップ、日本テレビ盃、ブリーダーズゴールドカップ、東海ステークスなど
via google imghp
ヴァーミリアン

ヴァーミリアン

牡馬

父馬:エルコンドルパサー
母馬:スカーレットレディ
母父:サンデーサイレンス
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:サンデーレーシング

通算成績:34戦15勝(15-5-1-13)
主な戦績:川崎記念、JBCクラシック、帝王賞、フェブラリーステークス、東京大賞典、ジャパンカップダートなど
via google imghp
キングスエンブレム

キングスエンブレム

牡馬

父馬:ウォーエンブレム
母馬:スカーレットレディ
母父:サンデーサイレンス
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:27戦6勝(6-3-3-15)
主な戦績:シリウスステークス、すみれステークスなど
via google imghp
ソリタリーキング

ソリタリーキング

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:スカーレットレディ
母父:サンデーサイレンス
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:44戦9勝(9-8-6-21)
主な戦績:マーキュリーカップ、日本テレビ盃、東海ステークスなど
via google imghp

近親馬

ダイワメジャー

ダイワメジャー

牡馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:スカーレットブーケ
母父:ノーザンテースト
所属:上原博之厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:大城敬三

通算成績:28戦9勝(9-4-5-10)
主な戦績:皐月賞、安田記念、マイルチャンピオンシップ、天皇賞秋など
via google imghp
ダイワスカーレット

ダイワスカーレット

牝馬

父馬:アグネスタキオン
母馬:スカーレットブーケ
母父:ノーザンテースト
所属:松田国英厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:大城敬三

通算成績:12戦8勝(8-4-0-0)
主な戦績:桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯、有馬記念など
via google imghp

血統評価:4.0pt

名門スカーレットインク一族でスカーレットブーケ→ダイワルージュと同じ血統構成で繁殖としては、こちらの方が結果を出したといえる。貴重な母父SS産駒になるが、別4種牡馬で重賞馬を出しているので優秀な母であるがダート血統になる傾向が強いのでPOG向きではないし直近の産駒が結果を出していないのも気になる。

前評判

『ゆっくりと馬に合わせながら進めていますが、さすがに乗り味は良いですね。兄弟も見てきましたが、その中でも現時点では1番良い動きをしていると思います。芝もダートも共に対応してくれる筈です』との事。デビューは秋の京都開催予定。

馬名の意味

40億年以内に発生すると予測される超巨大銀河の名前

スカーレットレディの仔には代々『赤・朱色』にちなんだ名前が付けられて来たが、今回は全く関係なく響きでネーミング。意味合いはともかく、ちょっと日本語名に聞こえて愛着が湧く名前だ。

編集部の評価

エイシンフラッシュはどちらかというとダートで結果出しそうな印象があるのでスカーレットレディとの相性は良さそうに考えるがそれでもダートであれば意味がないので当然気にはなるが迷わず見送る。(大川)
一族の繁栄力から考えれば少なくともクズ馬は出ないだろう。ただ、新種牡馬エイシンフラッシュの出来がどこまでかは全く予見出来ない為スルー。個人的には非常に馬体が好みでこれで走って来ても何ら不思議ではない。単純にエイシンフラッシュは成功して欲しい。(田中)
26 件

関連する記事

スカーレットレディ2014(馬名:スプレンダークラン)を指名する!?

スカーレットレディ2014(馬名:スプレンダークラン)を指名する!?

「スカーレットレディ2014」をPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2016-2017のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 876
エルディアマンテが叩き合いに競り負けるも次走は勝利濃厚か

エルディアマンテが叩き合いに競り負けるも次走は勝利濃厚か

期待の素質馬エルディアマンテが新馬戦で壮絶な叩き合いの末2着に敗退。しかし、3着以下には6馬身差を付けている事からも同世代では実力が上位なのは間違いない。次走、余程のアクシデントが無ければあっさりと勝ち上がるだろう。
 1,091
ジャンダルムがデイリー杯2歳ステークスを完勝、DNA覚醒

ジャンダルムがデイリー杯2歳ステークスを完勝、DNA覚醒

ジャンダルムがデイリー杯2歳ステークスで直線鋭く抜け出し、新馬からの連勝で重賞初制覇を決めた。走りが幼くまだまだこれからの馬だが、やはり名牝ビリーヴの血をしっかりと受け継いでいる。マイル前後の距離で活躍を期待したい。
 1,451
アーデルワイゼがファンタジーステークスで巻き返しを誓う

アーデルワイゼがファンタジーステークスで巻き返しを誓う

前走のもみじステークスは稍重馬場で能力を発揮出来ず惜敗。金曜日のファンタジーステークスは幸い晴れ模様で良馬場開催が濃厚だ。新馬戦で騎乗したルーキーの萩野極騎手に手綱を戻し、フレッシュなコンビで初重賞制覇を狙っている。
 529
アーモンドアイが未勝利戦を圧勝、持ったままで突き放しV

アーモンドアイが未勝利戦を圧勝、持ったままで突き放しV

新馬戦を鋭い伸びで2着入線していたアーモンドアイ。2戦目の未勝利戦では更にパフォーマンスを上げ、牝馬限定のレースを見事な走りで完勝した。直線でも必死に追う所無く、後続に3馬身以上引き離しての勝利には鳥肌が立った。
 1,284

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部