2017年7月10日 更新

ミッキーマインドが新馬戦を快勝、福永『馬っぷりが良い』

土曜中京の新馬戦で単勝1.7倍の支持を受けたミッキーマインドが、センス抜群の競馬で完勝しデビューとしては上々のスタートを決めた。騎乗した福永祐一騎手もレース後に『とにかく馬が良いですね』と今後の活躍に期待を寄せた。

820

着差以上の好内容で完勝

口取り式でもひと際目が行く好馬体

口取り式でもひと際目が行く好馬体

via google imghp

2017年07月08日 2歳新馬 芝1600m 中京競馬場 

1着:ミッキーマインド 牡2 (福永祐一)
2着:ロードマドリード 牡2 (M.デムーロ)
3着:オークヒルロッジ 牡2 (和田竜二)

レースタイム:1:37.6(良)
レース上がり3ハロン:34.9
勝ち馬上がり3ハロン:34.5
スタート良く先行集団にすんなりと取り付けたミッキーマインド。逃げるロードマドリードが楽な単騎でペースの主導権を握る展開の中、それに動じず自分の競馬に徹する内容だった。直線に入って完全にロードマドリードの逃げ切りパターンとなるも、そこをしっかりと捉えて最後は軽く流す形でのゴールイン。初戦から味のあるレース運びで勝利する辺りはさすが血統馬といったところか。着差以上に強い内容で、福永祐一騎手もレース後しきりに同馬を褒めるコメントが見られた。この後は一旦休養に入る予定。

坂路で4ハロン51秒7の好時計

調教では抜群の動きを見せているミッキーマインド

調教では抜群の動きを見せているミッキーマインド

via google imghp
昨年のJBCスプリント勝ち馬ダノンレジェンドを半兄に持つミッキーマインド。父がディープインパクトなって、一気に芝適性の高いキレのありそうな馬へ様変わり。レース前の追い切りでも坂路で抜群の動きで好時計を叩き出している。昨年の同時期に行われた新馬戦では、同厩のダンビュライトが圧勝して後のクラシック戦線でも活躍。縁起の良いレースでその先輩に続く事が出来るか。

ミッキーマインド

ミッキーマインド(マイグッドネス2015)

ミッキーマインド(マイグッドネス2015)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:マイグッドネス
母父:Storm Cat
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:三嶋牧場
馬主:野田みづき

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
確たる立ち姿の資料は無し。が、母から出た産駒のほとんどが短距離馬でディープインパクト産駒だからとは言え、やはり適性はマイル前後の馬に仕上がっているのだろう。音無調教師も『短めの所が合っていそう』とコメントしていた様に、今回のマイル戦デビューである程度の適性を測る算段なのだろう。“ディープインパクト×Storm Cat”の黄金配合が炸裂するか。馬体重は春の取材時点で450kg。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
マイグッドネス Storm Cat Storm Bird Northern Dancer
South Ocean
Terlingua Secretariat
Crimson Saint
Caressing Honour and Glory Relaunch
Fair to All
Lovin Touch Majestic Prince
Forest Princess


兄弟馬

ダノンレジェンド

ダノンレジェンド

牡馬

父馬:Macho Uno
母馬:マイグッドネス
母父:Storm Cat
所属:村山明厩舎(栗東)
生産:Colts Neck Stables LLC(米)
馬主:ダノックス

通算成績:30戦14勝 (14-4-3-9)
主な戦績:JBCスプリントなど
via google imghp
ダノングッド

ダノングッド

牡馬

父馬:Elusive Quality
母馬:マイグッドネス
母父:Storm Cat
所属:村山明厩舎(栗東)
生産:三嶋牧場
馬主:ダノックス

通算成績:21戦5勝 (5-3-0-13)
主な戦績:高瀬川ステークスなど
via google imghp

近親馬

特になし

血統評価:4.5pt

ダート血統の海外種牡馬で5勝馬を2頭、全兄弟2勝以上と安定感は抜群。ディープインパクト×ストームキャットの有効配合の牡馬なので十分期待できるが逆に良さがきえる可能性もあるかもしれない。

前評判

『調教は本当に良くこなせている。先週でもおろせたぐらい。少し臆病な面はあるけど追い切りでは好タイムでキビキビ動けているしね。母方はダート適性の高い血統だけど、全姉のミッキーグッドネスは芝でもやれた。稽古通りに走ってくれれば』とは音無調教師の談。期待の表れからかリップサービスが凄い。

馬名の意味

冠名+精神

気弱な面を知ってか知らずか、精神の名をネーミング。しかし、ミッキーの冠名には何を付けても程よく良い名前に聞こえて来る。
24 件

関連する記事

マウレアが赤松賞で好メンバー相手にV、桜花賞候補へ名乗り

マウレアが赤松賞で好メンバー相手にV、桜花賞候補へ名乗り

新馬戦に続き昇級初戦の赤松賞をマウレアが差し切り勝ち。直線馬群の狭い所を割って突き抜ける勝負根性を見せ、見事強敵達を蹴散らしての勝利で連勝を飾った。姉アユサンと姉妹制覇を目指すべく、春の仁川を目指して駒を進めて行く。
 316
ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

圧倒的人気のワグネリアンが、道中後方から4コーナーで進出。直線外に出すと抜群の反応で先頭に立ち、坂を駆け上がってからはターフビジョンを確認しながら追う余裕の競馬だった。これでクラシック最有力候補が確定、次は弥生賞だ。
 6,436
フランツが新馬戦を快勝、大外から楽に差し切り大物の片鱗

フランツが新馬戦を快勝、大外から楽に差し切り大物の片鱗

良血フランツがその血統に恥じない走りを見せ、新馬戦を衝撃的な勝利で飾った。道中は最後方追走、4コーナーで大外を膨らみながら安全なコースに進路を取ると最後は鞍上に軽く追われてサッとかわす調教の様な競馬。素質は一級品だ。
 1,179
レッドベルローズが豪脚一閃で強豪を差し切り、デビュー戦V

レッドベルローズが豪脚一閃で強豪を差し切り、デビュー戦V

ディープインパクト産駒の牝馬レッドベルローズが父譲りの末脚を武器に新馬戦を快勝。道中後方追走から直線大外を豪快に突き抜け、先に抜け出したエルディアマンテとの叩き合いを制して価値ある勝利を手にした。牝馬戦線の有力馬だ。
 847
レッドサクヤが赤松賞に登場、連勝でいざ2歳チャンピオンへ

レッドサクヤが赤松賞に登場、連勝でいざ2歳チャンピオンへ

新馬戦を完勝したレッドサクヤが東京500万下、赤松賞に出走。前走は不良馬場ながらしっかりとした脚取りで抜け出す内容、良馬場で更にパフォーマンスは上がると見てここを勝利すれば年末の阪神JFへ弾みが付く。鞍上は浜中騎手。
 187

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部