2017年12月14日 更新

マウレアが阪神JFで3着入線、桜花賞で姉超えを目指す

2連勝中だったマウレアが暮れの大一番で鋭い追い込みで3着に入った。ディープインパクト産駒で如何にも綺麗なフォームから繰り出される脚は本物だろう。上手く行けば来年の牝馬戦線で中心的な存在となっているかもしれない素材だ。

624

最後は目の引く様な末脚を披露

2017年12月10日 阪神ジュベナイルフィリーズ 芝1600m 阪神競馬場

1着:ラッキーライラック 牝2 (石橋脩)
2着:リリーノーブル 牝2 (川田将雅)
3着:マウレア 牝2 (戸崎圭太)

レースタイム:1:34.3(良)
レース上がり3ハロン:34.4
勝ち馬上がり3ハロン:33.7
中団やや後方を追走し、ラッキーライラックやロックディスタウンを見ながらの競馬となったマウレア。最後の直線ではやや窮屈なシーンもあったが、前を行く2頭に迫る末脚で際どい3着入線を果たした。折り合いにも苦労しないタイプで、姉が勝利した桜花賞は勿論、オークスまで十分に期待出来るだろう。現2歳世代のディープインパクト産駒の代表として引っ張って行って欲しい。

ディープインパクト産駒の関東馬

追いきりでは鋭い伸びを見せ絶好調のマウレア

追いきりでは鋭い伸びを見せ絶好調のマウレア

via google imghp
何より特筆すべきはディープインパクト産駒という点。阪神ジュベナイルフィリーズの舞台で最も輝く血統であり、同馬の場合は同レースで成績の良い関東所属という事も加えて強調しておきたい。レースセンスが高く末脚は確か、母父Storm Catで大舞台での底力を発揮出来る下地も揃っており本番に向けて不安材料の少ない1頭だろう。戸崎圭太騎手の活躍が乏しい今シーズンだが、密かに闘志を燃やして一発を狙っているに違いない。

着差以上に強い内容で2連勝

2017年11月19日 赤松賞(牝) 芝1600m 東京競馬場

1着:マウレア 牝2 (戸崎圭太)
2着:ミュージアムヒル 牝2 (北村宏)
3着:ナラトゥリス 牝2 (菱田裕二)

レースタイム:1:37.1(良)
レース上がり3ハロン:34.0
勝ち馬上がり3ハロン:33.5
スタートで行き脚がつかず後方の位置取りとなったマウレア。しかし、それが幸いしたか道中でインにポジション出来、直線までの距離を最短で進めた。そこからは追われると鋭く反応し馬群の中へ。一瞬狭くなるシーンもあったが、そこを怯まず突き抜け迫るミュージアムヒルなどの後続を振り切って勝利。進路などを考えると着差以上に楽な内容で連勝し、一躍桜花賞候補へと名乗りを上げた。

ノーステッキ、楽勝だった初戦

2017年10月14日 2歳新馬 芝1600m 東京競馬場

1着:マウレア 牝2 (戸崎圭太)
2着:ロンギングファロー 牡2 (M.デムーロ)
3着:コロンバスデイ 牝2 (田辺裕信)

レースタイム:1:37.3(稍重)
レース上がり3ハロン:34.5
勝ち馬上がり3ハロン:34.1
道中、先行集団のイン寄りを追走するマウレア。直線に向いて暫くは前が開かず往生するが、スペースを確保した瞬間に抜け出す反応が一瞬で素晴らしい。そこから逃げ粘るロンギングファローを楽にかわすと、最後まで鞭を使用せず着差以上に楽な勝ち方で初戦を白星で飾った。とは言え、タイム自体はかなり平凡な事からもペースが上がってどこまでパフォーマンスを維持出来るかに上のクラスでの活躍がかかっている。今回も少頭数ながらメンバーは揃った印象、赤松賞が試金石の1戦だ。

マウレア

マウレア(バイザキャット2015)

マウレア(バイザキャット2015)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:バイザキャット
母父:Storm Cat
所属:手塚貴久厩舎(美浦)
生産:下河辺牧場
馬主:落合幸弘

通算成績:3戦2勝(2-0-1-0)
主な戦績:阪神ジュベナイルフィリーズ3着など
via google imghp
個人馬主という事もありデビュー前の情報は少なかったが、新馬時のパドックでは非常にコンパクトだが均整の取れた好馬体だった。フットワークもしっかりとブレが無く、最後の直線でも狭い馬群をまっすぐ突き抜けた事からも完成度は非常に高い。距離は姉と同じくマイル前後がベストだろうが、牝馬の若駒は折合いさえ付けばある程度はこなせる。桜花賞~オークスまで活躍が見込める1頭。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
バイザキャット Storm Cat Storm Bird Northern Dancer
South Ocean
Terlingua Secretariat
Crimson Saint
Buy the Firm Affirmed Exclusive Native
Won't Tell You
By the Hand Intentionally
De Hostess


兄弟馬

アユサン

アユサン

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:バイザキャット
母父:Storm Cat
所属:手塚貴久厩舎(美浦)
生産:下河辺牧場
馬主:星野壽市

通算成績:8戦2勝(2-1-1-4)
主な戦績:桜花賞など
via google imghp

近親馬

特になし

血統評価:1.0pt

全姉にG1馬がおり、ディープインパクト×ストームキャットのニックス配合ではあるが、同配合の全馬が活躍しているわけでもないのと母の産駒のほぼ全馬が未勝利なので血統評価としては強調材料は少ない。

前評判

姉のアユサンも管理した手塚貴久調教師は、デビュー前のマウレアに対して『欲を言えばもう少し馬体に厚みが欲しいけど、体幹自体はかなりしっかりしている。動かすとお姉ちゃんに似た良いフットワークをするんだよ』と確かな手応えを噛み締めていた。近年のトレンドでもある黄金配合だけに、下手な産駒は出ないだろう。

馬名の意味

永遠の喜び(ハワイ語)

一見、金子真人オーナーの馬かと思う程。それだけハワイ語=氏のイメージが出来上がっているのだろうが、れっきとした落合幸弘氏所有馬だ。関係者が永遠の喜びを分かち合える様な素晴らしい活躍を期待してネーミング。
28 件

関連する記事

ミッキーマインドが新馬戦を快勝、福永『馬っぷりが良い』

ミッキーマインドが新馬戦を快勝、福永『馬っぷりが良い』

土曜中京の新馬戦で単勝1.7倍の支持を受けたミッキーマインドが、センス抜群の競馬で完勝しデビューとしては上々のスタートを決めた。騎乗した福永祐一騎手もレース後に『とにかく馬が良いですね』と今後の活躍に期待を寄せた。
 826
ダノンプレミアムが朝日杯FSで1番人気想定、怪物の可能性も

ダノンプレミアムが朝日杯FSで1番人気想定、怪物の可能性も

前走のサウジアラビアロイヤルカップがとにかく圧巻のひと言だった。番手から競馬を進めて直線鋭く伸び、2着以下を子供扱いする走りで楽々と連勝を飾った。この1戦で覚醒すればとんでもない大物が見事に誕生するかもしれない。
 1,462
イシュトヴァーンが阪神の新馬戦に登場、母は重賞2勝馬

イシュトヴァーンが阪神の新馬戦に登場、母は重賞2勝馬

ジェンティルドンナの全姉で重賞2勝のドナウブルー初仔イシュトヴァーンが遂に阪神の芝1800m戦でデビュー。父ルーラーシップに母父ディープインパクトの配合は菊花賞を勝ったキセキと同配合。初戦からその走りに注目が集まる。
 756
ロックディスタウンが阪神JF1番人気で9着に敗れる波乱

ロックディスタウンが阪神JF1番人気で9着に敗れる波乱

オルフェーヴル産駒で札幌2歳ステークスを制したロックディスタウンが、1番人気に支持された阪神ジュベナイルフィリーズで見せ場無く9着に入線。大外枠から積極的にレースを進めるも、休み明けなどが響いて無念の敗退となった。
 3,765
オブセッションがシクラメン賞を快勝、一気にダービー候補へ

オブセッションがシクラメン賞を快勝、一気にダービー候補へ

藤沢和雄厩舎が2年連続の栄光を手にするかもしれない。シクラメン賞でオブセッションが衝撃的な内容の勝利を飾り、一気に日本ダービーの有力候補へ浮上した。走破時計も古馬並だが、今後は一線級との戦いの中でより真価が問われる。
 4,316

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部