2018年6月5日 更新

ペルシアンナイトが安田記念6着、直線で前が壁の不完全燃焼

2番人気に支持されたペルシアンナイトが安田記念で痛恨の不利、直線では幾度も前が塞がってしまい追い切れず6着に終わる。騎乗した川田将雅騎手も自分のミスを認め、『申し訳ありません』とレース後に謝罪のコメントをしていた。

1,407

最後の直線は不利の連続

2018年06月03日 安田記念 芝1600m 東京競馬場

1着:モズアスコット 牡4 (C.ルメール)
2着:アエロリット 牝4 (戸崎圭太)
3着:スワーヴリチャード 牡4 (M.デムーロ)

レースタイム:1:31.3(良)
レース上がり3ハロン:34.5
勝ち馬上がり3ハロン:33.3
やや出負けした感のペルシアンナイト。そこから押して先行集団に取り付けるも、思えばこの時点で後手後手の競馬に回ってしまっている。ロスを軽減するつもりで内に進路を取るもそれが致命傷となった。最後の直線、前が何度も詰まってしまい右往左往するペルシアンナイト。結局、ラスト200m程しかまともに追えず終いで力の50%も出せないままレースが終わってしまった。騎乗した川田将雅騎手もレース後に『申し訳ない騎乗をした、すみません』と自責のコメントを残している。

躍動感ある動きで存在感アピール

3頭併せで楽々と先着するペルシアンナイト

3頭併せで楽々と先着するペルシアンナイト

via google imghp
マイルの舞台では負けられない。昨年末のマイルチャンピオンシップでは最後方から直線だけで全頭ごぼう抜きという超絶のパフォーマンスを披露したペルシアンナイト。前走の大阪杯は2000m戦で相手に分があったものの、今回はスワーヴリチャードが初のマイル戦。4戦3勝を誇る得意の条件で巻き返しを狙いたい。川田騎手も先週の鬱憤を安田記念で晴らす腹づもりだろう。

池江調教師『今日は完敗ですね』

2018年04月01日 大阪杯 芝2000m 阪神競馬場

1着:スワーヴリチャード 牡4 (M.デムーロ)
2着:ペルシアンナイト 牡4 (福永祐一)
3着:アルアイン 牡4 (川田将雅)

レースタイム:1:58.2(良)
レース上がり3ハロン:34.1
勝ち馬上がり3ハロン:34.1
道中は馬群の中でジッと脚を溜める様に潜伏したペルシアンナイト。スワーヴリチャードが外目をグッと上がって行く時も自身は釣られずにそのまま位置取りをキープしての追走だった。4コーナーで一気にペースが上がるとスッと進出、上手く外目に出してからは弾かれる様にして伸び坂上からグンと加速。最後はアルアインをかわしスワーヴリチャードに迫る勢いだったが、惜しくも4分の3馬身届かず2着に敗れた。それでも管理する池江調教師は納得の表情で、『今日は相手が悪すぎましたね』とスワーヴリチャードへ称賛のコメントを与えていた。

福永『さすがの乗り味』

福永が跨がりアルアインと併せるペルシアンナイト(奥)

福永が跨がりアルアインと併せるペルシアンナイト(奥)

via google imghp
大阪杯に4頭出しの池江泰寿厩舎だから出来る豪華な追い切りだ。アルアインとペルシアンナイトの両GⅠ馬が騎手を背に併せ馬を敢行。共にひと叩きされて状態も上昇、前走時よりも確実に良くなっている事は一目瞭然だ。特にペルシアンナイトに初めて騎乗した福永騎手は『やっぱり乗り味が良いね。前走は後手に回った分の負けだし、今回は距離も合っていて期待しているよ』とのコメントを残している。ライバルは同僚という事になるが、それらを蹴散らし中距離GⅠの称号を是が非でも欲しい所だろう。ハービンジャー産駒の代表馬が大駆けなるか。

ペルシアンナイト

ペルシアンナイト(オリエントチャーム2014)

ペルシアンナイト(オリエントチャーム2014)

牡馬

父馬:ハービンジャー
母馬:オリエントチャーム
母父:サンデーサイレンス
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:追分ファーム
馬主:G1レーシング

通算成績:12戦4勝(4-3-1-4)
主な戦績:マイルチャンピオンシップなど
via google imghp
程よいバランスで肉付きも良く欠点らしい欠点が見つからない馬体。欲を言えばトモにもう少し力強さが欲しい所だが、レースをこなして行く内に徐々に大きくなって来るだろうから心配は無用か。何より、顔つきや佇まいに大物感がありドッシリと構えている印象で非常に好感が持てる。ハービンジャー産駒からいよいよ真打ちの登場か??

血統背景

ハービンジャー Dansill デインヒル Danzig
Razyana
Hasill Kahyasi
Kerali
Penang Pearl Bering Arctic Tern
Beaune
Guapa Shareef Dancer
Sauceboat
オリエントチャーム サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ニキーヤ Nureyev Northern Dancer
Special
Reluctant Guest Hostage
Vaguely Royal


兄弟馬

特になし

近親馬

ゴールドアリュール

ゴールドアリュール

牡馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:ニキーヤ
母父:Nureyev
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:追分ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:16戦8勝(8-1-1-6)
主な戦績:ジャパンダートダービー、ダービーグランプリ、東京大賞典、フェブラリーステークスなど
via google imghp
ゴールスキー

ゴールスキー

牡馬

父馬:ネオユニヴァース
母馬:ニキーヤ
母父:Nureyev
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:追分ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:43戦8勝(8-3-4-28)
主な戦績:根岸ステークスなど
via google imghp

血統評価:1.6pt

ニキーヤの一族だが、オリエントチャーム産駒つまり本馬の兄弟としては、条件馬どまりも安定して走るという傾向にあるが強調材料としては弱い。

前評判

G1レーシング代表の吉田正志氏曰く、『これは素晴らしいのひと言、大物感があります。オリエントチャームの産駒にしては気性の荒い所もありますが、これまでの兄弟と比べても動き方に歴然の差がありますね。フットワークが大きいのに瞬発力も感じさせる馬。状況次第では早めに動けると思います』との事。実際、小倉のデビュー戦では大物感タップリの強い勝ち方をした。今後の動向に期待したい。

馬名の意味

ペルシャの騎士

完全な響きのカッコ良さでネーミングか。個人的にもハマった名前だが、ここ最近のG1レーシングはセンスも感じられ非常に良い馬が多い。後は、その名の通りGⅠという大きな勲章を手に入れるだけ。
29 件

関連する記事

バルデスが初富士ステークスでオープン入りか、メンバー弱化

バルデスが初富士ステークスでオープン入りか、メンバー弱化

前走のウェルカムSで5着に敗れたバルデス。が、勝ち馬トーセンマタコイヤやショウナンマルシェ、プロディガルサンなど重賞で活躍するレベルの馬たち相手だっただけに善戦と言える。今回は強敵もいない1戦で確実に勝ちを拾いたい。
 2,278
ダンビュライトが宝塚記念で大駆け要注意、重馬場で浮上だ

ダンビュライトが宝塚記念で大駆け要注意、重馬場で浮上だ

重馬場になればダンビュライトの出番だろう。不良馬場だった新馬戦は勿論、父の適性をきっちり受け継ぎタフな競馬では特にピカイチの走りを見せる同馬。今回も週末の雨で如何にもな状態になりそうな予感、武豊騎手と共に輝きを増す。
 1,734
チェッキーノが米子Sで7着、+38kgも直線は伸び脚目立つ

チェッキーノが米子Sで7着、+38kgも直線は伸び脚目立つ

米子ステークスで2年ぶりの実戦復帰となったチェッキーノは馬体重が38kg増で出走。しかし、レースは最後の直線内から伸びて来て7着とブランクを考えれば上々の競馬だったのではないだろうか。負けたとは言え次に繋がる1戦だ。
 118
ダイワキャグニーがエプソムCで14着大敗、重馬場に泣き失速

ダイワキャグニーがエプソムCで14着大敗、重馬場に泣き失速

エプソムカップで1番人気に支持されたダイワキャグニーだったが、馬場の悪化に対応出来ずよもやの敗退。道中から行きっぷりが悪く、脚元を気にした走りで全く力を出し切れずに終わってしまった。次走以降、良馬場で見直したい。
 1,581
サンライズノヴァがアハルテケSを豪快な差し切りV、5勝目

サンライズノヴァがアハルテケSを豪快な差し切りV、5勝目

ダートの新星サンライズノヴァが惜敗続きに終止符。アハルテケステークスでは何時も通りの後方待機策から、直線大外に持ち出すと粘る先行集団を見事まとめてかわし圧巻のゴボウ抜きを決めた。昨年10月のグリーンCC以来5勝目。
 192

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部