2017年7月18日 更新

新馬戦でヘンリーバローズが僅差の2着、怪物の片鱗も

日曜に行われた中京の新馬戦では、ワグネリアンと激しい叩き合いの末ハナ差に敗れたヘンリーバローズ。しかし、3着馬には5馬身もの差をつけており自身の上がりも32秒8と驚異的なタイムだ。間違いなく能力は超一流クラスだろう。

8,590

豪快なフットワークはシルバーステートそっくり

2017年07月16日 2歳新馬 芝2000m 中京競馬場

1着:ワグネリアン 牡2 (福永祐一)
2着:ヘンリーバローズ 牡2 (川田将雅)
3着:スヴァルナ 牡2 (M.デムーロ)

レースタイム:2:04.7(良)
レース上がり3ハロン:32.8
勝ち馬上がり3ハロン:32.6
レースでは人気馬の宿命か、道中目標になるポジションで追走しつつ自ら仕掛けて流れを作る役目を果たしたヘンリーバローズ。結果、最後は徹底的にマークしていたワグネリアンに足元をすくわれた形だが、内容的には互角。むしろ、馬体面含めて今後の伸びシロを感じるのはヘンリーバローズの方だった。何より、直線で見せた大きなストライドは全兄シルバーステートと瓜二つの頼もしい走法だったのが良い兆候だろう。次走は間違いなく確勝級。

秘めたる素質は兄以上か!?

ヘンリーバローズについて角居勝彦調教師へのインタビュー動画

この動画を見れば関西No.1のトレーナー角居勝彦師が、来年のクラシックに向けてヘンリーバローズに大きな期待をかけているのが良く分かる。何しろ、あのシルバーステートの全弟で当歳時に1億以上もの高額取り引きされた馬。牧場関係者も『大物になるオーラが凄い』と褒めちぎっていた様に、もしかしたら兄以上の素材かもしれない。新馬戦からいきなり衝撃のパフォーマンスが見られるのだろうか。鞍上は川田将雅騎手。

馬体診断

ヘンリーバローズ(シルヴァースカヤ2015)

ヘンリーバローズ(シルヴァースカヤ2015)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:シルヴァースカヤ
母父:Silver Hawk
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:猪熊広次

通算成績:1戦0勝(0-1-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
どっしりとした雰囲気で重厚な馬体。厚みと柔らかさが混在した如何にも走りそうな雰囲気のある立ち姿だ。産地でもその好馬体が際立っており、さすがにこれで走って来ない方がおかしいだろう。兄のシルバーステートも見栄えのするタイプだったが、弟はそれをも勝るかもしれない。馬体重は春の取材時点で既に510kg。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
シルヴァースカヤ Silver Hawk Roberto Hail to Reason
Bramalea
Gris Vitesse Amerigo
Matchiche
Boubskaia Niniski Nijinsky
Virginia Hills
Frenetique Tyrant
Femina


兄弟馬

シルバーステート

シルバーステート

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:シルヴァースカヤ
母父:Silver Hawk
所属:藤原英昭厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:G1レーシング

通算成績:4戦3勝 (3-1-0-0)
主な戦績:オーストラリアトロフィーなど
via google imghp

近親馬

シックスセンス

シックスセンス

牡馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:デインスカヤ
母父:デインヒル
所属:長浜博之厩舎(栗東)
生産:追分ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:14戦2勝 (2-5-2-5)
主な戦績:京都記念など
via google imghp

血統評価:1.8pt

海外の兄に愛ダービー2着のセヴィルがおり、超素質馬シルバーステートにも注目があつまるその弟。母の姉もクラシッククラスを出しており比較的少数精鋭のファミリー、セヴィルの全妹で当馬の姉ヴィルジニアもなにげにチューリップ賞4着があり当たりハズレはイーブンと言えるかもしれない。十分魅力的な血統である。

前評判

『こっちに来た当初からそれは物凄い馬になるんじゃないかって位にオーラが出てましたね。調教でも遊びながら1ハロン15秒を軽々とこなしてます。トモの動きが半端ではないので、後ろ脚の踏ん張りが他の馬と全く違うんですよね。普通に走って来れば結果は間違いなく付いて来ると思いますよ。もちろんクラシック戦線に乗ってもらわければいけない馬』との事。これだけベタ褒めされていながら一切走らなければそれこそ嘘だろう。

馬名の意味

人名+冠名

バローズお得意の外国人名シリーズとでも言うべきか。正直、この手の名前は余りしっくり来ない。馬の評価に対して勿体無い印象だ。
22 件

関連する記事

シルバーステートが持ったままで垂水Sを快勝、レコードタイ

シルバーステートが持ったままで垂水Sを快勝、レコードタイ

注目された怪物シルバーステートが、格上挑戦の垂水ステークスをレコードタイの時計で勝利。直線軽く仕掛けられただけの内容でほぼ持ったまま。オープンからの降級馬など相手に連勝し、秋のタイトル獲得に向けて大きな1勝を挙げた。
 1,655
ワグネリアンが野路菊Sを快勝、重馬場で33秒台の鬼脚炸裂

ワグネリアンが野路菊Sを快勝、重馬場で33秒台の鬼脚炸裂

注目のワグネリアンが2戦目の野路菊ステークスでも想像を超える圧巻の走りで突き抜け2連勝。心配された重馬場も全く苦にせず、道中後方追走から直線の競馬だけであっさりと差し切って見せた。上がり3ハロンは33秒フラット。
 4,214
スターリーステージが新馬戦で3着入線、次走は確勝必至

スターリーステージが新馬戦で3着入線、次走は確勝必至

ミッキーアイルの下、スターリーステージがデビュー戦でジャンダルムの3着に敗退。レース内容はほぼ文句なく、前の牡馬2頭(ジャンダルム&ロードラナキラ)が強かっただけだろう。牝馬限定戦に戻れば間違いなく勝ち上がりは堅い。
 3,514
シルヴァンシャー、出遅れも何のその!!デビュー戦を鮮烈V

シルヴァンシャー、出遅れも何のその!!デビュー戦を鮮烈V

池江泰寿厩舎期待の新馬シルヴァンシャーが初戦を快勝。スタートで大きく出遅れたものの、道中で徐々に差を詰め直線でも脚色が衰える事なく前の集団をまとめて差し切って見せた。名牝アゼリからようやく大物候補が誕生の予感だ。
 3,286
カレンシリエージョが札幌2歳ステークスでリベンジを誓う

カレンシリエージョが札幌2歳ステークスでリベンジを誓う

未勝利戦で8馬身差の圧勝をして札幌2歳ステークスへ臨むカレンシリエージョ。新馬戦で負けたクリノクーニングとの一騎打ちが予想されるも、キャリアと叩いた上積みを武器に逆転を狙う。半姉アドマイヤリードよりも完成度は高い。
 1,547

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部