2017年10月19日 更新

ブレイニーランが土曜京都の新馬戦でデビュー、姉は2歳女王

2012年の阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったローブティサージュを半姉に持つブレイニーランがいよいよ初陣だ。父をディープインパクトに変え配合的にはシンハライトと同じ掛け合わせとなる期待値の大きい1頭。鞍上は川田騎手。

2,423

須貝氏も高評価、姉より上??

ローブティサージュも管理した須貝調教師曰く、『お姉ちゃんよりも気性が素直で体の使い方が上手い。使いつつ徐々に良くなって行くタイプかもしれないね』と控えめなコメントの中にも期待の表れが。それもその筈で、“ディープインパクト×シンハライト”と言えば、アダムスピークやシンハライトを輩出した鉄板の組み合わせだ。初戦で走らなかったとしても、間違いなく来年の春には有力馬の1頭として名を連ねているに違いない。初戦のパフォーマンスに要注目。

ブレイニーラン

ブレイニーラン(プチノワール2015)

ブレイニーラン(プチノワール2015)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:プチノワール
母父:シングスピール
所属:須貝尚介厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング
via google imghp
一言で表すとするならばただただ美しい。バランス、顔つき、立ち姿、筋肉量、質…どれをとっても文句のつけようがない。これで走らなければお手上げ状態というレベルの完成形だ。“ディープインパクト×シングスピール”の配合はシンハライトで相性が証明されているが、あくまでもあれはシンハリーズの繁殖力から来るもの。同馬の活躍がそれを確たるものにしてくれるだろう。馬体重は不明。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘア Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
プチノワール シングスピール In the Wings Sadler's Wells
ハイホーク
Glorious Song Halo
Ballade
リッチアフェアー Machiavellian Mr. Prospector
Coup de Folie
Much Too Risky Bustino
Short Rations


兄弟馬

ローブティサージュ

ローブティサージュ

牝馬

父馬:ウォーエンブレム
母馬:プチノワール
母父:シングスピール
所属:須貝尚介厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:20戦3勝 (3-2-2-13)
主な戦績:阪神ジュベナイルフィリーズなど
via google imghp

近親馬

アサクサデンエン

アサクサデンエン

牡馬

父馬:シングスピール
母馬:ホワイトウォーターアフェア
母父:Machiavellian
所属:河野通文厩舎(美浦)
生産:Fusao Sekiguchi
馬主:田原慶子

通算成績:31戦8勝 (8-4-5-14)
主な戦績:安田記念など
ヴィクトワールピサ

ヴィクトワールピサ

牡馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:ホワイトウォーターアフェア
母父:Machiavellian
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:市川義美

通算成績:15戦8勝 (8-1-2-4)
主な戦績:皐月賞、有馬記念、ドバイワールドカップなど
via google imghp

血統評価:1.3pt

ファミリーとしては、名繁殖牝馬ホワイトウォーターアフェアがいるものの枝としては、別枝なのでこちらは、GⅠ馬だしているものの他が結果出てなさすぎるので強調材料としては弱い。

前評判

『血統を抜きにしてもとにかく馬体が垢抜けて良い。マイルから動かして行くつもりだけど、ある程度距離はこなしてくれそう。姉に続いて頑張って欲しいね』とは管理予定の須貝調教師。厩舎に初の牝馬GⅠタイトルをもたらした縁起の良い血統と今度は牡馬クラシック戦線を狙いに行く。

馬名の意味

聡明な走り

誕生石アクアマリンの宝石言葉より連想。かなり遠い所から引っ張ったという印象だが、無難な命名か。走ってくればかっこよく聞こえて来そう。

編集部の評価

ローブティサージュは、父の繁殖力の結果と考えるので、となると他の産駒が走ってない以上、ディープインパクト産駒とはいえあまり期待はできない。迷わず見送るが少しは注目だろう。(大川)
見た目だけ言えば今世代でもトップクラスの馬体。あくまで個人的好みなのだが、ここからまだ成長するならとんでもない大物になる可能性も。ローブティサージュ以外、大した産駒が出ていない母だがこれまでアグネスタキオン、ステイゴールドしか付けられて来なかった。ディープインパクト産駒となっていよいよ真価が問われる形となるが一応の恰好は付けてくれると判断。指名の価値ありだ。(田中)
22 件

関連する記事

シンハラージャが3歳未勝利戦に登場、負けられない一戦

シンハラージャが3歳未勝利戦に登場、負けられない一戦

シンハライトの弟として今年のオルフェーヴル産駒では一番注目度が高かったシンハラ―ジャ。しかし新馬戦は4着と微妙な結果に終わり、クラシック戦線に向けてここは是が非でも勝っておきたいところ。鞍上は荻野極騎手。
 4,286
プリュスが未勝利戦を最速上がりの末脚で差し切って初勝利

プリュスが未勝利戦を最速上がりの末脚で差し切って初勝利

良血馬プリュスがその素材に違わぬ走りで未勝利戦を快勝。直線で馬場の真ん中から馬群を突き割る様に抜け出すと、最後は後続に2馬身半差を付ける内容で初白星を飾った。兄ジェニアルの分までプリュスがクラシックタイトルを目指す。
 4,594
藤沢和雄厩舎のレッドガーランドがデビュー、動きも文句なし

藤沢和雄厩舎のレッドガーランドがデビュー、動きも文句なし

土曜東京の新馬戦に、AJCC2着のスーパームーンを半兄に持つレッドガーランドが出走。藤沢和雄調教師も『かっこいい馬』と評価する期待の1頭だ。ディープインパクト×Sadler'sWellsという超良血の始動戦に要注目。
 624
アーモンドアイがオークスで異次元の圧勝、牝馬2冠を楽に達成

アーモンドアイがオークスで異次元の圧勝、牝馬2冠を楽に達成

オークスで圧倒的1番人気を背負ったアーモンドアイが、距離不安も何のそので桜花賞と同じ33秒2の脚を繰り出し快勝。いつもより前目で追走し楽々と抜け出す走りは、同世代にライバル不在をアピールするケタ違いのパフォーマンス。
 5,943
レッドサクヤがオークスの穴馬候補、福永騎手を背に波乱演出?

レッドサクヤがオークスの穴馬候補、福永騎手を背に波乱演出?

桜花賞では見せ場タップリの競馬で7着入線を果たしたレッドサクヤ。4着トーセンブレスからはタイム差無しの内容だけにオークスでも上位争いは可能だろう。全姉エバーブロッサムが2着した本番でオークス男を背に高配当を呼ぶ予感。
 709

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部