2017年8月24日 更新

ブライトパス(ルミナスポイント2015)のPOG情報

ブライトパスをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

519

馬体診断

ブライトパス(ルミナスポイント2015)

ブライトパス(ルミナスポイント2015)

牝馬

父馬:ロードカナロア
母馬:ルミナスポイント
母父:アグネスタキオン
所属:安田隆行厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング
via google imghp
大型の牡馬と見間違うドシッとした馬体に豊富な筋肉量。各関節に骨太さが見て取れ、如何にも丈夫そうな馬格の持ち主だ。父ロードカナロアの系譜から受け継ぐキングカメハメハの血が綺麗に反映されている。適正は間違いなくマイル以下の短距離であり、姉ジューヌエコールも函館スプリントステークスでレコード勝ちしている様に本馬もスピードが売りの1頭だろう。馬体重は不明。

血統背景

ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
レディブラッサム Storm Cat Storm Bird
Terlingua
サラトガデュー Cormorant
Super Luna
ルミナスポイント アグネスタキオン サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
アグネスフローラ ロイヤルスキー
アグネスレディー
ソニンク Machiavellian Mr. Prospector
Coup de Folie
Sonic Lady Nureyev
Stumped


兄弟馬

ジューヌエコール

ジューヌエコール

牝馬

父馬:クロフネ
母馬:ルミナスポイント
母父:アグネスタキオン
所属:安田隆行厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:7戦4勝(4-0-0-3)
主な戦績:函館スプリントステークス、デイリー杯2歳ステークスなど
via google imghp

近親馬

ロジユニヴァース

ロジユニヴァース

牡馬

父馬:ネオユニヴァース
母馬:アコースティクス
母父:Cape Cross
所属:萩原清厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:久米田正明

通算成績:10戦5勝(5-1-0-4)
主な戦績:日本ダービー、弥生賞、ラジオNIKKEI杯、札幌2歳ステークスなど
via google imghp

血統評価:2.3pt

ソニンク一族の日本実績はほぼ全ての枝で重賞馬を出しており小粒なものの十分な安定感を出している。母もジューヌエコールを出してそれなりの結果を出しているといえる。早熟色が強く、短距離で2歳から結果がだせるロードカナロアとの相性もいいだろう。

前評判

産駒の勝ち上がり率が高く、そもそも日本でも有数の繁栄ファミリーであるソニンク一族出身だけに高い確率で走って来るだろう。そこへ新種牡馬のロードカナロアを配合し、先ず間違いなく勝ち上がれないという事は考えれられない。無事にデビューまで漕ぎ着ければ自ずと結果は付いて来る。

馬名の意味

光の射す道

母名より連想。光輝く先に進む様な活躍をして欲しいと願って命名。サンデーレーシングのハイセンスなネーミング感際立つ馬名だ。

編集部の評価

牡馬ならデビュー時期次第では指名してもいい血統だとおもう。ただ今年の候補の多さと牝馬と馬名が微妙という事を考慮すると注目も個人的にはスルー。それなりにオススメの1頭だろう。(大川)
優秀な母系ソニンクファミリーの出は黙って指名して良いレベル。牝馬なので尚更、マイル以下の距離適性でも春のクラシックシーズンなら十分に楽しめるだろう。ロードカナロア産駒もやはりスピード感のある馬が多く、本馬はその中でも飛び抜けて活躍すると確信している。(田中)
19 件

関連する記事

ヴァイザーがデビュー戦をV、父は新種牡馬のノヴェリスト

ヴァイザーがデビュー戦をV、父は新種牡馬のノヴェリスト

日曜阪神5Rに行われた新馬戦は新種牡馬ノヴェリスト産駒ヴァイザーが勝利。先行策から直線で鋭く抜け出すと最後までしっかりと伸び、2着タガノスカイハイに半馬身差を付ける内容で完勝した。鞍上は北村友一騎手、高橋亮厩舎所属。
 625
カーサデルシエロがフローラSを登場、2戦目で初重賞挑戦

カーサデルシエロがフローラSを登場、2戦目で初重賞挑戦

デビュー戦を難無く勝ち上がって来た超良血カーサデルシエロ。不利がありながらも差し切る競馬で能力の一端を見せてくれたが、次のレースは格上挑戦のフローラSとなった。絶好調の藤原英昭厩舎から新たなヒロイン候補が誕生なるか。
 593
ロンドンシーズンが叩き2走目で前進、未勝利で初勝利を狙う

ロンドンシーズンが叩き2走目で前進、未勝利で初勝利を狙う

ロンドンシーズンが土曜京都の未勝利戦に出走、前走の1月に行われた新馬戦ではスタートからスピードを見せて逃げの競馬。しかし、後続に最後は捕まってしまい僅差の4着に敗れてしまった。上積み必至の今回は確実に粘り切るだろう。
 464
ステルヴィオが皐月賞で4着、後方待機が仇となり差し届かず

ステルヴィオが皐月賞で4着、後方待機が仇となり差し届かず

皐月賞で2番人気に支持されたステルヴィオ、外枠から道中は後方で各有力馬と並んでの追走となった。4コーナーで大きく差を付けられた前を捉えるべく動き出すも、先行したジェネラーレウーノを差し切れず4着に敗退してしまった。
 1,640
アーモンドアイが桜花賞で異次元の末脚V、世代最強を証明

アーモンドアイが桜花賞で異次元の末脚V、世代最強を証明

桜花賞で2番人気に支持されたアーモンドアイが、最後の直線で後方大外から上がり33秒台の鬼脚で豪快な差し切り勝ち。先に抜け出したラッキーライラックらを置き去りにする内容で牝馬クラシックの第一冠目をあっさりと手にしした。
 5,511

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部