2017年8月25日 更新

フロンティアが新潟2歳ステークスに登場、一族にタイトルを

ドリームパスポートの半弟で、ゴールデンサッシュを祖母に持つフロンティアがまたファミリーに勲章をもたらすのか。新潟2歳ステークスで1番人気に想定されている本馬だが、それに見合った血統と追い切りを持ってレースへと臨む。

479

動きはキレキレで準備万端

坂路を確かな脚取りで駆け上がるフロンティア

坂路を確かな脚取りで駆け上がるフロンティア

via google imghp
前走後は一旦放牧へ。そこで更に成長をして帰って来たフロンティアは稽古でも抜群の動きを披露している。最終追い切りの坂路でも調整程度とは言え、ラスト2Fで鞍上からムチを入れられると一気に反応して併走馬を楽々と突き放す豪快なデモ。さすがの血統馬だけあり役者が違うと言わんばかりの内容でレース直前を締めた。昨年ヴゼットジョリーで初重賞を制した中内田厩舎にとっては縁起の良いレース。完全に準備を整えて連覇を狙う。鞍上は岩田康誠騎手が予定されている。

ゴールデンサッシュ一族の末裔

鮮やかな逃げ切りでメイクデビューを勝利

鮮やかな逃げ切りでメイクデビューを勝利

via google imghp

2017年07月01日 2歳新馬 芝1600m 中京競馬場

1着:フロンティア 牡2 (川田将雅)
2着:アドマイヤアルバ 牡2 (福永祐一)
3着:シャルルマーニュ 牡2 (武豊)

レースタイム:1:38.2(稍重)
レース上がり3ハロン:34.4
勝ち馬上がり3ハロン:34.4
やはり繁栄ファミリーの血は色濃く受け継がれている様だ。1番人気に支持されたフロンティアがスタートから素早く先手を奪うと、道中はスローペースに落として主導権を握る展開。直線に入ってもその脚色は衰えず、2着アドマイヤアルバが迫るとまたひと伸びして最後まで先頭を譲らずに1着でゴール板を駆け抜けた。祖母は数々の活躍馬を輩出するゴールデンサッシュ。近親にステイゴールドやショウナンパンドラがいる良血馬。今後の動向にも注目である。

フロンティア

フロンティア(グレースランド2015)

フロンティア(グレースランド2015)

牡馬

父馬:ダイワメジャー
母馬:グレースランド
母父:トニービン
所属:中内田充正厩舎(栗東)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
母の繁殖実績を見る限りでは長いところもこなせる血統だが、やはりダイワメジャー産駒という事もあって銅が詰まった短距離タイプの馬体となっている。筋肉量も豊富で如何にもパワーがありそうな雰囲気だが、折り合いさえ問題なければ2~3歳時は2000mまでなら許容範囲で走れるだろう。中内田厩舎も無理をさせないローテーションでクラシック戦線に乗せて来る筈だ。

血統背景

ダイワメジャー サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
スカーレットブーケ ノーザンテースト Nothern Dancer
Lady Victoria
スカーレットインク Crimson Satan
Consentida
グレースランド トニービン カンパラ Kalamoun
State Pension
Seven Bridge Hornbeam
Priddy Fair
ゴールデンサッシュ ディクタス Sanctus
Doronic
ダイナサッシュ ノーザンテースト
ロイヤルサッシュ


兄弟馬

ドリームパスポート

ドリームパスポート

牡馬

父馬:フジキセキ
母馬:グレースランド
母父:トニービン
所属:稲葉隆一厩舎(美浦)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:セゾンレースホース

通算成績:22戦3勝(3-7-3-9)
主な戦績:皐月賞2着、ジャパンカップ2着など
via google imghp
ラウンドワールド

ラウンドワールド

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:グレースランド
母父:トニービン
所属:田村康仁厩舎(美浦)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:G1レーシング

通算成績:15戦3勝(3-1-1-10)
主な戦績:コスモス賞、アンドロメダステークスなど
via google imghp

近親馬

ステイゴールド

ステイゴールド

牡馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:ゴールデンサッシュ
母父:ディクタス
所属:池江泰郎厩舎(栗東)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:50戦7勝(7-12-8-23)
主な戦績:香港ヴァーズ、ドバイシーマクラシックなど
via google imghp
ショウナンパンドラ

ショウナンパンドラ

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:キューティゴールド
母父:フレンチデピュティ
所属:高野友和厩舎(栗東)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:国本哲秀

通算成績:18戦5勝(5-4-3-6)
主な戦績:秋華賞、ジャパンカップなど
via google imghp

血統評価:1.2pt

ダイナサッシュ>ゴールデンサッシュの繁栄ファミリーの1つでドリームパスポートが兄にいるものの未勝利馬も多数おり安定感は全くないが活躍する馬は、早めに結果を出すのでPOGの候補としては、期待出来る面もあるが全体としては、強調材料が少ない。

前評判

『先週の調教は遅れましたが併せたのは稽古駆けするダノンプレミアムでしたし、相手が悪かったですね。今週は坂路で力強い動きを見せてくれました。状態も良いですし新馬から楽しみです』とは助手のコメント。良い意味で少し前向きな走りをしており、距離はマイル前後が適正となるだろう。

馬名の意味

未開の地

これまで誰も踏み入れなかった未開の領域まで活躍の場を広げて欲しいという想いで命名。一瞬、近藤英子氏名義の馬に聞こえるネーミングだ。
25 件

関連する記事

ブルヴェルソンが遠征デビュー、姉にショウナンパンドラ

ブルヴェルソンが遠征デビュー、姉にショウナンパンドラ

日曜東京5Rの新馬戦にPOGでも人気沸騰のブルヴェルソンが早くも登場。姉に2015年ジャパンカップを制したショウナンパンドラがいる血統だ。ダイワメジャーに変わりスピード色が強くなった産駒と言える。鞍上はC.ルメール。
 555
グレースランド2014(馬名:イムノス)を指名する!?

グレースランド2014(馬名:イムノス)を指名する!?

「グレースランド2014」をPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2016-2017のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 959
レクレドール2014(馬名:コリエドール)を指名した!?

レクレドール2014(馬名:コリエドール)を指名した!?

デビュー済だが「レクレドール2014」を徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?指定してない方も2016-2017のPOGを楽しむ上でご参考下さい!!
 721
ディロスが阪神の野路菊ステークスに出走、無傷の連勝狙う

ディロスが阪神の野路菊ステークスに出走、無傷の連勝狙う

札幌の新馬戦を快勝して来たディロスが2戦目に選んだのは野路菊ステークス。美浦の木村厩舎だけにいきなり関西に遠征しての出走とは何か思惑があるのだろうか。強敵ワグネリアン相手に勝算があるとすれば実際にその走りを拝みたい。
 290
デルニエオールが新馬戦を完勝、関係者もホッとひと安心

デルニエオールが新馬戦を完勝、関係者もホッとひと安心

オルフェーヴルの妹で、母オリエンタルアート最後の産駒デルニエオールが待望デビュー。日本を代表する血統の貴重な1頭、管理するスタッフもいつも以上に緊迫感があった事だろう。先ずは白星スタート、今後の動向に注目したい。
 2,255

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部