2017年8月25日 更新

フェイスマーク(ステレオタイプ2015)のPOG情報

フェイスマークをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

269

馬体診断

フェイスマーク(ステレオタイプ2015)

フェイスマーク(ステレオタイプ2015)

牝馬

父馬:ローエングリン
母馬:ステレオタイプ
母父:サンデーサイレンス
所属:田中剛厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:吉田照哉
via google imghp
馬体からは何も感じる事の無い平均以下の印象。血統が地味と言えば語弊が生まれるのだが、父ローエングリン産駒で他にパッとした馬が思いつかない程にイメージは弱い。兄ロゴタイプは早くから古馬になっても息の長い活躍を見せたが、あれはあくまで突然変異的な産駒と言えるだろう。兄同様の活躍を期待するのはいささか無理があるというものだ。馬体重は春の取材時点で470kg。

血統背景

ローエングリン シングスピール In the Wings Sadler's Wells
ハイホーク
Glorious Song Halo
Ballade
カーリング Garde Royale Mill Reef
Royal Way
Corraleja Carvin
Darling Dale
ステレオタイプ サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
スターバレリーナ Risen Star Secretariat
Ribbon
ベリアーニ Nureyev
Eleven Pleasures


兄弟馬

ロゴタイプ

ロゴタイプ

牡馬

父馬:ローエングリン
母馬:ステレオタイプ
母父:サンデーサイレンス
所属:田中剛厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:吉田照哉

通算成績:30戦6勝(6-4-4-16)
主な戦績:朝日杯フューチュリティステークス、皐月賞、安田記念など
via google imghp

近親馬

パドトロワ

パドトロワ

牡馬

父馬:スウェプトオーヴァーボード
母馬:グランパドドゥ
母父:フジキセキ
所属:鮫島一歩厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:吉田照哉

通算成績:35戦9勝 (9-2-4-20)
主な戦績:アイビスサマーダッシュ、キーンランドカップ、函館スプリントステークスなど
via google imghp

血統評価:2.0pt

スターバレリーナ一族としては、日本でそれなりに繁栄していると言える。母父SSの影響は強いとしてもローエングリン産駒の全兄にGⅠ馬がいるが同じ全兄弟が走っていないので一長一短があり、ギャンブル指名の要素が強い。

前評判

『これまでの産駒の中では一番ロゴタイプに似ていますね。大飛びの雄大な動きをしていますし、馬体はまだ未完成ながらもどんどんスピードが付いて来ています。伸びシロがかなりあるのではないでしょうか。レースでは兄同様に先行してグッと伸びる競馬を期待しています』との事。ロゴタイプはここに来てまた強くなっている印象を受ける。その成長力には驚かされるばかりだ。

馬名の意味

顔文字

単なる現代用語を英単語にしただけだが、名前だけなら何となく走りそうな印象を受ける。そもそもロゴタイプすらデビュー前は微妙な名前だったが、走らせればG1を3勝。結果、馬が活躍すればそれなりに聞こえて来るという事だ。

編集部の評価

馬名、環境は悪くないが、馬体がぱっとしないし兄弟が安定しないので全く興味がないので見送る。(大川)
馬体画像だけ見れば全く指名する気が起こらないくらいに印象は悪い。馬体のバランスなどというレベル以前に、見た時の雰囲気が何も伝わって来ないのである。勿論、実績のある配合だけにそれを裏切って来る事もあるだろうが、ロゴタイプは確実に突然変異型の1頭と判断する。さすがに続けてポンポンっと産駒は走らない筈だ。(田中)
19 件

関連する記事

エルディアマンテが未勝利に登場、ここは確実に勝ち上がりたい

エルディアマンテが未勝利に登場、ここは確実に勝ち上がりたい

新馬戦でレッドベルローズと激闘を演じたエルディアマンテ。3着以下には6馬身もの差をつけている事から能力は既にオープンクラスだろう。ローテ的にもこの1戦を取りこぼすとクラシックには間に合わないだけに是が非でも勝ちたい。
 1,364
アーモンドアイがシンザン記念を圧勝、驚異の末脚で重賞V

アーモンドアイがシンザン記念を圧勝、驚異の末脚で重賞V

未勝利戦を快勝して臨んだアーモンドアイが、初重賞のシンザン記念で強豪牡馬相手に圧巻の追い込みを見せ完勝。出遅れから最後方追走と致命的なロスを重ねながら差し切った競馬は、前走に続き競馬ファンを唸らせる内容だったろう。
 2,745
ジャンダルムがホープフルステークスで距離の限界に挑戦

ジャンダルムがホープフルステークスで距離の限界に挑戦

名牝ビリーヴ産駒で前走のデイリー杯2歳ステークスを快勝したジャンダルム。予想された朝日杯フューチュリティステークスには向かわず、距離に不安のあるホープフルステークスへ駒を進めて来た。ここも突破出来れば未来は明るい。
 2,643
ミルコメダが芝の新馬戦に登場、兄はあのダートの強豪馬

ミルコメダが芝の新馬戦に登場、兄はあのダートの強豪馬

兄にダートGⅠ9勝の名馬、ヴァーミリアンを持つミルコメダが新馬戦に登場。初戦は芝での走りを拝見する事になるが、父エイシンフラッシュという血統からも適性は高いだろう。しかし、やはり何と言っても砂での活躍が待ち遠しい。
 853
トゥザフロンティアが直線伸び切れずに芙蓉Sを4着に敗退

トゥザフロンティアが直線伸び切れずに芙蓉Sを4着に敗退

期待されたトゥザフロンティアが芙蓉ステークスで前を捉え切れずに4着と馬券圏外に消える敗戦を喫した。初戦とは違うレースを経験した事で馬が戸惑ったのかやや精彩を欠く内容だったが、そもそも悲観する必要は全く無いだろう。
 3,150

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部