2017年11月13日 更新

フィニフティが新馬戦を危なげなく完勝、桜花賞候補へ名乗り

注目の良血馬フィニフティが牝馬限定戦を先行抜け出しのセンスある走りでデビュー戦を勝利。他馬とは完成度が違い、何度やっても勝つ様な内容だった。これで堂々と牝馬クラシック戦線へ乗り込むが、やはり最大目標は桜花賞だろう。

1,265

楽々と抜け出して完全勝利

2017年11月12日 2歳新馬(牝) 芝1600m 京都競馬場

1着:フィニフティ 牝2 (福永祐一)
2着:キューピッドアロー 牝2 (C.ルメール)
3着:レッドプリモ 牝2 (和田竜二)

レースタイム:1:36.7(良)
レース上がり3ハロン:35.3
勝ち馬上がり3ハロン:35.1
好発を決めて先行、インでジッとしながら4コーナーでは促されると同時にスッと反応。直線入り口で上手く外へ出すと、すぐに抜け出し最後までしっかりと伸びて完璧な内容の勝利だった。管理する藤原英昭調教師もレース後に『満点やな』とコメントしている通り、文句なし100点のデビュー戦と言える。今後のローテーションについては、420kgと馬体重が軽めな事からも成長させる事を中心に年内休養かどうかという所で検討される。が、それだけクラシックへ向けての本気度の表れだろう。兄ステファノスの悲願はもしかしたらこの妹が果たすかもしれない。

素軽い動きで初戦から期待大

バネのある走りで如何にもキレそうなフィニフティ

バネのある走りで如何にもキレそうなフィニフティ

via google imghp
デビュー前の追い切りでも抜群の動きで能力の高さを余すこと無く披露しているフィニフティ。厩舎は全兄も所属している藤原英昭厩舎で、一族を知り尽くすスタッフが見てくれるのは何とも心強い。兄よりは少し小柄だが、牝馬らしからぬはっきりとした馬体の作りで非常に見栄えもする良い競走馬だ。初戦に選んだのは小粒なメンバーの牝馬限定戦、いきなり素質全開の走りでぶっちぎってくれるシーンを期待したい。

フィニフティ

フィニフティ(ココシュニック2015)

フィニフティ(ココシュニック2015)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ココシュニック
母父:クロフネ
所属:藤原英昭厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
芦毛でやや見映えが落ちるも、柔らかい筋肉が豊富な兄ステファノスにヒケを取らないキレが身上となる競走馬だろう。胴の詰まり方を見ても距離はマイル前後がベストか。既に完成に近い馬体とも言え、早くから活躍出来る素材と判断。目指すは桜花賞~NHKマイルカップのローテーションか。馬体重は不明。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘア Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
ココシュニック クロフネ フレンチデピュティ Deputy Minister
Mitterand
ブルーアヴェニュー Classic Go Go
Eliza Blue
ゴールドティアラ Seeking the Gold Mr.Prospector
Con Game
Bright Tiara Chief's Crown
Expressive Dance


兄弟馬

ステファノス

ステファノス

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ココシュニック
母父:クロフネ
所属:藤原英昭厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:23戦4勝 (4-5-4-10)
主な戦績:天皇賞秋2着、大阪杯2着など
via google imghp

近親馬

ゴールデンハインド

ゴールデンハインド

牡馬

父馬:クロフネ
母馬:ゴールドティアラ
母父:Seeking the Gold
所属:大竹正博厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:吉田和子

通算成績:25戦6勝(6-1-2-16)
主な戦績:万葉ステークスなど
via google imghp
Poet's Voice

Poet's Voice

牡馬

父馬:Dubawi
母馬:Bright Tiara
母父:Chief's Crown
所属:Saeed bin Surror厩舎(UAE)
生産:Darley(英)
馬主:Godolphin

通算成績:15戦4勝(4-2-2-7)
主な戦績:クイーンエリザベス2世ステークスなど
via google imghp

血統評価:1.6pt

母父クロフネはあまり結果でていない中、祖母ゴールドティアラの隔世遺伝的に全兄ステファノスが活躍したので種牡馬が同じという点で当馬も他の兄弟よりは期待出来るが兄弟の成績は安定していないので強調材料としては弱い。

前評判

『動きの中で物凄いバネを感じますし、何より馬体のバランスが良いですね。これぞまさにディープインパクト産駒という様な産駒。間違いなくキレがある競走馬になるでしょう。イメージとしては2歳戦からバリバリ活躍出来ると思います』との事。兄が乗れなかったクラシック戦線に向け、そのデビューを楽しみに待ちたい。

馬名の意味

ギリシャ語で“輝く石”という意味のロシアのエナメル細工

母名より連想。輝かしい成績を残す活躍を願って命名。
23 件

関連する記事

ココシュニック2014(馬名:グラニーズチップス)を指名する!?

ココシュニック2014(馬名:グラニーズチップス)を指名する!?

「ココシュニック2014」をPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2016-2017のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 1,114
マウレアが赤松賞で好メンバー相手にV、桜花賞候補へ名乗り

マウレアが赤松賞で好メンバー相手にV、桜花賞候補へ名乗り

新馬戦に続き昇級初戦の赤松賞をマウレアが差し切り勝ち。直線馬群の狭い所を割って突き抜ける勝負根性を見せ、見事強敵達を蹴散らしての勝利で連勝を飾った。姉アユサンと姉妹制覇を目指すべく、春の仁川を目指して駒を進めて行く。
 258
ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

圧倒的人気のワグネリアンが、道中後方から4コーナーで進出。直線外に出すと抜群の反応で先頭に立ち、坂を駆け上がってからはターフビジョンを確認しながら追う余裕の競馬だった。これでクラシック最有力候補が確定、次は弥生賞だ。
 6,202
エルディアマンテが叩き合いに競り負けるも次走は勝利濃厚か

エルディアマンテが叩き合いに競り負けるも次走は勝利濃厚か

期待の素質馬エルディアマンテが新馬戦で壮絶な叩き合いの末2着に敗退。しかし、3着以下には6馬身差を付けている事からも同世代では実力が上位なのは間違いない。次走、余程のアクシデントが無ければあっさりと勝ち上がるだろう。
 1,057
フランツが新馬戦を快勝、大外から楽に差し切り大物の片鱗

フランツが新馬戦を快勝、大外から楽に差し切り大物の片鱗

良血フランツがその血統に恥じない走りを見せ、新馬戦を衝撃的な勝利で飾った。道中は最後方追走、4コーナーで大外を膨らみながら安全なコースに進路を取ると最後は鞍上に軽く追われてサッとかわす調教の様な競馬。素質は一級品だ。
 1,072

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部