2017年10月23日 更新

ハヤブサマカオーがなでしこ賞をレコードで快勝、余裕のV2

新馬戦を大差で圧勝したハヤブサマカオーが500万下でも同様の楽逃げから完勝で2連勝を達成。スタートからスピードの違いを見せ付け、他馬を寄せ付けない走りでレコードタイムを記録。マイル以下なら間違いなく世代トップだろう。

863

天性のスピードで楽々と逃げ切り

2017年10月22日 なでしこ賞 ダート1400m 京都競馬場

1着:ハヤブサマカオー 牡2 (C.ルメール)
2着:オーロスターキス 牝2 (田辺裕信)
3着:ユニオンローズ 牡2 (岩田康誠)

レースタイム:1:23.4(不良)※レコード
レース上がり3ハロン:37.4
勝ち馬上がり3ハロン:37.4
芝スタートも問題にせず、横のオーロスターキスとのハナ争いを制して逃げを打ったハヤブサマカオー。不良馬場という事もありスピードが乗った状態で馬群を引き連れ直線へ。そこからは余裕の手応えで後続を引き離し、最後は2着オーロスターキスに4馬身差を付ける快勝。タイムもレコードを記録するおまけ付きの勝利だった。今後は距離との戦いとなるが、マイルまでなら守備範囲で暫くはハヤブサマカオーの時代が続きそうな予感。

2着に1.7秒差を付ける圧巻の内容

ゴール前は余裕で流すハヤブサマカオー

ゴール前は余裕で流すハヤブサマカオー

via google imghp

2017年07月30日 2歳新馬 ダート1700m 札幌競馬場

1着:ハヤブサマカオー 牡2 (C.ルメール)
2着:コパノステラート 牡2 (川田将雅)
3着:メイショウタイシ 牡2 (蛯名正義)

レースタイム:1:47.3(良)
レース上がり3ハロン:38.8
勝ち馬上がり3ハロン:38.8
1枠からスピードの違いでハナに立ったハヤブサマカオー。実に推進力のあるフォームでパワフルな走りが目に付く1頭だが、レースではその類まれな能力をいかんなく発揮する。他馬がついてこれないレベルのペースで逃げ続け、ラストの直線でも全く追うところなく2着コパノステラートに大差を付ける圧勝劇を飾った。騎乗したルメール騎手も驚いた様子で声を高らかにして『強かった』と素質を高く評価。これはダートの怪物かも知れない。次走の動向に注目して行く。

ハヤブサマカオー

ハヤブサマカオー(ハヤブサエミネンス2015)

ハヤブサマカオー(ハヤブサエミネンス2015)

牡馬

父馬:シニスターミニスター
母馬:ハヤブサエミネンス
母父:Medaglia d'Oro
所属:伊藤圭三厩舎(美浦)
生産:グランド牧場
馬主:武田修

通算成績:2戦2勝(2-0-0-0)
主な戦績:なでしこ賞など
via google imghp
馬体画像は無し。だが、血統だけでも容易にダート向きの筋肉質な馬体だろうという推測は立つ。母ハヤブサエミネンスはプリエミネンスをわざわざ外国に持って行ってMedaglia d'Oroを配合した手のかかった配合で、成績は全く奮わなかったがその成果が覚醒遺伝で表れているのだろう。繁殖能力は高く初仔からこのレベルの馬を出せるとなると、2番仔のゴールドアリュール産駒もかなり期待出来そうだ。

血統背景

シニスターミニスター Old Trieste A.P. Indy Seattle Slew
Weekend Surprise
Lovlier Linda Vigors
Linda Summers
Sweet Minister The Prime Minister Deputy Minister
Stick to Beauty
Sweet Blue Hurry Up Blue
Sugar Gold
ハヤブサエミネンス Medaglia d'Oro El Prado Sadler's Wells
Lady Capulet
Cappucino Bay Bailjumper
Dubbed In
プリエミネンス アフリート Mr. Prospector
Polite Lady
アジテーション Caerleon
ランザリスク


兄弟馬

初仔

近親馬

特になし

血統評価:1.0pt

ファミリーとしては、プリエミネンスの隔世遺伝にあたるか、プリエミネンスに有力なダート種牡馬をつけたかいがあったと言えるが血統背景からの強調材料はそれくらいでほぼない。

前評判

レース前の寸評では、『追う毎にどんどん動きが良くなって来たね。とにかく走りが前向きだし、先週乗ってくれた鞍上の評価も良かったよ』とのコメントがあった。函館のウッドコースを5F66秒台で駆け抜ける素材からも、新馬の走りは予感出来たものだろう。

馬名の意味

冠名+マカ(生命力の強い植物)+王

マカの様なパワー溢れる競走馬になって欲しいと願って命名か。または、長く衰えのない活躍を願ってか。いずれにせよ、昭和時代の雰囲気を匂わせる良い馬名だ。
23 件

関連する記事

カザン(シャンパンドーロ2015)のPOG情報

カザン(シャンパンドーロ2015)のPOG情報

カザンをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 3,498
タワーオブロンドンが朝日杯FSで勝てばモハメド初の栄冠へ

タワーオブロンドンが朝日杯FSで勝てばモハメド初の栄冠へ

京王杯2歳ステークスを圧勝して来たタワーオブロンドンが朝日杯フューチュリティステークスで2歳チャンピオンの座に挑む。ここを勝利すればオーナーであるH.H.シェイク・モハメドは中央競馬で初めてのGⅠタイトル獲得となる。
 151
ダノンプレミアムが朝日杯FSで1番人気想定、怪物の可能性も

ダノンプレミアムが朝日杯FSで1番人気想定、怪物の可能性も

前走のサウジアラビアロイヤルカップがとにかく圧巻のひと言だった。番手から競馬を進めて直線鋭く伸び、2着以下を子供扱いする走りで楽々と連勝を飾った。この1戦で覚醒すればとんでもない大物が見事に誕生するかもしれない。
 1,695
イシュトヴァーンが阪神の新馬戦に登場、母は重賞2勝馬

イシュトヴァーンが阪神の新馬戦に登場、母は重賞2勝馬

ジェンティルドンナの全姉で重賞2勝のドナウブルー初仔イシュトヴァーンが遂に阪神の芝1800m戦でデビュー。父ルーラーシップに母父ディープインパクトの配合は菊花賞を勝ったキセキと同配合。初戦からその走りに注目が集まる。
 888
ロックディスタウンが阪神JF1番人気で9着に敗れる波乱

ロックディスタウンが阪神JF1番人気で9着に敗れる波乱

オルフェーヴル産駒で札幌2歳ステークスを制したロックディスタウンが、1番人気に支持された阪神ジュベナイルフィリーズで見せ場無く9着に入線。大外枠から積極的にレースを進めるも、休み明けなどが響いて無念の敗退となった。
 3,791

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部