2017年7月31日 更新

ハヤブサマカオーが新馬戦で大差の圧勝、ルメールもビックリ

シニスターミニスター産駒のハヤブサマカオーが札幌のダートで行われた新馬戦で持ったままの大差勝ち。伊藤圭三厩舎ゆかりの血統馬で、祖母には地方含むダート重賞8勝の女傑プリエミネンスがいる。このままダート界を席巻するか。

461

2着に1.7秒差を付ける圧巻の内容

ゴール前は余裕で流すハヤブサマカオー

ゴール前は余裕で流すハヤブサマカオー

via google imghp

2017年07月30日 2歳新馬 ダート1700m 札幌競馬場

1着:ハヤブサマカオー 牡2 (C.ルメール)
2着:コパノステラート 牡2 (川田将雅)
3着:メイショウタイシ 牡2 (蛯名正義)

レースタイム:1:47.3(良)
レース上がり3ハロン:38.8
勝ち馬上がり3ハロン:38.8
1枠からスピードの違いでハナに立ったハヤブサマカオー。実に推進力のあるフォームでパワフルな走りが目に付く1頭だが、レースではその類まれな能力をいかんなく発揮する。他馬がついてこれないレベルのペースで逃げ続け、ラストの直線でも全く追うところなく2着コパノステラートに大差を付ける圧勝劇を飾った。騎乗したルメール騎手も驚いた様子で声を高らかにして『強かった』と素質を高く評価。これはダートの怪物かも知れない。次走の動向に注目して行く。

ハヤブサマカオー

ハヤブサマカオー(ハヤブサエミネンス2015)

ハヤブサマカオー(ハヤブサエミネンス2015)

牡馬

父馬:シニスターミニスター
母馬:ハヤブサエミネンス
母父:Medaglia d'Oro
所属:伊藤圭三厩舎(美浦)
生産:グランド牧場
馬主:武田修

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
馬体画像は無し。だが、血統だけでも容易にダート向きの筋肉質な馬体だろうという推測は立つ。母ハヤブサエミネンスはプリエミネンスをわざわざ外国に持って行ってMedaglia d'Oroを配合した手のかかった配合で、成績は全く奮わなかったがその成果が覚醒遺伝で表れているのだろう。繁殖能力は高く初仔からこのレベルの馬を出せるとなると、2番仔のゴールドアリュール産駒もかなり期待出来そうだ。

血統背景

シニスターミニスター Old Trieste A.P. Indy Seattle Slew
Weekend Surprise
Lovlier Linda Vigors
Linda Summers
Sweet Minister The Prime Minister Deputy Minister
Stick to Beauty
Sweet Blue Hurry Up Blue
Sugar Gold
ハヤブサエミネンス Medaglia d'Oro El Prado Sadler's Wells
Lady Capulet
Cappucino Bay Bailjumper
Dubbed In
プリエミネンス アフリート Mr. Prospector
Polite Lady
アジテーション Caerleon
ランザリスク


兄弟馬

初仔

近親馬

特になし

血統評価:1.0pt

ファミリーとしては、プリエミネンスの隔世遺伝にあたるか、プリエミネンスに有力なダート種牡馬をつけたかいがあったと言えるが血統背景からの強調材料はそれくらいでほぼない。

前評判

レース前の寸評では、『追う毎にどんどん動きが良くなって来たね。とにかく走りが前向きだし、先週乗ってくれた鞍上の評価も良かったよ』とのコメントがあった。函館のウッドコースを5F66秒台で駆け抜ける素材からも、新馬の走りは予感出来たものだろう。

馬名の意味

冠名+マカ(生命力の強い植物)+王

マカの様なパワー溢れる競走馬になって欲しいと願って命名か。または、長く衰えのない活躍を願ってか。いずれにせよ、昭和時代の雰囲気を匂わせる良い馬名だ。
20 件

関連する記事

カザン(シャンパンドーロ2015)のPOG情報

カザン(シャンパンドーロ2015)のPOG情報

カザンをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 3,143
トーセンアルタイルが伝説の新馬戦でデビュー、兄は5勝馬

トーセンアルタイルが伝説の新馬戦でデビュー、兄は5勝馬

全兄に先の京都大賞典で2着に入ったトーセンバジルがいるトーセンアルタイル。菊花賞当日の新馬戦は“伝説の新馬戦”と呼ばれており、その中でも人気を集めそうな有力馬だ。初戦の走り次第では一気にクラシックの有力候補となる。
 352
タニノフランケルが2勝目を目指しアイビーSで強敵と激突

タニノフランケルが2勝目を目指しアイビーSで強敵と激突

未勝利戦を持ったまま完勝のタニノフランケル。血統に違わぬ走りで2015年産駒の中でも特に注目度の高い1頭だ。その良血馬が選んだ2戦目は東京のアイビーステークス。その先にはクラシック候補のフラットレーが待ち構えている。
 28,766
レリカリオが京都の新馬戦で芝マイルデビュー、姉は米の怪物

レリカリオが京都の新馬戦で芝マイルデビュー、姉は米の怪物

半姉に今年の米国クラシック戦線を総ナメにするとまで言われたユニークベラを持つレリカリオ。父がタピットからマリブムーンに変わり芝適性がより高くなった産駒となるが、その手始めとして初戦は芝1600mの新馬戦に登場する。
 993
ダークナイトムーンが田辺騎手を背に東京芝2000mで初陣

ダークナイトムーンが田辺騎手を背に東京芝2000mで初陣

兄にサダムパテック、全姉にヴィクトリアマイル3着のジュールポレールがいる血統馬ダークナイトムーン。兄弟よりも距離適性に幅がありそうで先ずは中距離の新馬戦でデビューを迎える。ディープインパクト産駒からまた新星の登場か。
 759

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部