2017年8月17日 更新

全兄姉以上の活躍が期待出来るノチェブランカ、新潟デビュー

2年前のPOGで1番人気だったフォイヤーヴェルクを全兄に持つノチェブランカ。母はドイツのオークス馬ナイトマジックでそこにディープインパクトが配合され世界的良血と言っても過言ではない。遂にその血が覚醒する1頭の出現か。

677

国枝調教師も熱い視線を送る1頭

トレセン内でも雰囲気のある動きで注目度は高い

トレセン内でも雰囲気のある動きで注目度は高い

via google imghp
全姉アルミレーナと比較しつつ、『良くなるのはもっと先だけど、動き自体は目を見張るモノがあるし潜在能力が高いのは確か。適正はマイルから中距離だろう』と冷静にコメントしている国枝調教師。この評価が逆にかなりの期待度を含んでいるとも取れ、上手く行けばクラシック戦線の乗れていたであろう姉の分までリベンジに燃える氏の意気込みが感じられる。先ずは勝ち上がりを重要視して牝馬限定戦に登録して来たのも執念の現れだ。鞍上は内田博幸騎手が騎乗予定。

ノチェブランカ

ノチェブランカ(ナイトマジック2015)

ノチェブランカ(ナイトマジック2015)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ナイトマジック
母父:Sholokhov
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:吉田勝己
via google imghp
芦毛特有の見え方に加え、牝馬の丸みある馬体が如何にも悪い見栄えに映るノチェブランカ。さすがに馬体での診断は現時点だと難しく、競馬場で生の馬体を見なければ判断は不可。しかし、全姉アルミレーナと比較すれば一回り大きく出ているのでその点は好材料と見て良いだろう。ディープインパクト産駒は父の現役時代とは裏腹に大型馬の方が走る傾向にある。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
ナイトマジック Sholokhov Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
La Meilleure Lord Gayle
Gradille
Night Woman Monsun Konigsstuhl
Mosella
Noveka Kalaglow
Novelle


兄弟馬

フォイヤーヴェルク

フォイヤーヴェルク

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ナイトマジック
母父:Sholokhov
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:9戦2勝 (2-0-2-5)
主な戦績:3歳未勝利
via google imghp
アルミレーナ 

アルミレーナ 

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ナイトマジック
母父:Sholokhov
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:5戦2勝 (2-1-0-2)
主な戦績:3歳500万下など
via google imghp

近親馬

特になし

血統評価:1.0pt

母は独のクラシックホースで産駒、兄弟に2勝馬2頭と安定感は抜群。大物を出していないが可能性を十分感じる安定感で当馬で芦毛に出たので違う結果も十分あるといえる。

前評判

『お姉さんより馬体も良いし、走りそうな雰囲気がある。如何にも瞬発力タイプだろうし、大きい所を狙える馬になって欲しいね』とは管理予定の国枝栄調教師の談。上はサンデーレーシングで募集されたが、今回は吉田勝己氏自身が所有というのも気になる所だ。

馬名の意味

白夜(スペイン語)

吉田勝己氏自身なのかはたまた他の人間のネーミングなのかは分からないが、スペイン語をチョイスして来る辺りのセンスはグッド。走れば怪物候補の名前ではある。

編集部の評価

順調に行けばそのうち重賞馬を出しそうな母ではあるがパンチ力が現時点では乏しく判断としては迷わず見送る形である。(大川)
母はドイツのGⅠ2勝馬で、2009年の年度代表馬でもある名牝。初仔のフォイヤーヴェルクはPOGでもかなり評判になった馬だったが、走らせると案外な程。肩透かしに終わる傾向が強く、逆に同血統でも余り評価されていない方がまだ期待出来るのではないだろうか。全姉アルミレーナがPOG期中に2勝を挙げているだけに、牝馬になって良くなるという見方も可能。(田中)
23 件

関連する記事

ナイトマジック2014(馬名:アルミレーナ)を指名する!?

ナイトマジック2014(馬名:アルミレーナ)を指名する!?

「ナイトマジック2014」をPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2016-2017のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 1,240
ワグネリアンが野路菊Sを快勝、重馬場で33秒台の鬼脚炸裂

ワグネリアンが野路菊Sを快勝、重馬場で33秒台の鬼脚炸裂

注目のワグネリアンが2戦目の野路菊ステークスでも想像を超える圧巻の走りで突き抜け2連勝。心配された重馬場も全く苦にせず、道中後方追走から直線の競馬だけであっさりと差し切って見せた。上がり3ハロンは33秒フラット。
 4,296
スターリーステージが新馬戦で3着入線、次走は確勝必至

スターリーステージが新馬戦で3着入線、次走は確勝必至

ミッキーアイルの下、スターリーステージがデビュー戦でジャンダルムの3着に敗退。レース内容はほぼ文句なく、前の牡馬2頭(ジャンダルム&ロードラナキラ)が強かっただけだろう。牝馬限定戦に戻れば間違いなく勝ち上がりは堅い。
 3,539
シルヴァンシャー、出遅れも何のその!!デビュー戦を鮮烈V

シルヴァンシャー、出遅れも何のその!!デビュー戦を鮮烈V

池江泰寿厩舎期待の新馬シルヴァンシャーが初戦を快勝。スタートで大きく出遅れたものの、道中で徐々に差を詰め直線でも脚色が衰える事なく前の集団をまとめて差し切って見せた。名牝アゼリからようやく大物候補が誕生の予感だ。
 3,321
新馬でエントシャイデンが出遅れるも大外から突き抜け快勝

新馬でエントシャイデンが出遅れるも大外から突き抜け快勝

ブランボヌールの全弟エントシャイデンが期待通りの競馬で新馬戦を見事差し切り勝ち。外枠で発馬を決めれず痛恨の出遅れ。しかし、そこから焦る事無く追走し直線で鮮やかに前をまとめて面倒を見る圧巻の内容で勝ち上がって見せた。
 1,332

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部