2017年8月4日 更新

ダリア賞にニシノベースマンが出走、一気にオープン入りか

未勝利戦で度肝を抜くパフォーマンスで圧勝したニシノベースマン。今度は新潟のダリア賞へ参戦し、早くもオープン入りを目指す。強敵はヨハネスブルグ産駒のタイセイプライドとなるが、2戦経験しているキャリアを武器に立ち向かう。

232

課題はスタートと距離短縮か

前走後の談話で『スタートは遅かったが…』と戸崎騎手にコメントされていたニシノベースマン。確かに新馬、未勝利の2走ともに後方からの競馬を強いられてはいる。直線の長い新潟競馬場だけに巻き返しは十分可能だが、願わくば中団から前にいて先行するであろうタイセイプライドをマークしておきたい。1800mから400mの距離短縮でスピード感について行けるかが焦点となるが、そこをクリアして連勝すれば重賞のタイトルも見えて来る筈。

レースの上がりを1秒上回る好内容

最後は流す余裕の競馬で未勝利戦を快勝

最後は流す余裕の競馬で未勝利戦を快勝

via google imghp

2017年07月15日 2歳未勝利 芝1800m 福島競馬場

1着:ニシノベースマン 牡2 (戸崎圭太)
2着:タイキフェルヴール 牡2 (北村宏司)
3着:モリトユウブ 牡2 (内田博幸)

レースタイム:1:50.8(良)
レース上がり3ハロン:35.7
勝ち馬上がり3ハロン:34.7
道中は後ろからの追走で不安な立ち上がりとなったが、徐々に進出すると4コーナーでは前を射程圏に捉える。大きく膨れてロスを食らうも、戸崎騎手が上手く立て直すとそこからは圧巻の末脚で他馬をまとめて飲み込む競馬。最後は完全に流す内容で2着に3馬身差をつける完勝劇だった。新馬戦2着から良化して更にパフォーマンスが上がった印象だ。馬体重も420kg台と小柄ながら走りでは全く感じないレースぶり。ノヴェリスト産駒から大物誕生か??

ニシノベースマン

ニシノベースマン(ニシノマナムスメ2015)

ニシノベースマン(ニシノマナムスメ2015)

牡馬

父馬:ノヴェリスト
母馬:ニシノマナムスメ
母父:アグネスタキオン
所属:森秀行厩舎(栗東)
生産:藤原牧場
馬主:西山茂行

通算成績:2戦1勝(1-1-0-0)
主な戦績:2歳未勝利
via google imghp
母ニシノマナムスメはニシノフラワーの代表産駒でマイラーズカップなど重賞戦線でも2着に好走した競走馬。その産駒はいずれも馬体が小さめとなっており、ニシノベースマン自体も小柄な事は余り気にしなくていいだろう。姉ニシノアモーレが新馬戦で強烈な走りを見せた事からも、血統的に初戦から動ける仕上がり早の一族だ。ここからどれだけ成長出来るかに今後の活躍が懸かって来るも、現時点の走りでも十分に500万クラスは勝ち上がれると見ている。ノヴェリスト産駒の真価が問われる1頭。

血統背景

ノヴェリスト Monsun Konigsstuhl Dschingis Khan
Konigskronung
Mosella Surumu
Monasia
Night Lagoon Lagunas イルドブルボン
Liranga
Nenuphar Night Shift
Narola
ニシノマナムスメ アグネスタキオン サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
アグネスフローラ ロイヤルスキー
アグネスレディー
ニシノフラワー Majestic Light Majestic Prince
Irradiate
デュプリシト Danzig
Fabulous Fraud


兄弟馬

ニシノアモーレ

ニシノアモーレ

牝馬

父馬:コンデュイット
母馬:ニシノマナムスメ
母父:アグネスタキオン
所属:上原博之厩舎(美浦)
生産:藤原牧場
馬主:西山茂行

通算成績:5戦2勝 (2-0-0-3)
主な戦績:3歳500万下など
via google imghp

近親馬

ネロ

ネロ

牡馬

父馬:ヨハネスブルグ
母馬:ニシノタカラヅカ
母父:サンデーサイレンス
所属:森秀行厩舎(栗東)
生産:本桐牧場
馬主:西山茂行

通算成績:32戦7勝 (7-8-1-16)
主な戦績:ラピスラズリステークス、京洛ステークスなど
via google imghp

血統評価:1.0pt

ニシノフラワーの数少ない後継繁殖牝馬であるニシノマナムスメではあるが、現役時代はニシノフラワー産駒で唯一優秀な結果だったが母としては、母父アグネスタキオンもあるのかここまでふるってないのが現状で血統背景としては、強調材料はない。

前評判

確たる評価の声は無かったものの、陣営としてはある程度の手応えがあったのだろう。関西からわざわざ負担の掛かる遠征をしてまで東京の新馬(芝)でおろしての2着。道中最後方から追走して直線では内を突くファインプレー。その激に応える様にニシノベースマンも伸びてテンクウの2着確保と好内容の初戦だった。そして2戦目はまたも遠征の福島。若い時にこれまでの経験をさせる事こそ期待の表れと見て良い。実戦の速い森厩舎から久々にタイトルを狙える馬が登場か。

馬名の意味

冠名+基礎となるように

特に意味のないネーミングだろう。“ニシノ”の西山氏もひと世代の所有頭数が多く、名前を付けるのもそれなりの労力が必要か。名前はハッキリ言ってダサい。
22 件

関連する記事

ダイワメモリー(ダイワスカーレット2015)のPOG情報

ダイワメモリー(ダイワスカーレット2015)のPOG情報

ダイワメモリーをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 599
スマートレイブン(レディオーキッド2015)のPOG情報

スマートレイブン(レディオーキッド2015)のPOG情報

スマートレイブンをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 156
アーデルワイゼが新馬戦を完勝、池添学厩舎の隠し玉的存在

アーデルワイゼが新馬戦を完勝、池添学厩舎の隠し玉的存在

近親にGⅠ6勝の名牝ブエナビスタがいるアーデルワイゼが、土曜中京の新馬戦で3番人気ながら他馬を寄せ付けない走りで快勝し一族の名に恥じないデビュー戦を飾った。有力馬が集まる池添学厩舎の中で一躍エース候補に躍り出た。
 251
シャンデリアスピン(ダンスインザムード2015)のPOG情報

シャンデリアスピン(ダンスインザムード2015)のPOG情報

シャンデリアスピンをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 540
ヴァイザーがデビュー戦をV、父は新種牡馬のノヴェリスト

ヴァイザーがデビュー戦をV、父は新種牡馬のノヴェリスト

日曜阪神5Rに行われた新馬戦は新種牡馬ノヴェリスト産駒ヴァイザーが勝利。先行策から直線で鋭く抜け出すと最後までしっかりと伸び、2着タガノスカイハイに半馬身差を付ける内容で完勝した。鞍上は北村友一騎手、高橋亮厩舎所属。
 513

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部