2017年7月24日 更新

トゥザフロンティアが新馬戦を追わずに完勝、距離も問題無し

大注目のトゥザフロンティアが中京新馬戦で鮮烈デビューを飾った。直線では口向きの悪さからホワイト騎手がまともに追えない中、先に抜け出したアップファーレンを脚力だけで軽くかわす内容で勝利。トゥザ一族から怪物の誕生か??

1,849

ホワイト『こんな馬で新馬戦を勝ったのは初』

内にササって全く追えない状態のホワイト騎手

内にササって全く追えない状態のホワイト騎手

via google imghp

2017年07月22日 2歳新馬 芝1600m 中京競馬場

1着:トゥザフロンティア 牡2 (D.ホワイト)
2着:アップファーレン 牝2 (福永祐一)
3着:ダンツセイケイ 牡2 (川又賢治)

レースタイム:1:36.8(良)
レース上がり3ハロン:35.1
勝ち馬上がり3ハロン:34.7
当初は性格も大人しいという評価だったトゥザフロンティアだが、レースに行けばやはり血が騒いだのだろうか。池江泰寿調教師が『よく言えばオルフェーヴルみたいな“だだっ子”』と評した様に、言う事を聞かない一面も。最後のストレートでは内にササってホワイト騎手がまともに追う姿を一度も見ていないが、それでもスピードの違いからか前を行くアップファーレンを軽々と差し切ってゴールイン。レース後にホワイト騎手の口から『これだけ操縦出来なかったのに新馬戦を勝ったのは初めてだよ』と、苦笑いのコメントで最大の賞賛を受けた。走りから見ても距離は2000mくらいまでなら現時点では対応デキそう。

土曜中京の芝1600mが初陣

早朝からトレーニングに励むトゥザフロンティア

早朝からトレーニングに励むトゥザフロンティア

via google imghp
日本競馬屈指の繁栄ファミリー、トゥザ一族より新たな大物候補が今週デビューする。POGランキングでも上位に顔を連ねるトゥザフロンティアだが、これまで活躍した兄弟はキングカメハメハ産駒一辺倒。今回は同系となるロードカナロアを配し、よりスピード面を強調した産駒となっているだろう。調教でも長い所を軽々とこなし好時計を連発している事からもキレがあるのは容易に想像出来る。後はクラシックを狙うに距離が課題となっているが、その面も『気性が素直で問題ない。ある程度はこなせると思う』と陣営も強気に語っていた。とにもかくにも、世代No.1である注目馬の初戦をとくと拝見しようではないか。

トゥザフロンティア

トゥザフロンティア(トゥザヴィクトリー2015)

トゥザフロンティア(トゥザヴィクトリー2015)

牡馬

父馬:ロードカナロア
母馬:トゥザヴィクトリー
母父:サンデーサイレンス
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
馬体を見る限り父系より母系のラインが出ている。全体的にコンパクトにまとまった馬体で、これまでの兄弟に比べると見栄えという点では余りしない。が、それ故に全ての面で融通が効きそうで気性的な面も問題なさそう。操縦性が高い=距離も想像以上に持ちそうな感じも受け、ロードカナロア産駒とは言え、クラシック戦線でも期待出来る産駒と成り得るかもしれない。馬体重は春の取材時点で499kg。

血統背景

ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
レディブラッサム Storm Cat Storm Bird
Terlingua
サラトガデュー Cormorant
Super Luna
トゥザヴィクトリー サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
フェアリードール Nureyev Northern Dancer
Special
Dream Deal Sharpen Up
Likely Exchange


兄弟馬

トゥザグローリー

トゥザグローリー

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:トゥザヴィクトリー
母父:サンデーサイレンス
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:33戦8勝(8-2-2-21)
主な戦績:鳴尾記念、日経新春杯、日経賞、京都記念、中日新聞杯など
via google imghp
トゥザワールド

トゥザワールド

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:トゥザヴィクトリー
母父:サンデーサイレンス
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:12戦4勝(4-5-0-3)
主な戦績:弥生賞、皐月賞2着、有馬記念2着など
via google imghp

近親馬

サイレントディール

サイレントディール

牡馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:フェアリードール
母父:Nureyev
所属:池江泰郎厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:50戦7勝 (7-3-3-37)
主な戦績:シンザン記念、武蔵野ステークスなど
via google imghp
デニムアンドルビー

デニムアンドルビー

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ベネンシアドール
母父:キングカメハメハ
所属:角居勝彦厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:24戦3勝(3-5-1-15)
主な戦績:ローズステークス、ジャパンカップ2着、宝塚記念2着など
via google imghp

血統評価:4.6pt

繁栄ファミリー、フェアリードールの本線、母父SSの貴重な繁殖牝馬。兄弟には名だたる活躍馬が名を連ねる母は、鉄板繁殖牝馬である。父が初年度のロードカナロアにかわるが、キングカメハメハで成功してきたので大丈夫だろう。ロードカナロアも繁栄ファミリー出身なので種牡馬としては安定して結果を出すはずなので初年度でも狙っていくべき1頭だろう。

前評判

『最初の頃は余り目立った仔でも無かったんですが、見る見る内に成長して来てトゥザヴィクトリーの産駒らしい雰囲気が出て来ました。既に1ハロン14秒台もやっていますが、乗り手に従順で良いフットワークをしています。あと少し走る事に前向きになってくれれば文句ありませんね』との事。夏競馬中にデビューする事が濃厚。

馬名の意味

未来を切り拓く

母名より連想。母の産駒お馴染み“トゥザ◯◯”シリーズ。やはりこの一族はこうでなくてはなるまい。
25 件

関連する記事

トゥザクラウンがノド鳴りを克服し久々の未勝利戦に登場

トゥザクラウンがノド鳴りを克服し久々の未勝利戦に登場

昨年のクラシック有力候補に挙げられたトゥザクラウンが、ノド鳴りで休養してから約9ヶ月ぶりにその姿をターフに現す。トゥザ一族の最高傑作と言われた本馬がここから巻き返しを図れるか。土曜の中京7Rに鞍上ホワイト騎手で参戦。
 3,566
トーセンブレイヴ(ギーニョ2015)のPOG情報

トーセンブレイヴ(ギーニョ2015)のPOG情報

トーセンブレイヴをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 486
ベネンシアドール2015のPOG情報

ベネンシアドール2015のPOG情報

ベネンシアドール2015をPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 871
アーモンドアイが新馬戦を鋭い伸びで2着激走、次走は更に期待

アーモンドアイが新馬戦を鋭い伸びで2着激走、次走は更に期待

GⅠ馬フサイチパンドラの娘、アーモンドアイが新馬戦で後方から驚異的な末脚を披露。先に抜け出したニシノウララはとらえ切れなかったが、3着以下を一瞬で4馬身以上突き放した脚は見ものだった。これはさすがに次は確勝級だろう。
 561
ロードカナロア産駒の有力馬や注目産駒【POG2017-2018】

ロードカナロア産駒の有力馬や注目産駒【POG2017-2018】

2015年に生まれたロードカナロア産駒の中で、特に注目すべき良血馬や評判馬などをピックアップ。日本ダービーの翌週から新馬戦が始まりますので、ドラフト他お目当ての馬は早めに目星を付けておかれる事をオススメ致します。
 10,749

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部