2017年7月21日 更新

トゥザクラウンがノド鳴りを克服し久々の未勝利戦に登場

昨年のクラシック有力候補に挙げられたトゥザクラウンが、ノド鳴りで休養してから約9ヶ月ぶりにその姿をターフに現す。トゥザ一族の最高傑作と言われた本馬がここから巻き返しを図れるか。土曜の中京7Rに鞍上ホワイト騎手で参戦。

3,584

素質は間違いなく一級品

馬体は既に大物の雰囲気を醸し出すトゥザクラウン

馬体は既に大物の雰囲気を醸し出すトゥザクラウン

via google imghp
遂にトゥザクラウンがカムバック。昨年10月の新馬戦で大敗後、持病のノド鳴りが悪化し暫く戦列から離れていた同馬。ようやくその症状もおさまり、実戦復帰出来る状態まで漕ぎ着ける事が出来た模様だ。レース前の追い切りでは新馬前のそれとは全くの別物の動きを披露していた。“キングカメハメハ×トゥザヴィクトリー”は未出走に終わったディナシー以外、全て4勝以上を誇る鉄板配合。今回、無事に勝ち上がれる事が出来れば遅れて来た大物がタイトル獲得へ向けて一歩ずつ階段を上がって行く事になるだろう。

トゥザクラウン

トゥザクラウン(トゥザヴィクトリー2014)

トゥザクラウン(トゥザヴィクトリー2014)

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:トゥザヴィクトリー
母父:サンデーサイレンス
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:1戦0勝(0-0-0-1)
主な戦績:特になし
via google imghp
牧場内の数ある良血馬の中でもひと際目を引く好馬体。筋肉隆々で全体的に頑丈そうな作りは、馬群を割って突き抜けるタフな競馬でも対応してくれそうでクラシックの様な混戦には持って来い。実際に、「調教を重ねる毎に逞しさが増し、トモに力が付いて来て重心の低い走りをしています。体が絞れて来てもカイバ食いも良いですし、操縦性も高くまさに優等生タイプです」との事。ここまで、一度も調教を休んだ事が無いそうで、順調に行けば夏の札幌開催を目標に進められて行く予定。馬体重は520kg前後。

血統背景

キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector Raise a Native
Raise You
Miesque Nureyev
Pasadoble
マンフィス ラストタイクーン トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird Blakeney
The Dancer
トゥザヴィクトリー サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
フェアリードール Nureyev Northern Dancer
Special
Dream Deal Sharpen Up
Likely Exchange


兄弟馬

トゥザグローリー

トゥザグローリー

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:トゥザヴィクトリー
母父:サンデーサイレンス
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:33戦8勝(8-2-2-21)
主な戦績:鳴尾記念、日経新春杯、日経賞、京都記念、中日新聞杯など
トゥザワールド

トゥザワールド

父馬:キングカメハメハ
母馬:トゥザヴィクトリー
母父:サンデーサイレンス
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:12戦4勝(4-5-0-3)
主な戦績:弥生賞、皐月賞2着、有馬記念2着など

近親馬

サイレントディール

サイレントディール

牡馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:フェアリードール
母父:Nureyev
所属:池江泰郎厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:50戦7勝 (7-3-3-37)
主な戦績:シンザン記念、武蔵野ステークスなど
via google imghp
サイレントディール

サイレントディール

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ベネンシアドール
母父:キングカメハメハ
所属:角居勝彦厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:24戦3勝(3-5-1-15)
主な戦績:ローズステークス、ジャパンカップ2着、宝塚記念2着など
via google imghp

血統評価:5.2pt

Nureyevが斧系の切れ味で先行してもスピードだせるのでこの血統の馬は、これがモロに伝わっている。フェアリードール族は、コンスタントに活躍馬を出して勢力を伸ばしており、その中でも一番結果を出したトゥザヴィクトリー母父サンデーサイレンスという超良血でキングカメハメハとその他種牡馬での産駒に明確に差がでてしまっている。今回はキングカメハメハ産駒。そして牝馬より牡馬の方が結果をだしている。しかしながら母トゥザヴィクトリーも兄トゥザワールド、トゥザグローリーもG1取りこぼす事が多く唯一の血統傾向不安材料だろうか。

前評判

ノーザンファーム早来の厩舎長が「現時点のウチのNo.1です」と言い切る好素材。全兄弟に重賞5勝のトゥザグローリーや皐月賞で2着に入ったトゥザワールドがいる超良血馬だ。歴代では最もキレがありそうなタイプと言われており、その兄弟の中で一番馬と言われている。兄達の果たせなかった待望のクラシック制覇がこの馬で実現する可能性も高い。

馬名の意味

栄光に向かって

タイトルの獲得を願って命名。この一族は母からの連想で「To the~=~に向かって」というパターンが多いが、正直何を付けても響きがカッコいい。+要素の強い英単語を組み合わせれば、先ず間違いなく走る馬の様な雰囲気の馬名になるので絶大な安心感がある。

まとめ

ノド鳴りとは、簡単に言えば完全な呼吸が出来なくなる状態の事。運動中、相当な肺活量からたくさんの酸素を必要とする馬にとってこの病気は致命的だ。屈腱炎と共に競走能力を失う症状としてかなり深刻な部類となる。が、今年のダービー3着に入線したアドミラブルもそうだった様に決して復活出来ない訳ではない。今回、9ヶ月もの長期休養は完治に努めた結果だろう。日本一のトレーナーでもある池江泰寿調教師の手腕が問われる所だ。
23 件

関連する記事

トゥザフロンティアが新馬戦を追わずに完勝、距離も問題無し

トゥザフロンティアが新馬戦を追わずに完勝、距離も問題無し

大注目のトゥザフロンティアが中京新馬戦で鮮烈デビューを飾った。直線では口向きの悪さからホワイト騎手がまともに追えない中、先に抜け出したアップファーレンを脚力だけで軽くかわす内容で勝利。トゥザ一族から怪物の誕生か??
 1,880
トーセンブレイヴ(ギーニョ2015)のPOG情報

トーセンブレイヴ(ギーニョ2015)のPOG情報

トーセンブレイヴをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 528
トゥザクラウンが『伝説の新馬戦』で伝説的なデビュー!?

トゥザクラウンが『伝説の新馬戦』で伝説的なデビュー!?

菊花賞当日に行われる『伝説の新馬戦』にあのトゥザクラウンがデビューする。これまで、ブエナビスタやアンライバルド、ヴィクトワールピサにローズキングダムなどの名馬を多数輩出して来ただけに競馬ファンの期待は高まるばかりだ。
 2,542
ベネンシアドール2015のPOG情報

ベネンシアドール2015のPOG情報

ベネンシアドール2015をPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 959
エアウィンザーが北辰特別に2勝目をかけて登場、巻き返し狙う

エアウィンザーが北辰特別に2勝目をかけて登場、巻き返し狙う

エアスピネルの全弟エアウィンザーが日曜札幌の北辰特別に出走。春は歯車が噛み合わずクラシック戦線から外れてしまったが、血統的にも能力は一級品だ。休養を挟んで立て直しを図り秋への飛躍に繋げたい1戦となる。鞍上は福永祐一。
 5,944

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部