2018年6月14日 更新

ディバインコードがHTB杯に出走、2クラスの降級で大本命

重賞で度々好走しているディバインコードがクラス編成により1000万クラスのHTB杯へ登場する。オープンクラスでも勝ち負けを繰り返して来た同馬にとって、これは2クラス下の相手と戦うのと同意だ。絶対に負けられないだろう。

1,079

重賞以外では3着以下無しの実力

2018年04月08日 春雷ステークス 芝1200m 中山競馬場

1着:ペイシャフェリシタ 牝5 (三浦皇成)
2着:セカンドテーブル 牡6 (水口優也)
3着:ディバインコード 牡4 (北村宏司)

レースタイム:1:07.4(良)
レース上がり3ハロン:34.5
勝ち馬上がり3ハロン:33.6
スタートは相変わらずの良さも、初の1200m戦で流れに乗り切れずいつもより後方の位置取りとなったディバインコード。4コーナーで外目を上がって行くと、直線は目の引く伸びを見せる。しかし、もう一列前にスプリント専用機のペイシャフェリシタ、セカンドテーブルがおり惜しくも3着惜敗となった。オープンクラス以下でまだ馬券圏外に散った事は無い安定感は健在。今回のHTB杯のメンバー構成は正直赤子をひねる様なものだろう。初の洋芝とて負けられない1戦となる。

除外された事でケガの功名か?

先週予定していたシルクロードステークスはスプリント戦。初の舞台でスペシャリスト相手に戦うよりも、走り慣れたマイルで勝負を賭けた方が結果は出やすい筈。そういう意味で抽選に漏れた事は同馬にとってむしろ好材料と言えるのではないだろうか。キャリア11戦の内、NHKマイルカップ以外は3着以内という超堅実派の同馬。今回の東京新聞杯でも条件問わず、それなりの走りを見せてくれるのは間違いない。

リゲルSでも強豪馬相手にあと一歩

2017年12月09日 リゲルステークス 芝1600m 阪神競馬場

1着:レッドアンシェル 牡3 (福永祐一)
2着:サトノアーサー 牡3 (川田将雅)
3着:ディバインコード 牡3 (C.ルメール)

レースタイム:1:33.2(良)
レース上がり3ハロン:34.1
勝ち馬上がり3ハロン:33.8
好スタートを決めて折り合いスムーズ、番手からビッシリと逃げ馬をマークし道中を進めるディバインコード。直線コースへ入っても末脚は鈍る事無く、レッドアンシェルにかわされるものの最後まで必死に抵抗し最後はサトノアーサーに差され3着入線で終わる。しかし、安定感とレースセンスの良さはピカイチで、シルクロードステークスこそ立ち回りの上手さが求められる1戦は無いだろう。そういう意味でも今回は期待が大きかったが、抽選で非当選馬となってしまった。次走に期待しよう。

血統背景

ディバインコード(ツーデイズノーチス2014)

ディバインコード(ツーデイズノーチス2014)

牡馬

父馬:マツリダゴッホ
母馬:ツーデイズノーチス
母父:ヘクタープロテクター
所属:栗田博憲厩舎(美浦)
生産:岡田スタッド
馬主:ノルマンディーサラブレッドレーシング

通算成績:14戦3勝(3-3-5-3)
主な戦績:橘ステークスなど
via google imghp
胸回りの筋肉量が凄い。それに比べて後駆全体の肉付きが足りてない印象でややアンバランスだ。しかし、確実に基礎能力は高いと見られ馬体の成長が伴って来ればスピード力豊かな馬に仕上がりそうな雰囲気。実際、既にデビュー後3戦2勝と予想以上の活躍を見せている。

血統構成

マツリダゴッホ サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ペーパーレイン Bel Bolide Bold Bidder
Lady Graustark
フローラルマジック Affirmed
Rare Lady
ツーデイズノーチス ヘクタープロテクター Woodman Mr.Prospector
プレイメイト
Korveya Riverman
Konafa
ユニバース ダンシングブレーヴ Lyphard
Nabajo Princess
ベルシェリー Sovereign Edition
Mia Bella


兄弟馬

ワンスインナムーン 牝

ワンスインナムーン 牝

父馬:アドマイヤムーン
母馬:ツーデイズノーチス
母父:ヘクタープロテクター
所属:斎藤誠厩舎(美浦)
生産:岡田スタッド
馬主:諸江幸祐

通算成績:18戦6勝(6-3-1-8)
主な戦績:スプリンターズステークス3着など
via google imghp

近親馬

特になし

血統評価:1.0pt

全くPOG向きではない。血統背景から強調材料は皆無である。

前評判

岡田スタッドの岡田壮史氏曰く、『これまで見てきたマツリダゴッホ産駒の中でずば抜けて良く見える1頭ですね。筋肉の質が良くてフットワークも俊敏。とにかく素晴らしい動きをしています』との高い評価を与えている。実際、成績もその通りになっており氏の目に狂いはなかった様だ。

馬名の意味

神聖な記号

個人的に名前がツボ。古くはディヴァインライトや今年のディヴァインハイツなどのこの響きがカッコいいだけに名前の時点で指名したくなった。ノルマンディーも地味に良いネーミングをするクラブだ。
24 件

関連する記事

ザスリーサーティ(ツーデイズノーチス2015)のPOG情報

ザスリーサーティ(ツーデイズノーチス2015)のPOG情報

ザスリーサーティをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 1,450
シロニイがリボン賞で4勝目なるか、降級で楽勝ムード漂う

シロニイがリボン賞で4勝目なるか、降級で楽勝ムード漂う

白毛馬シロニイが降級初戦のリボン賞で勝利を積み重ねるか。前走の東大路ステークスでは中団追走から追い込むも勝ち馬に届かず3着の内容だった。今回、リボン賞のメンバーには他に降級馬がおらずほぼタダもらいの1戦となるだろう。
 2,031
レッドアンシェルが垂水Sを勝って再度オープンへ、格で圧倒か

レッドアンシェルが垂水Sを勝って再度オープンへ、格で圧倒か

重賞戦線で勝ち負けを繰り返していたレッドアンシェルが1600万下の垂水Sへ出走。前走もダービー卿CTで勝ち馬から0秒5差、ここは相手関係からして1枚も2枚も格下となる。主戦の福永祐一騎手に戻って楽に勝ち上がりたい。
 817
インヘリットデールが京橋特別で確勝級か、ここでは力が違う

インヘリットデールが京橋特別で確勝級か、ここでは力が違う

降級初戦となった三木特別では同じく1600万クラスから降級のブラックスビーチに完敗したインヘリットデール。しかし、2戦目の今回は相手が全て1000万の現級馬ばかり。さすがにこれは取りこぼせないだろう。鞍上は川田騎手。
 1,111
キセキが宝塚記念で巻き返しか、デムーロ騎手が連覇を狙う

キセキが宝塚記念で巻き返しか、デムーロ騎手が連覇を狙う

日経賞でまさかの暴走、制御不能の走りで敗戦を喫したキセキ。その後、放牧に出して仕切り直しを図った。帰厩後は人馬のコミュニケーションを徹底し、パフォーマンスを全開出来る様に調整。M.デムーロ騎手で大一番の復活を果たす。
 2,640

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部