2017年12月5日 更新

チャレンジカップの過去結果動画と歴代勝ち馬

2017年より別定の2000m戦に戻ったチャレンジカップ。過去18年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!

272

2017年 サトノクロニクル

2017年12月02日 チャレンジカップ 芝2000m 阪神競馬場

1着=③サトノクロニクル 牡3 55 (M.デムーロ) 1番人気
2着=⑧デニムアンドルビー 牝7 54 (C.デムーロ) 5番人気
3着=⑥ブレスジャーニー 牡3 55 (柴田善臣) 2番人気

タイム=1:58.6(良)
レース上がり3ハロン=35.2
勝ち馬上がり3ハロン=34.9

3連複=2,280円
3連単=12,120円

レース回顧

12頭立ての少頭数で行われた1戦。番手追走のマイネルミラノが4コーナーで進出し先頭へ立つ競馬でペースが動いた。その中で3番手から追い付いて行ったサトノクロニクルが直線抜け出しを図り、外から迫るデニムアンドルビーやブレスジャーニー以下を凌いで初重賞制覇を達成。春のクラシック戦線に乗れなかった雪辱を見事に晴らす結果となった。

2016年 マイネルハニー

2016年12月10日 チャレンジカップ 芝1800m 阪神競馬場

1着=⑮マイネルハニー 牡3 55 (柴田大知) 9番人気
2着=④ベルーフ 牡4 57 (V.シュミノー) 5番人気
3着=⑨ケイティープライド 牡6 52 (鮫島克駿) 11番人気

タイム=1:46.5(稍重)
レース上がり3ハロン=36.1
勝ち馬上がり3ハロン=35.8

3連複=74,740円
3連単=470,230円

レース回顧

馬場状態を考えるとやや早めのペースで逃げたダノンメジャー。それを3番手から追い掛けたマイネルハニーが直線で抜け出すと、後続勢の追い込みをギリギリ振り切って重賞初勝利を飾った。2着ベルーフ、3着ケイティープライドが入線し3連単は90万オーバーの波乱。1~15着までが0秒7差の大混戦だった。

2015年 フルーキー

2015年12月12日 チャレンジカップ 芝1800m 阪神競馬場

1着=⑪フルーキー 牡5 57 (M.デムーロ) 1番人気
2着=⑩ヒストリカル 牡6 57 (C.ルメール) 2番人気
3着=⑦シベリアンスパーブ 牡6 54 (松山弘平) 11番人気

タイム=1:46.1(良)
レース上がり3ハロン=35.1
勝ち馬上がり3ハロン=34.2

3連複=8,180円
3連単=27,650円

レース回顧

馬群がひと塊となって直線の瞬発力勝負となった。中団のインから馬群を縫うようにして伸びたフルーキーがアッという間に抜け出して重賞初制覇。鞍上デムーロ騎手の見事な手綱さばきが光った1戦だった。2着には対照的に外から脚を伸ばしたヒストリカル。この差は直線のコース取りの差だろう。3着に11番人気のシベリアンスパーブが入るも3連単は3万円を切る順当な結果に。

2014年 トーセンスターダム

2014年12月13日 チャレンジカップ 芝1800m 阪神競馬場

1着=⑥トーセンスターダム 牡3 55 (武豊) 5番人気
2着=⑤デウスウルト セ6 (川田将雅) 9番人気
同着=⑪フルーキー 牡4 55 (浜中俊) 2番人気

タイム=1:45.9(良)
レース上がり3ハロン=35.5
勝ち馬上がり3ハロン=34.6

3連複=33,620円
3連単=①167,840円
    ②118,990円

レース回顧

圧倒的1番人気のエイシンヒカリが果敢に逃げるも、直線入り口で早くも捕まる展開に。その混戦模様から抜け出したのは同じ3歳のトーセンスターダムだった。クラシック戦線を戦い続けた底力を発揮し、歴戦の強豪牡馬たちを蹴散らして久々の重賞勝利を飾った。2着にはデウスウルトとフルーキーの2頭が同着入線。3連単はふた通りの配当が出た。

2013年 アルキメデス

2013年12月07日 芝1800m 阪神競馬場

1着:⑧アルキメデス 牡4 55 (バルザローナ) 1番人気
2着:⑰カワキタフウジン 牡8 54 (ルメール) 9番人気
3着:⑱ハナズゴール 牝4 55 (デムーロ) 6番人気

タイム=1.46.5(良)
レース上がり3ハロン=34.2
勝ち馬上がり3ハロン=33.6

3連複=26130円
3連単=119330円

レース回顧

18頭の多頭数で行われた同年のチャレンジカップ。直線に入ると各馬一斉に横並びとなって追い出しに掛かるも、堂々と真ん中から抜け出したのは1番人気のアルキメデスだった。坂を上がって先頭に立つと、後方から鋭く追い込んで来たカワキタフウジンとハナズゴールの人気薄2頭を1馬身差振り切りゴールイン。3連単は10万円を超える中波乱決着となった。

2012年 ショウリュウムーン

2012年12月08日 チャレンジカップ 芝1800m 阪神競馬場

1着=⑨ショウリュウムーン 牝5 54 (秋山真一郎) 6番人気
2着=④アドマイヤタイシ 牡5 55 (岩田康誠) 4番人気
3着=⑤タガノエルシコ 牡7 55 (幸英明) 13番人気

タイム=1:46.6(良)
レース上がり3ハロン=36.0
勝ち馬上がり3ハロン=35.6

3連複=164,550円
3連単=901,440円

レース回顧

1~18着までが0.6秒差以内び大混戦。レースをする度に着順が入れ替わる様なメンバー構成だったが、そこからラストでグッと伸びたのは牝馬のショウリュウムーン。直線では屈強な牡馬たちを掻き分ける様にして抜け出し、最後はアドマイヤタイシの猛追を僅差でかわしきり久々の重賞勝利を飾った。3着に13番人気のタガノエルシコが入り、3連単は90万円を超える大波乱で幕を閉じた。

2011年 ミッキードリーム

2011年09月10日 チャレンジカップ 芝2000m 阪神競馬場

1着=④ミッキードリーム 牡4 56 (和田竜二) 1番人気
2着=③エーシンジーライン 牡6 56 (太宰啓介) 7番人気
3着=⑨レディアルバローザ 牝4 54 (福永祐一) 2番人気

タイム=1:59.6(良)
レース上がり3ハロン=34.9
勝ち馬上がり3ハロン=34.4

3連複=1970円
3連単=12590円

レース回顧

少頭数のスローペースで直線ヨーイドンの競馬に。番手から楽な競馬をしたエーシンジーラインが早くも抜け出し逃げ切りの態勢に入るも、1番人気のミッキードリームがその外から強襲。最後はぎりぎりハナ差かわして3連勝での重賞初勝利を飾った。3着には更に後方から追い込んだ2番人気のレディアルバローザが入線し堅い決着。

2010年 キャプテントゥーレ

2010年9月11日 チャレンジカップ 芝2000m ...

2010年9月11日 チャレンジカップ 芝2000m 阪神競馬場

1着=⑥キャプテントゥーレ 牡5 57 (小牧太) 2番人気
2着=⑨プロヴィナージュ 牝5 54 (佐藤哲三) 3番人気
3着=③アドマイヤメジャー 牡4 56 (川田将雅) 1番人気

タイム=1:59.2(良)
レース上がり3ハロン=34.8
勝ち馬上がり3ハロン=34.8

3連複=240円
3連単=1930円
via google imghp

レース回顧

キャプテントゥーレが楽々と逃げ切って朝日チャレンジカップを連覇達成。2着には番手で競馬を進めた牝馬のプロヴィナージュが入り、結果的に行った行ったの競馬となった。圧倒的1番人気のアドマイヤメジャーは後方からの競馬で末脚に賭けたが、一線級の相手に通じる程甘くなかった様だ。3連単は2000円を切る超低額配当。ほぼほぼ人気順の決着となった。

2009年 キャプテントゥーレ

2009年9月12日 チャレンジカップ 芝2000m ...

2009年9月12日 チャレンジカップ 芝2000m 阪神競馬場

1着=⑥キャプテントゥーレ 牡4 56 (川田将雅) 1番人気
2着=⑪ブレイクランアウト 牡3 53 (藤田伸二) 4番人気
3着=⑧トーホウアラン 牡6 57 (鮫島良太) 6番人気

タイム=2:00.0(稍重)
レース上がり3ハロン=34.5
勝ち馬上がり3ハロン=34.0

3連複=7,340円
3連単=25,710円
via google imghp

レース回顧

降雨の中、安定の先行策から直線で抜け出しのは皐月賞馬のキャプテントゥーレ。勝利は目前だったが、外から3歳馬のブレイクランアウトが強襲し激しい叩き合いとなる。しかし、古馬のメンツを保ったキャプテントゥーレがクビ差凌いでその皐月賞以来となる重賞勝利で復活の美酒を味わった。離れた3着には古豪のトーホウアラン。雨中に白い馬体がひと際輝いた。

2008年 ドリームジャーニー

2008年09月15日 チャレンジカップ 芝2000m 阪神競馬場

1着=⑦ドリームジャーニー 牡4 57 (池添) 1番人気
2着=⑧トーホウアラン 牡5 56 (岩田) 4番人気
3着=⑫キャプテンベガ 牡5 56 (福永) 3番人気

タイム=1:58.5(良)
レース上がり3ハロン=35.0
勝ち馬上がり3ハロン=34.2

3連複=1,140円
3連単=3,160円
前走の小倉記念で復活の狼煙を上げたドリームジャーニーが勢いそのままに朝日チャレンジカップも連勝。番手から早目先頭に立ったトーホウアランにキャプテンベガが襲い掛かるも、更に外から脚色の全く違うドリームジャーニーがアッサリとかわし役者の違いを見せつけた。まさにGⅠクラスの馬の走りと言う内容で秋の連戦に向かう。

2007年 インティライミ

2007年9月8日 チャレンジカップ 芝2000m 阪神競馬場

1着=⑦インティライミ 牡5 56 (佐藤哲三) 1番人気
2着=①ブライトトゥモロー 牡5 56 (川田将雅) 3番人気
3着=⑨ゴールデンメイン セ7 56 (小牧太) 7番人気

タイム=2:00.0(良)
レース上がり3ハロン=34.2
勝ち馬上がり3ハロン=33.3

3連複=2,580円
3連単=8,960円

レース回顧

インティライミが直線でエンジンの違いを見せつけて豪快な差し切り勝ち。3歳時の京都新聞杯以来の重賞勝利で復活の雄叫びを上げるゴールだった。やはり潜在能力はピカイチ。2着には更に後方から猛追したブライトトゥモローが入線。しかし、その1馬身以上前にインティライミが悠々と駆け抜けていた。

2006年 トリリオンカット

2006年9月9日 チャレンジカップ 芝2000m 中...

2006年9月9日 チャレンジカップ 芝2000m 中京競馬場

1着=④トリリオンカット 牡6 56 (和田竜二) 7番人気
2着=⑪コンゴウリキシオー 牡4 58 (岩田康誠) 1番人気
3着=⑧ケイアイガード 牡5 57 (池添謙一) 4番人気

タイム=1:57.4(良)
レース上がり3ハロン=35.0
勝ち馬上がり3ハロン=34.4

3連複=4,630円
3連単=52,550円
via google imghp

レース回顧

この年は代替開催で中京競馬場での施行。レースはメジロマイヤーがハイペースで逃げる展開に。番手から絶好の競馬を進めた1番人気のコンゴウリキシオーが直線入り口で先頭に立つとそこから勝ちパターンに持ち込むものの、それ以上の末脚で追い込んだのがトリリオンカットだった。粘るコンゴウリキシオーを最後の最後でクビ差かわし重賞初勝利を飾る。

2005年 ワンモアチャッター

2005年09月10日 チャレンジカップ 芝2000m...

2005年09月10日 チャレンジカップ 芝2000m 阪神競馬場

1着=⑥ワンモアチャッター 牡5 56 (福永祐一) 1番人気
2着=③エリモハリアー セ5 57 (後藤浩輝) 6番人気
3着=⑧ツルマルヨカニセ 牡5 57 (小牧太) 4番人気

タイム=1:59.4(良)
レース上がり3ハロン=35.9
勝ち馬上がり3ハロン=35.7

3連複=2,200円
3連単=12,770円
via google imghp

レース回顧

1番人気ワンモアチャッターが中団から徐々に上がって行くと、直線早め抜け出しからエリモハリアーなど後方待機組の追い上げを何とか振り切って勝利。4着までがクビ、ハナ、クビと壮絶な叩き合いだった。2番人気サクラセンチュリーは位置取りが後方過ぎて差し届かず。

2004年 スズカマンボ

2004年09月11日 チャレンジカップ 芝2000m...

2004年09月11日 チャレンジカップ 芝2000m 阪神競馬場

1着=⑪スズカマンボ 牡3 53 (武豊) 1番人気
2着=⑦ヴィータローザ 牡4 58 (幸英明) 5番人気
3着=③メジロマントル 牡7 56 (吉田豊) 3番人気

タイム=2:01.6(良)
レース上がり3ハロン=34.1
勝ち馬上がり3ハロン=33.7

3連複=2,320円
3連単=13,390円
via google imghp

レース回顧

メジロマントルが前半1000m62秒台の超スローペースに落とし込んで逃げる展開。直線でのキレ味勝負となったが、4番手から鋭く追い込んだスズカマンボが先に抜け出したヴィータローザをハナ差捉えて勝利。3歳馬ながら古馬相手に奮闘した。最下位までが0秒6差の混戦を極めるレースだった。

2003年 カンファーベスト

2003年09月13日 チャレンジカップ 芝2000m...

2003年09月13日 チャレンジカップ 芝2000m 阪神競馬場

1着=②カンファーベスト 牡4 56 (安藤勝己) 2番人気
2着=⑧アラタマインディ 牡6 56 (和田竜二) 10番人気
3着=⑩ヒマラヤンブルー 牡5 56 (四位洋文) 5番人気

タイム=1:58.3(良)
レース上がり3ハロン=35.8
勝ち馬上がり3ハロン=35.3

3連複=28,500円
3連単=39,580円
via google imghp

レース回顧

逃げ馬の直後で競馬を進めたヒマラヤンブルーとアラタマインディ。この2頭が直線で激しい叩き合いをするも、その後ろから一気にまとめて差し切ったカンファーベストが2番人気に応えて勝利を飾った。1番人気サンライズシャークも最速の上がりで追い上げるが、道中の位置取りが後ろ過ぎた。

2002年 タップダンスシチー

2002年09月07日 チャレンジカップ 芝2000m...

2002年09月07日 チャレンジカップ 芝2000m 阪神カップ

1着=②タップダンスシチー 牡5 56 (佐藤哲三) 5番人気
2着=⑤イブキガバメント 牡6 58 (河内洋) 2番人気
3着=④トゥルーサーパス 牡3 52 (後藤浩輝) 1番人気

タイム=1:58.1(良)
レース上がり3ハロン=35.4
勝ち馬上がり3ハロン=35.2

馬単=3,120円
3連複=930円
via google imghp

レース回顧

3番手から前を競り落としたタップダンスシチーがイブキガバメントの追撃をクビ差振り切って重賞初勝利を飾った。ここから怒涛の快進撃を見せ、ジャパンカップや宝塚記念を逃げ切るまでに成長する。3着に1番人気のトゥルーサーパスが入線した。

2001年 イブキガバメント

2001年09月08日 チャレンジカップ 芝2000m...

2001年09月08日 チャレンジカップ 芝2000m 阪神競馬場

1着=③イブキガバメント 牡5 56 (河内洋) 1番人気
2着=⑨トウカイパルサー 牡5 56 (宝来城多郎) 3番人気
3着=①ニホンピロスワン 牝4 54 (和田竜二) 4番人気

タイム=1:59.4(良)
レース上がり3ハロン=34.7
勝ち馬上がり3ハロン=34.2

馬連=600円
via google imghp

レース回顧

逃げ粘るトウカイパルサーを中団から脚を伸ばしたイブキガバメントがゴール前できっちりと差し切り1.8倍の圧倒的支持に応える勝利。そこから2馬身離れた3着には牝馬のニホンピロスワンが入線した。2番人気トウカイオーザは良いところなく4着に敗退。

2000年 ミッキーダンス

2000年09月09日 チャレンジカップ 芝2000m...

2000年09月09日 チャレンジカップ 芝2000m 阪神競馬場

1着=⑬ミッキーダンス 牡5 56 (佐藤哲三) 1番人気
2着=⑤ブリリアントロード 牡6 58 (山田和広) 4番人気
3着=⑥マルカコマチ 牝6 53 (川原正一) 7番人気

タイム=1:58.3(良)
レース上がり3ハロン=35.7
勝ち馬上がり3ハロン=35.2

馬連=1,820円
via google imghp

レース回顧

ヒシピナクルが軽快に飛ばして早めのペースで馬群を引っ張る展開。中団からスーッと上がって行ったブリリアントロードが直線で抜け出しを図ると、そこに1番人気ミッキーダンスが強襲し馬体を併せてのゴールへ。最後はしっかりとクビ差かわして人気に応える快勝だった。3着は最後方から脚を伸ばしたマルカコマチが入線。

まとめ

以上、チャレンジカップの過去18年分のレースまとめ。

同じ阪神競馬場でも前後半で開催時期と距離が異なり参考にはし辛いレースかもしれない。その2012年からのレースだけを見ると基本的に荒れる傾向か。但し、別定戦にしては直線で横並びとなる大接戦が目立つのでそれも年によってコロコロと変わりそう。

好走馬に確たる共通点もなく軸となる展望が難しいものの、強いて挙げれば逃げ先行タイプは苦戦している点か。これまで差し届かずも上がりが最速などを計時して来た馬を積極的に狙って行ってもいいかもしれない。
73 件

関連する記事

京都大賞典の過去結果動画と歴代勝ち馬

京都大賞典の過去結果動画と歴代勝ち馬

秋の飛躍を誓い、古馬の有力馬たちが集結する伝統の京都大賞典。過去18年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 650
小倉記念の過去結果動画と歴代勝ち馬

小倉記念の過去結果動画と歴代勝ち馬

九州の夏競馬に彩を添えるハンデ重賞、小倉記念。過去18年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 421
宝塚記念の過去結果動画と歴代勝ち馬

宝塚記念の過去結果動画と歴代勝ち馬

上半期の総決算であり、ファン投票に選出される競馬界のオールスター、宝塚記念。過去17年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 1,328
朝日杯フューチュリティステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

朝日杯フューチュリティステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

2歳牡馬チャンピオンを決定する朝日杯フューチュリティステークス。過去17年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 337
チャレンジカップ 2017 結果 動画

チャレンジカップ 2017 結果 動画

2日に行われたチャレンジカップはサトノクロニクルが直線鋭く抜け出し、4頭による叩き合いを制して重賞初勝利を達成。2着にデニムアンドルビー、3着にブレスジャーニーが入線した。条件が変わっても3歳馬有利は変わらない。
 280

関連するタグ

著者

マッケン王 マッケン王