2018年1月25日 更新

ダークナイトムーンがセントポーリア賞で早期2勝目を狙う

前走の未勝利戦を快勝して来たダークナイトムーン。年明け初戦に選んだのは芝1800mのセントポーリア賞だが、ここを連勝出来る様なら皐月賞へのローテーションが明確なものになって来る。陣営としては是が非でも勝ちたい1戦。

1,765

ムーア騎手も絶賛の能力

口取りでのダークナイトムーンとムーア騎手

口取りでのダークナイトムーンとムーア騎手

via google imghp
2戦目の未勝利戦で手綱を取った天才ムーア騎手はレース後に、『発馬がいまいちだったので直後から出して行ったが、中盤ではスムーズに走れていた。直線で1頭になるとを物見した様に馬はまだ全然若い。もっと長い距離の方が合うね。潜在能力は出し切っていないからかなり伸びシロはあると思う』とコメント。兄のサダムパテックも古馬になってGⅠを制した様に、同馬の本格化はもっと先かもしれないが期待は膨らむばかり。

危なげない走りで格の違いをアピール

2017年11月25日 2歳未勝利 芝1800m 東京競馬場

1着:ダークナイトムーン 牡2 (R.ムーア)
2着:デルマウォッカ 牡2 (F.ミナリク)
3着:ギャラッド 牡2 (C.ルメール)

レースタイム:1:49.4(良)
レース上がり3ハロン:34.8
勝ち馬上がり3ハロン:34.4
まだ好発までは行かないまでも、しっかりとスタートを決めたダークナイトムーン。鞍上の追いもあり幾らか前でのポジショニングとなった。直線に入って逃げ馬の直後からスッと外目に出すと、後は前をかわして楽々と後続を突き放す内容で鮮やかに勝利。とは言え、走りはまだもたつき加減な部分も見られ今後更にしっかりとパフォーマンスを上げて来るだろう。馬体にも身が入ってくれば上のクラスでも戦える素材と見た。兄妹の活躍以上を期待したい。

馬体にも実が入り充実の一途

馬格も出て逞しい体つきが成長の証

馬格も出て逞しい体つきが成長の証

via google imghp
下の画像と比べれば一目瞭然だ。入厩後、稽古をこなしながらグングンと馬体が良化し、男馬らしい馬体が備わって来ている。尾関調教師も『追い度に動きが良くなって来ています。中長距離が合っていそうだし、兄弟も走っているので先々まで楽しみな1頭ですね』とコメント。母サマーナイトシティはサンデー系の種牡馬と掛け合わせた場合にハズレ無し、ここも当然ながら走って来るに違いない。鞍上は若手のホープ田辺裕信騎手が騎乗する。

ダークナイトムーン

ダークナイトムーン(サマーナイトシティ2015)

ダークナイトムーン(サマーナイトシティ2015)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:サマーナイトシティ
母父:エリシオ
所属:尾関知人厩舎(美浦)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:2戦1勝(1-1-0-0)
主な戦績:2歳未勝利
via google imghp
一見、牝馬と見間違う様な線の細い馬体。どうしてもパンチの足りない見た目となってしまうが、一方でバランス自体はかなりの部類と言える。ここから肉付きが良くなって体に身が入ってくればバケモノになる可能性は十分だ。いずれにせよ、上の2頭が既にGⅠで結果を出している事からも血統的な下地は揃っている。馬体重は不明。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
サマーナイトシティ エリシオ Fairy King Northern Dancer
Fairy Bridge
Helice Slewpy
Hirondelle
ダイアモンドシティ Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Honey's Flag Hoist the Flag
Cathy Honey


兄弟馬

サダムパテック

サダムパテック

牡馬

父馬:フジキセキ
母馬:サマーナイトシティ
母父:エリシオ
所属:西園正都厩舎(栗東)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:大西定

通算成績:30戦6勝 (6-2-3-19)
主な戦績:マイルチャンピオンシップなど
via google imghp
ジュールポレール

ジュールポレール

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:サマーナイトシティ
母父:エリシオ
所属:西園正都厩舎(栗東)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:G1レーシング

通算成績:12戦5勝 (5-2-2-3)
主な戦績:ヴィクトリアマイル3着など
via google imghp

近親馬

特になし

血統評価:2.0pt

ジュールポレールの全弟にあたり、半兄にサダムパテックがいるものの他の兄弟は未勝利と極端な傾向だが、SS系種牡馬との相性だけを考えると十分期待出来る血統背景ではないだろうか。

前評判

『とにかく馬っぷりが抜群ですね。母父がエリシオなので、血統的には中距離でも対応出来る筈。ゆっくりと調整して、秋の東京開催で使えればと思っています』とは、管理予定尾関知人調教師の談。安定感には欠けるが良質な馬を2頭輩出している母サマーナイトシティ。ディープインパクト産駒ならその確率も上がる筈で、ならば当然本馬に大きい期待が寄せられるだろう。

馬名の意味

闇夜の月

母名からの連想による命名。如何にも社台レースホースらしいネーミングといった所だが、普通に走って来そうなイメージが付く。
26 件

関連する記事

エリスライトがフリージア賞に出走、ハイレベルな1戦で試金石

エリスライトがフリージア賞に出走、ハイレベルな1戦で試金石

新馬戦で圧勝の走りを見せたエリスライトが2戦目に混合戦のフリージア賞へ。ブレステイキングやギベオンなど、牡馬のクラシック有力候補相手に勝ち切れば一気に桜花賞の本命候補へ浮上する。鞍上はデビュー戦と同じく蛯名正義騎手。
 2,361
アロハリリーが中1週で未勝利戦に出走、勝ってクラシックへ

アロハリリーが中1週で未勝利戦に出走、勝ってクラシックへ

新馬戦で惜しい2着敗退を喫したアロハリリー。クラシックに間に合わせる為には強行軍だが中1週での未勝利戦でどうしても勝つ必要がある。今後の事を考えても楽な競馬内容での勝ち上がりが理想だろう。鞍上は北村友一に乗り替わり。
 1,030
リンフォルツァンドが京都芝2000mの新馬戦でデビュー

リンフォルツァンドが京都芝2000mの新馬戦でデビュー

角居厩舎からまたしても大物候補が初陣に臨む。ローズステークスを制したタッチングスピーチの全妹リンフォルツァンドが満を持して登場だ。血統的に遅咲きの一族だけに春のクラシックに間に合うかはこの初戦次第。鞍上は浜中俊騎手。
 788
ダノンマジェスティがきさらぎ賞に登場、代打で松若騎手が騎乗

ダノンマジェスティがきさらぎ賞に登場、代打で松若騎手が騎乗

衝撃的な新馬戦デビューを飾ったダノンマジェスティが格上挑戦となるきさらぎ賞に挑む。主戦の和田竜二騎手が騎乗停止の為、管理する音無秀孝厩舎所属の松若風馬騎手が騎乗予定。このコンビで昨年のアメリカズカップから連覇なるか。
 3,543
フィエールマンがハイレベルの新馬戦で叩き合いを制し白星発進

フィエールマンがハイレベルの新馬戦で叩き合いを制し白星発進

ルヴォワールの下でディープインパクト産駒のフィエールマンが待望のデビュー戦を鮮やかに勝利。他にも有力の新馬が集まった1戦で最後の直線は数頭の激しい攻防戦を見事振り切り、関係者の期待に応えて大事な初戦をもぎ取った。
 1,260

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部