2017年10月19日 更新

ダークナイトムーンが田辺騎手を背に東京芝2000mで初陣

兄にサダムパテック、全姉にヴィクトリアマイル3着のジュールポレールがいる血統馬ダークナイトムーン。兄弟よりも距離適性に幅がありそうで先ずは中距離の新馬戦でデビューを迎える。ディープインパクト産駒からまた新星の登場か。

1,112

馬体にも実が入り充実の一途

馬格も出て逞しい体つきが成長の証

馬格も出て逞しい体つきが成長の証

via google imghp
下の画像と比べれば一目瞭然だ。入厩後、稽古をこなしながらグングンと馬体が良化し、男馬らしい馬体が備わって来ている。尾関調教師も『追い度に動きが良くなって来ています。中長距離が合っていそうだし、兄弟も走っているので先々まで楽しみな1頭ですね』とコメント。母サマーナイトシティはサンデー系の種牡馬と掛け合わせた場合にハズレ無し、ここも当然ながら走って来るに違いない。鞍上は若手のホープ田辺裕信騎手が騎乗する。

ダークナイトムーン

ダークナイトムーン(サマーナイトシティ2015)

ダークナイトムーン(サマーナイトシティ2015)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:サマーナイトシティ
母父:エリシオ
所属:尾関知人厩舎(美浦)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:社台レースホース
via google imghp
一見、牝馬と見間違う様な線の細い馬体。どうしてもパンチの足りない見た目となってしまうが、一方でバランス自体はかなりの部類と言える。ここから肉付きが良くなって体に身が入ってくればバケモノになる可能性は十分だ。いずれにせよ、上の2頭が既にGⅠで結果を出している事からも血統的な下地は揃っている。馬体重は不明。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
サマーナイトシティ エリシオ Fairy King Northern Dancer
Fairy Bridge
Helice Slewpy
Hirondelle
ダイアモンドシティ Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Honey's Flag Hoist the Flag
Cathy Honey


兄弟馬

サダムパテック

サダムパテック

牡馬

父馬:フジキセキ
母馬:サマーナイトシティ
母父:エリシオ
所属:西園正都厩舎(栗東)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:大西定

通算成績:30戦6勝 (6-2-3-19)
主な戦績:マイルチャンピオンシップなど
via google imghp
ジュールポレール

ジュールポレール

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:サマーナイトシティ
母父:エリシオ
所属:西園正都厩舎(栗東)
生産:10戦4勝 (4-2-2-2)
馬主:G1レーシング

通算成績:11戦5勝 (5-2-2-2)
主な戦績:ヴィクトリアマイル3着など
via google imghp

近親馬

特になし

血統評価:2.0pt

ジュールポレールの全弟にあたり、半兄にサダムパテックがいるものの他の兄弟は未勝利と極端な傾向だが、SS系種牡馬との相性だけを考えると十分期待出来る血統背景ではないだろうか。

前評判

『とにかく馬っぷりが抜群ですね。母父がエリシオなので、血統的には中距離でも対応出来る筈。ゆっくりと調整して、秋の東京開催で使えればと思っています』とは、管理予定尾関知人調教師の談。安定感には欠けるが良質な馬を2頭輩出している母サマーナイトシティ。ディープインパクト産駒ならその確率も上がる筈で、ならば当然本馬に大きい期待が寄せられるだろう。

馬名の意味

闇夜の月

母名からの連想による命名。如何にも社台レースホースらしいネーミングといった所だが、普通に走って来そうなイメージが付く。

編集部の評価

馬名がイマイチだが個人的にはそれなりにおすすめ出来る馬と判断しているが指名はしない。(大川)
上の2頭はいずれもマイル前後で実績を残しているが、どう考えても中距離までなら対応可能な血統。要は気性と調整次第でどうにでもなるイメージで、今回は尾関知人厩舎。あまりクラシックと縁が無いヤネではあるが、育て方次第では十分に有力馬になれるだけの素材という雰囲気は感じる1頭。(田中)
23 件

関連する記事

マウレアが赤松賞で好メンバー相手にV、桜花賞候補へ名乗り

マウレアが赤松賞で好メンバー相手にV、桜花賞候補へ名乗り

新馬戦に続き昇級初戦の赤松賞をマウレアが差し切り勝ち。直線馬群の狭い所を割って突き抜ける勝負根性を見せ、見事強敵達を蹴散らしての勝利で連勝を飾った。姉アユサンと姉妹制覇を目指すべく、春の仁川を目指して駒を進めて行く。
 316
ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

圧倒的人気のワグネリアンが、道中後方から4コーナーで進出。直線外に出すと抜群の反応で先頭に立ち、坂を駆け上がってからはターフビジョンを確認しながら追う余裕の競馬だった。これでクラシック最有力候補が確定、次は弥生賞だ。
 6,436
フランツが新馬戦を快勝、大外から楽に差し切り大物の片鱗

フランツが新馬戦を快勝、大外から楽に差し切り大物の片鱗

良血フランツがその血統に恥じない走りを見せ、新馬戦を衝撃的な勝利で飾った。道中は最後方追走、4コーナーで大外を膨らみながら安全なコースに進路を取ると最後は鞍上に軽く追われてサッとかわす調教の様な競馬。素質は一級品だ。
 1,179
レッドベルローズが豪脚一閃で強豪を差し切り、デビュー戦V

レッドベルローズが豪脚一閃で強豪を差し切り、デビュー戦V

ディープインパクト産駒の牝馬レッドベルローズが父譲りの末脚を武器に新馬戦を快勝。道中後方追走から直線大外を豪快に突き抜け、先に抜け出したエルディアマンテとの叩き合いを制して価値ある勝利を手にした。牝馬戦線の有力馬だ。
 847
レッドサクヤが赤松賞に登場、連勝でいざ2歳チャンピオンへ

レッドサクヤが赤松賞に登場、連勝でいざ2歳チャンピオンへ

新馬戦を完勝したレッドサクヤが東京500万下、赤松賞に出走。前走は不良馬場ながらしっかりとした脚取りで抜け出す内容、良馬場で更にパフォーマンスは上がると見てここを勝利すれば年末の阪神JFへ弾みが付く。鞍上は浜中騎手。
 187

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部