2017年7月25日 更新

ダブルフラット(アガルタ2015)のPOG情報

ダブルフラットをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

595

馬体診断

ダブルフラット(アガルタ2015)

ダブルフラット(アガルタ2015)

牡馬

父馬:マンハッタンカフェ
母馬:アガルタ
母父:キングカメハメハ
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス
via google imghp
馬体だけ見ればバランス良し、肉付き良し、立ち姿の雰囲気良しとかなり完成度の高そうな1頭。先日、母の全兄弟ミスアンコール産駒のワグネリアンが驚異的なパフォーマンスで勝ち上がっている事から一族の勢いもある。時としてとんでもない大物を輩出するマンハッタンカフェ産駒という点も加味すれば非常に面白い1頭。金子真人氏がセレクトセールにて8600万円で落札しているが、実は氏の活躍馬のほとんどが1億円に届かないくらいの額で取り引きした馬というのも興味深いデータだ。馬体重は不明。

血統背景

マンハッタンカフェ サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
サトルチェンジ Law Society Alleged
Bold Bikini
Santa Luciana Luciano
Suleika
アガルタ キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
ブロードアピール Broad Brush Ack Ack
Hay Patcher
Valid Allure Valid Appeal
Alluring Girl


兄弟馬

プロレタリアト

プロレタリアト

牝馬

父馬:ハーツクライ
母馬:アガルタ
母父:キングカメハメハ
所属:小島茂之厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:田原邦之

通算成績:22戦4勝 (4-2-3-13)
主な戦績:古都ステークスなど
via google imghp

近親馬

特になし

血統評価:3.0pt

母の全姉はミスアンコールでブロードアピール一族の中で実績は一番だしているが、こちらの方が配合種牡馬が劣るものの4勝2頭で全馬1勝以上と安定感がある為、当馬にも期待はできる。ファミリーとしては、ある程度可能性を感じる実績があるので兄弟よりも結果を出す可能性は十分ある。

前評判

確たる評判は入って来ていないが、今の流れ的にかなりそそられる血統背景だ。母アガルタはこれまで3頭の産駒の内、全頭勝ち上がりで内2頭は4勝以上と子出しは悪くない。しかも、いずれもが違う種牡馬である事からも繁殖能力の裏付けはある。今回、マンハッタンカフェを配合されたという事で満を持して金子真人氏自身が手を出して来た経緯もかなり良い傾向ではないだろうか。預託先が角居厩舎と言い、クラシック戦線に乗って来る下地は整いつつある。

馬名の意味

重変記号(音楽用語)

従兄弟にあたるワグネリアンもそうだが、音楽に関連する用語が多い今年の産駒。金子真人氏もそろそろネーミングのネタが尽きてきたのか若干のシリーズ化傾向が見られる。

編集部の評価

ワグネリアンのデビュー戦を見て、それぞれの母の実績を考えると現時点ではありはありなのだが、冒険感はやはり強いので個人的には、注目も指名となると迷わず見送る。(大川)
母の産駒実績、マンハッタンカフェ産駒、金子真人氏が落札、角居勝彦厩舎、ワグネリアンのデビュー戦…これだけの要素が揃えば十中八九走って来る様に思えて仕方ない。個人的には指名しない予定だが、デビュー時期と他馬の状況次第では急浮上する素材である事は間違いない。今後も引き続きチェックは欠かせないだろう。(田中)
19 件

関連する記事

レッドヴェイロンが折り返しの未勝利戦に登場、確勝級の1戦

レッドヴェイロンが折り返しの未勝利戦に登場、確勝級の1戦

前走の新馬戦でスーパーフェザーの2着に敗れたレッドヴェイロン。しかし、レースでは終始引っ掛かり気味の内容で不完全燃焼、仕切り直しの未勝利戦で早期勝ち上がりを目指す。鞍上は引き続き、名手武豊騎手。ここは負けられない。
 2,074
ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

圧倒的人気のワグネリアンが、道中後方から4コーナーで進出。直線外に出すと抜群の反応で先頭に立ち、坂を駆け上がってからはターフビジョンを確認しながら追う余裕の競馬だった。これでクラシック最有力候補が確定、次は弥生賞だ。
 6,585
エルディアマンテが叩き合いに競り負けるも次走は勝利濃厚か

エルディアマンテが叩き合いに競り負けるも次走は勝利濃厚か

期待の素質馬エルディアマンテが新馬戦で壮絶な叩き合いの末2着に敗退。しかし、3着以下には6馬身差を付けている事からも同世代では実力が上位なのは間違いない。次走、余程のアクシデントが無ければあっさりと勝ち上がるだろう。
 1,129
シーリアが新馬戦で2着、牡馬相手に健闘の内容で次走に期待

シーリアが新馬戦で2着、牡馬相手に健闘の内容で次走に期待

GⅠ馬2頭を兄に持つシーリアが新馬戦で意地の2着入線を果たした。最後の直線で前が狭くなる不利を受けつつも、牡馬相手に最後まで諦めない走りで良血馬の意地を見せた。牝馬限定に戻れば確勝級で、今後の活躍が期待される1頭。
 3,666
アドマイヤキングが萩ステークスに出走、鬼門の1戦を制すか

アドマイヤキングが萩ステークスに出走、鬼門の1戦を制すか

新馬戦を楽な内容で勝ち上がったアドマイヤキング。間髪を開けずに臨む1戦はオープン戦の萩ステークスだ。同レースは少頭数での施行が多いものの、有力馬が負けるシーンも多く人気馬にとっては鬼門。逆に連勝出来れば未来は明るい。
 2,597

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部