2018年3月22日 更新

ダノンマジェスティが大寒桜賞に出走、前走のリベンジを期す

1番人気に支持されたきさらぎ賞は暴走気味の走りで惨敗。気性の荒さがクローズアップされたダノンマジェスティだが矯正期間を経て2勝目を目指す。折り合いが大事となる長距離戦、大寒桜賞で果たしてどんな走りを見せてくれるのか。

4,053

きさらぎ賞では4コーナーを逸走

2018年02月04日 きさらぎ賞 芝1800m 京都競馬場

1着:サトノフェイバー 牡3 (古川吉洋)
2着:グローリーヴェイズ 牡3 (M.デムーロ)
3着:ラセット 牡3 (藤岡佑介)

レースタイム:1:48.8(良)
レース上がり3ハロン:35.4
勝ち馬上がり3ハロン:35.4
スタート直後から口を割り鞍上の支持に逆らうダノンマジェスティ。道中後ろからグローリーヴェイズが上がって行くと、それに呼応する様に持って行かれる始末。4コーナーではコースを逸走しそうになりまともに追えない状態で直線コースへ。松若風馬騎手が全く御せずレースにすら参加出来ない走りでノーカウントとして良いだろう。今回はベテランの内田博幸騎手を迎え、しっかりと押さえ込みながらパフォーマンスを引き出してくれる事を願うのみ。まともに走れば重賞クラスのポテンシャルなのは間違いない。

音無厩舎×松若騎手のタッグ

最終追い切りも上々の動きを見せるダノンマジェスティ

最終追い切りも上々の動きを見せるダノンマジェスティ

via google imghp
新馬戦で手綱を取った和田竜二騎手が騎乗停止中の為、今回は音無秀孝厩舎所属の松若風馬騎手が代打で抜擢。とは言え、このタッグは昨年の同レースをアメリカズカップで制しており非常に相性は良い。格上挑戦となるが、能力的には既にオープンクラスのものを示しており普通に回ってくれば上位争いは必至だろう。血統的にも1番人気が予想され、勝てば一気にクラシック有力馬として浮上する。

子供の走りで大人のキレ味

2017年12月24日 2歳新馬 芝1800m 阪神競馬場

1着:ダノンマジェスティ 牡2 (和田竜二)
2着:サンティーニ 牡2 (松若風馬)
3着:ボルティモア 牡2 (藤岡康太)

レースタイム:1:49.9(良)
レース上がり3ハロン:33.5
勝ち馬上がり3ハロン:33.0
サンティーニがロケットスタートから先手を奪ってハナへ。その後にボルティモアが続き、人気のダノンマジェスティとシンハラージャは後方から。そのまま淡々とレースが進むと最後の直線コースでキレ勝負となる。外に持ち出したダノンマジェスティが終始フラつきながらも鮮やかに差し切ってデビュー戦を白星で飾る。気性面でやや扱い辛い面も見せており、これが上手く内包出来る様になればかなりの大物成長するかも知れない。

順調に乗り込まれ仕上がり上々

坂路を颯爽と駆け上がるダノンマジェスティ

坂路を颯爽と駆け上がるダノンマジェスティ

via google imghp
2週前追い切りではCWコースで絶好の動きを披露。さすがの血統馬といった内容で新馬戦の走りに弾みを持たせる内容だった。アルアインも新馬戦を見事な差し切りでその後年内連勝を達成している様にいきなりから動ける一族。その兄よりもシャープで研ぎ澄まされた馬体の印象からも、みっともない競馬をする事はほとんどあるまい。後は強敵と目されるシンハラージャとの一騎打ちを制し、高らかにクラシック戦線の有力馬候補に名乗りを上げたい。

ダノンマジェスティ

ダノンマジェスティ(ドバイマジェスティ2015)

ダノンマジェスティ(ドバイマジェスティ2015)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ドバイマジェスティ
母父:Essence of Dubai
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:ダノックス

通算成績:2戦1勝(1-0-0-1)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
幼駒の頃の画像だが、見るからにバランスが良い好馬体。2016年セレクトセールで2億2000万円もの高額取引きをされた訳も十分だ。アルアインと瓜二つのシルエットで、その兄は言わずもがな2017年の皐月賞馬。日本ダービーでも不完全燃焼ながら5着入線と健闘した事を踏まえてもこの血統は距離も大丈夫だろう。馬体重は春の取材時点で460kg。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
ドバイマジェスティ Essence of Dubai Pulpit A.P.indy
Preach
Epitome Summing
Honest and True
Great Majesty Great Above Minnesota Mac
Ta Wee
Mistic Majesty His Majesty
Necaras Miss


兄弟馬

アルアイン

アルアイン

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ドバイマジェスティ
母父:Essence of Dubai
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:9戦4勝(4-2-0-3)
主な戦績:皐月賞、毎日杯など
via google imghp

近親馬

特になし

血統評価:4.0pt

母アメリカの名牝。産駒もJRAデビュー馬は2頭とも3勝以上で、全兄のアルアインはクラシック馬になっているので当馬も同様に期待できる。POG向きの血統だろう。当馬が活躍するようであれば母はPOGの鉄板繁殖牝馬になるだろう。

前評判

『動き出しが遅かったんですが、走りには柔らかさがあって走る雰囲気を感じますね。このまま行けばすぐに遅れも挽回出来ると思います。入厩時期は未定で、まだまだ成長を促しながらゆっくりと進めて行きます。能力の高い馬というのは間違いありませんから』との事。兄のアルアインもデビューは10月最終週だった。首を長くして待ちたい。

馬名の意味

冠名+母名

ダノックスお得意のそのままネーミング。だが、ダノンの響きが大体の横文字をカッコよく聞こえさせるから不思議だ。GⅠ馬に相応しい命名。
28 件

関連する記事

アルアインが大阪杯で僅差の3着に敗れる、最後はキレ負け

アルアインが大阪杯で僅差の3着に敗れる、最後はキレ負け

大阪杯でアルアインは最後の直線、先に抜け出した1番人気スワーヴリチャードを捉えられず、逆に後ろから僚馬ペルシアンナイトに差されて3着と完敗した。ディープインパクト産駒ながら瞬発力の無いタイプだけに苦しい展開だった。
 4,323
サラキアがフローラSに出走、距離延長でゲート難をリカバリー

サラキアがフローラSに出走、距離延長でゲート難をリカバリー

チューリップ賞では出遅れながらも4着と好走したサラキア。スタートの立ち遅れはほぼ常習と見て、今回は道中巻き返しが可能となる2000mのフローラSでオークスの権利を取りに行く構えだ。能力は一級品、後は鞍上の運び方次第。
 2,514
オハナがフローラSでオークスの権利取りへ、末脚炸裂なるか

オハナがフローラSでオークスの権利取りへ、末脚炸裂なるか

クイーンカップではジリジリ伸びるも4着に敗れたオハナ。馬体面も考え桜花賞は無理する事なくパス、しっかりと休養を経てオークスに照準を合わせてフローラステークスに駒を進めて来た。身も内容も大きく成長した走りを期待したい。
 1,277
グレートウォリアーが新緑賞出走、ダービーへ望み繋げるか

グレートウォリアーが新緑賞出走、ダービーへ望み繋げるか

前走の大寒桜賞で惜しくも2着に敗れたグレートウォリアーが今回も同じく長距離の500万新緑賞で2勝目を狙う。厳しいローテにはなるが、ここを勝利出来れば日本ダービー出走への望みがギリギリ繋がる事になる。鞍上は福永騎手。
 3,725
ワグネリアンが皐月賞で1番人気を裏切る7着、次走に暗雲

ワグネリアンが皐月賞で1番人気を裏切る7着、次走に暗雲

皐月賞で期待されたワグネリアンが後方待機策から末脚不発の敗退、稍重馬場で自慢のキレ味が削がれてしまい全く見せ場なく終わってしまった。これまでのレースぶりが嘘かの様な競馬で、日本ダービーに向けて不安要素が高まる一方だ。
 10,180

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部