2018年6月12日 更新

ダイワキャグニーがエプソムCで14着大敗、重馬場に泣き失速

エプソムカップで1番人気に支持されたダイワキャグニーだったが、馬場の悪化に対応出来ずよもやの敗退。道中から行きっぷりが悪く、脚元を気にした走りで全く力を出し切れずに終わってしまった。次走以降、良馬場で見直したい。

1,577

ノメって一切競馬にならず

2018年06月10日 エプソムカップ 芝1800m 東京競馬場

1着:サトノアーサー 牡4 (戸崎圭太)
2着:ハクサンルドルフ 牡5 (川田将雅)
3着:グリュイエール 牡6 (福永祐一)

レースタイム:1:47.4(重)
レース上がり3ハロン:35.9
勝ち馬上がり3ハロン:35.2
レース映像を見ても分かる様に、道中からしてやや追っ付け気味でもズルズルとポジショニングを下げて行くダイワキャグニー。本来なら持ったままの手応えで先頭に並び掛ける程の走りだが、今回に関しては見る影も無かった。そのまま直線でも良い所無く、ただただ走り回って来ただけの内容の14着と日本ダービーに並んでキャリア史上最低着順でフィニッシュとなった。関係者も『馬場に尽きる』とコメントしており、また良い馬場状態での活躍を期待したい。

メイSはまさに完勝の競馬

2018年05月19日 メイステークス 芝1800m 東京競馬場

1着:ダイワキャグニー 牡4 (横山典弘)
2着:ストーンウェア 牡6 (蛯名正義)
3着:サトノアーサー 牡4 (H.ボウマン)

レースタイム:1:45.6(良)
レース上がり3ハロン:34.6
勝ち馬上がり3ハロン:34.1
道中は中団の馬群を追走、直線で上手く進路を確保して追い出されるとビュンと加速しあっという間に先頭へ。後は後続の猛追を危なげなく振り切ってオープンクラス2勝目を飾ったダイワキャグニー。未だ重賞タイトルを獲得していない事が信じられないが、もし初勝利するならこのエプソムカップが最も相応しいだろう。東京芝1800mの立ち回りは恐らく現役でも最上位、横山典弘騎手が巧みなエスコートで待望の重賞初勝利へ導いてみせる。

東京コースは庭と化す

東京新聞杯と同舞台のキャピタルSを快勝

東京新聞杯と同舞台のキャピタルSを快勝

via google imghp
恐ろしい程にテンションが上がりイレ込みがひどかった日本ダービー(14着)を除けば、東京競馬場では凡走が無いダイワキャグニー。4着に敗れた毎日王冠もリアルスティールやサトノアラジン相手にゴールまで必死で抵抗していた。当日の気配次第ではあるが、普通に回ってくればこのGⅢクラスなら間違いなく勝ち負けになるだろう。まだタイトルを獲得していない事の方がおかしいレベルの好素材、ここで一気に飛躍のキッカケを作りたい。

ダイワキャグニー

ダイワキャグニー(トリプレックス2014)

ダイワキャグニー(トリプレックス2014)

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:トリプレックス
母父:サンデーサイレンス
所属:菊沢隆徳厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:大城敬三

通算成績:11戦5勝(5-0-1-5)
主な戦績:メイステークスなど
via google imghp
馬体重は500kg近い大型馬。しかし、画像を見る限り、非常に均整の取れた好馬体で父キングカメハメハよりも母父サンデーサイレンスの影響を色濃く受け継いだ印象だ。いずれにせよ、パワーよりもキレタイプである事は間違いなさそうで如何にも走って来そうな雰囲気。これは見た目だけで言えばトップランクに入るレベル。

血統背景

キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector Raise a Native
Raise You
Miesque Nureyev
Pasadoble
マンファス ラストタイクーン トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird Blakeney
The Dancer
トリプレックス サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
cosmah
Wishing well Understandings
Mountain Flower
トリプルワウ Coastal Majestic Prince
Alluvial
Iva Reputation Sir Ivor
Reputation


兄弟馬

特になし

近親馬

特になし

血統評価:1.7pt

母父がSSという事以外は強調材料がない、兄弟もこれまでとくに走っていないのでここに来て父がかわったとはいえ走る可能性は低いだろう。

前評判

社台レースホース代表の吉田哲哉氏曰く、「気性面が凄く穏やかで乗り手を選びません。メンタルの良さは走る上で大きな武器になりますよ。父も良いと言ってくれていますし期待しています」とのお墨付き。兄弟はそれぞれ適度に走ってはいるがトリプレックス初のキングカメハメハ産駒という事で、サンデーサイレンスとの相性も良く一気に大化けする可能性も有り得る。

馬名の意味

冠名+人名

ダイワ自体が完全な和名なので、その後に何を付けても一気に格好良くなるというイメージはない。こればっかりは馬が走って来た後に名前が程よく定着するのを待つしかあるまい。しかし、キャグニーって一体誰なんでしょうかw
25 件

関連する記事

ダイヤモンドビコー2014(馬名:ゼンノワスレガタミ)を指名する!?

ダイヤモンドビコー2014(馬名:ゼンノワスレガタミ)を指名する!?

「ダイヤモンドビコー2014」をPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2016-2017のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 717
シラユキヒメ2014(馬名:シロニイ)を指名する!?

シラユキヒメ2014(馬名:シロニイ)を指名する!?

「シラユキヒメ2014」をPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2016-2017のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 1,987
グローブシアターが三田特別を逃げ切りV、2連勝で覚醒寸前

グローブシアターが三田特別を逃げ切りV、2連勝で覚醒寸前

グローブシアターが前走に続き三田特別を楽々と逃げ切って2連勝を達成。長距離路線に転向後、無類のスタミナが活かされて本格化まであと一歩か。これまでの兄弟とは違う形で台頭するも、母シーザリオの血の濃さを見せ付けて欲しい。
 3,569
インヘリットデールが三木特別で仕切り直し、降級戦で確勝か

インヘリットデールが三木特別で仕切り直し、降級戦で確勝か

年明け2走の1600万下でも存在感のあるレースを見せていたインヘリットデール。クラス編成が行われ、降級で再び1000万下からのスタートとなるが今回の三木特別はメンバーを見渡しても格下馬ばかり。楽に勝って昇級したい。
 1,078
ハナレイムーンが1000万下を快勝、連勝でOP入り目指す

ハナレイムーンが1000万下を快勝、連勝でOP入り目指す

ノースフライトを祖母に持つハナレイムーンが条件戦の1000万下を余裕のレース運びで連勝。内容からも次走の1600万下で十分通用するものであり、このまま一気にオープン入りを果たしたい。来年の牝馬短距離路線に殴り込みだ。
 2,100

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部