2018年2月19日 更新

ダイヤモンドステークス 2018 結果 動画

非常にシンプルな競馬でフェイムゲームが圧勝。後方から長い脚を使って前をあっさりと差し切る内容、断トツのトップハンデだっただけに立派のひと言だ。これでキャリア重賞6勝目、足りない長距離のタイトルは天皇賞春のみとなる。

389

ダイヤモンドステークス2018の結果

ダイヤモンドステークス2018の動画

レース回顧

グランアルマダが押して引き離し気味に先頭へ立つも早々にペースは落ち着きスローペース。離れた2番手集団が固まり、そこから少し離れた後方2番手に注目のフェイムゲームが追走。暫くはそのままレースが進むも、徐々に後ろからポジションを上げて行ったフェイムゲーム。それにつられて各馬も一気にペースアップ、4コーナーでは馬群が凝縮する形で直線コースい入った。一旦は早目に抜け出したソールインパクトが単独先頭となるも、更にその外から着実にフェイムゲームが差を詰め半ばでかわして楽々とゴールイン。圧倒的なトップハンデにも関わらず各馬を相手にしない堂々の競馬でフェイムゲーム同レース3連覇を達成した。アルバートと言い、長距離路線はまだまだ世代交代とは行かない様である。それにしてもレジェンドセラーなど、その他の馬がだらしな過ぎる。

勝ち馬フェイムゲーム

フェイムゲーム

フェイムゲーム

セン馬

父馬:ハーツクライ
母馬:ホールオブフェーム
母父:アレミロード
所属:宗像義忠厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:28戦7勝 (7-3-1-17)
主な戦績:目黒記念、ダイヤモンドステークス、アルゼンチン共和国杯など
via google imghp
今回の勝利で積み重ねた重賞タイトル数は6。キャリアでは未勝利以外の勝利が重賞と実に馬主孝行な1頭。特に2500m以上のレースで5勝とケタ違いの長距離適性を誇り、父ハーツクライと母父アレミロードの配合が見事にマッチングした競走馬だろう。既にセン馬となっており種牡馬の道は絶たれてしまった為、目指すべきはGⅠレースただ一本。今年が最後のチャンスであろう天皇賞春で最高の結果を期待したい。サンデーレーシング所有馬の中でも極めて稀有な存在と言える。

レースを振り返ってのベスト予想

◎フェイムゲーム
◯プレストウィック
△ホウオウドリーム
レジェンドセラー
リッジマン
ソールインパクト
リッチーリッチー

馬連:想定11点:△的中、三連単:想定60点:◯勝利

本命は斤量背負っててもフェイムゲーム1択。対抗以下は単穴ありでも良いが以下6頭まで。それ以外の馬を選択しないで7番人気の単勝20倍前後以下あたりまでの勝負を想定するべきレースだった。

全着順結果

RR:101.9 ※想定RR:100.8

                               
着順 馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 タイム(着差) 本印 田中 清水 大川結城 単勝オッズ
1 14 フェイムゲーム 58.5 Cルメ 112.1 3:31.6 2.7
2 1 リッジマン 52.0 蛯名 103.0 1.3/4 × 7.5
3 6 ソールインパクト 54.0 福永 104.4 1.1/4 11.7
4 7 リッチーリッチー 54.0 内田 103.0 クビ × 21.3
5 3 プレストウィック 55.0 戸崎 102.3 クビ 7.3
6 2 ハッピーモーメント 54.0 津村 100.6 1.1/4 × × × 25.2
7 5 ホウオウドリーム 52.0 松岡 93.0 1.3/4 4.7
8 9 トウシンモンステラ 53.0 北村宏 100.8 3/4 × 130.6
9 10ダウンザライン 48.0 石神 90.0 5 158.2
10 8 レジェンドセラー 54.0 田辺 96.0 3.1/2 5.6
11 12 グランアルマダ 54.0 三浦 90.5 7 57.0
12 13 トレジャーマップ 50.0 江田 90.0 2.1/2 118.5
13 4 ラブラドライト 53.0 中谷 95.7 大差 × × × 55.1
14 11 サイモントルナーレ 48.0 伊藤 93.4 2.1/2 403.8


配当&本印予想結果

馬連予想 ⑤⑭-①③⑥⑦⑧ 的中
単勝 14 270円 枠連 1-8 1,360円
複勝 14 140円 ワイド 1-14 470円
1 230円 6-14 580円
6 260円 1-6 1,170円
馬連 1-14 1,030円 馬単 14→1 1,630円
三連複 1-6-14 3,460円 三連単 14→1→6 12,630円


危険な人気馬結果 レジェンドセラー→10着(3人気)

距離適性についてはもう一度見てからの判断になるが、今回は終始後ろからペースアップさせられる様な形となり息も入りにくかったのだろう。加えてどこか突っ張った様な走りで固めの馬場自体も合っていなかったのかもしれない。ここまで大きく負けると少し掴めない敗戦だ。

穴馬予想結果 リッジマン→2着(5人気)

思惑通り、道中は内枠でジッと我慢。脚を溜めに溜め、直線で上手く進路を確保し爆発させたリッジマン。フェイムゲームには一歩及ばなかったが、条件馬の身でこの走りは金星に近い価値がある。とは言え、穴人気していた事からも配当はそこまで上がらず。

編集部の回顧

本命フェイムゲームの1択レース。対抗プレストウィックはともかく、個人的にもそう思っていたが如何せん連下を拾い過ぎた格好だ。3連単は何とかプラスにもって行けたが、馬連は的中するもトリガミ。せっかくの簡単な展望で取りこぼしは勿体無い。(田中)
やはり、終わってみればフェイムゲームというレース。強いですね。脱帽です。リッジマンも良く走りましたが、春天に出てきたとしても今の時点では厚い印は打てない気がします。ホウオウドリーム、大外をぶん回しての立ち回りは立派でしたが最後は思い切りバテてました。変わり身はなかったですね…涙。(清水)
結果レベルが低くこの斤量でも本命フェイムゲームの完勝。きわどくトリガミだが問題ない。3着リッチーリッチーだったらよかったのにおしかった。レジェンドセラーは少し不可解な負けだったようにうつった。(大川)
若い馬に期待したが、これだけハンデ差をもらいながらも全く抵抗できず。勝ち馬の長距離適性の高さというより、他馬の非力さだけが印象として残った。予想も2着馬をヒモでしか扱えず撃沈。(結城)

ダイヤモンドステークス2018の予想

◎フェイムゲーム

フェイムゲーム

フェイムゲーム

セン馬

父馬:ハーツクライ
母馬:ホールオブフェーム
母父:アレミロード
所属:宗像義忠厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:27戦6勝 (6-3-1-17)
主な戦績:目黒記念、ダイヤモンドステークス、アルゼンチン共和国杯など
via google imghp
確かにハンデは背負わされた印象だが、それでもこのメンバーでは実績含めて抜け切っているフェイムゲーム。よっぽどの事が無い限りはしっかりと勝つ競馬を見せてくれるだろう。ステイヤーズステークスで同斤量のプレストウィックと2馬身差、それが今回は3.5kg差と開いた事でどこまで詰まるか見ものである。

◯ホウオウドリーム

ホウオウドリーム

ホウオウドリーム

牡馬

父馬:ルーラーシップ
母馬:メジロドーベル
母父:メジロライアン
所属:矢作芳人厩舎(栗東)
生産:レイクヴィラファーム
馬主:小笹芳央

通算成績:9戦3勝(3-0-2-4)
主な戦績:南部特別など
via google imghp
昇級戦となった早春ステークスでは後方から末を伸ばすも勝ち馬から1馬身差の4着。しかし、10kgの馬体増でやや余裕残しの馬体だった事からも決して悲観する内容では無い。走りを見てもバテるイメージが湧かず、今回は52kgの軽斤量でチャンス到来の予感。フェイムゲームにキレで勝てば自ずとその先にタイトルも待っているだろう。

▲リッジマン

リッジマン

リッジマン

牡馬

父馬:スウェプトオーヴァーボード
母馬:アドマイヤモンロー
母父:Caerleon
所属:庄野靖志厩舎(栗東)
生産:辻牧場
馬主:辻牧場

通算成績:20戦4勝(4-3-0-13)
主な戦績:札幌日刊スポーツ杯など
via google imghp
血統的にステイヤーというのが想像も付かないが、実際に2600m以上のレースで安定した成績を残しているリッジマン。特に前走の万葉ステークスは格上挑戦にも関わらず勝ちに等しい2着、距離が延びれば延びる程にしぶとさが増すタイプなのだろう。ハンデも楽、内枠からすんなりと先手を取れれば長い直線も粘り切るだけのスタミナは持ち合わせているのではないだろうか。

▲プレストウィック

プレストウィック

プレストウィック

牡馬

父馬:ダイワメジャー
母馬:フーラクサ
母父:Linamix
所属:武藤善則厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:34戦6勝 (6-4-5-19)
主な戦績:丹長ステークスなど
via google imghp
ダイワメジャー産駒ながら安定して長い距離で実績を重ねているプレストウィック。重賞で勝ち切るまでのインパクトは無いものの、相手なりに馬券圏外へ入る活躍への信頼度は高い。前走ステイヤーズステークスでフェイムゲームから2馬身差を今回のハンデで逆転出来るかに注目が集まる。戸崎騎手の乗り方1つだろう。

▲レジェンドセラー

レジェンドセラー

レジェンドセラー

牡馬

父馬:ルーラーシップ
母馬:トップセラー
母父:スペシャルウィーク
所属:木村哲也厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:G1レーシング

通算成績:13勝4勝(4-3-2-4)
主な戦績:オリオンステークスなど
via google imghp
期待されたAJCCでは展開に惑わされて自分の競馬が出来なかったレジェンドセラー。レースぶりを見てももっと距離があった方が良いのは明らかな走り。キセキも菊花賞で強い勝ち方をした様に、ルーラーシップ産駒には潜在的なスタミナが宿っていると見てホウオウドリームと共に期待を持ちたい。いずれにせよ行く行くは重賞でも戦える1頭。

出馬表&レーティング&予想オッズ

想定RR:100.8

実績的にはフェイムゲームが抜けているが斤量も背負っているので抜けている印象はない。ただこの斤量差をもっても他馬の実績がなさすぎるのでフェイムゲームが中心になりそう。マルチ軸かおもいきって切ってしまって狙っていっても良いだろう。
                              
馬番 出走馬 性齢 斤量 騎手 評価 本印 田中 清水 大川結城 予想オッズ
1 リッジマン 牡5 52.0 蛯名 94.0 × 12.9
2 ハッピーモーメント 牡8 54.0 津村 100.5 × × × 66.1
3 プレストウィック 牡7 55.0 戸崎 101.2 6.1
4 ラブラドライト セ9 53.0 中谷 96.5 × × × 71.0
5 ホウオウドリーム 牡4 52.0 松岡 90.0 4.9
6 ソールインパクト 牡6 54.0 福永 101.3 5.6
7 リッチーリッチー 牡5 54.0 内田 94.0 × 27.1
8 レジェンドセラー 牡4 54.0 田辺 100.0 5.1
9 トウシンモンステラ 牡8 53.0 北村宏 102.0 × 143.2
10 ダウンザライン 牡4 48.0 石神 90.0 203.2
11 サイモントルナーレ 牡12 48.0 伊藤 93.4 185.3
12 グランアルマダ 牡6 54.0 三浦 90.7 102.4
13 トレジャーマップ 牡7 50.0 江田 90.0 195.3
14 フェイムゲーム セ8 58.5 Cルメ 110.9 2.3


危険な人気馬 レジェンドセラー(想定2人気)

血統的にもスタミナは十分と考えて大丈夫だろうが、とは言え3400mは初経験。フェイムゲームもプレストウィックも走り慣れている点をふまえると、上位3頭の中では割引材料と捉えるべき要素でもある。吉と出るか凶と出るかは走ってみないと分からないが、凶の場合はAJCC同様の大敗も考えられる。

穴馬予想 リッジマン(想定6人気)

穴馬として挙げて良いものかどうかに迷うが、万葉ステークス2着から斤量そのままの内枠を引いたリッジマン。好走するには最高のお膳立てが揃ったとも言え、その分やや人気もしそうな予感だが普通に回って来れば掲示板争いは確実にしてくれるだろう。後は展開1つ。

編集部の見解

ハンデ込みでもここはフェイムゲーム以外に本命は無い。対抗すらプレストウィックでどうかと思う程に、逆転出来る馬がいないイメージだ。個人的な感覚では今回の対抗と連下合わせた7頭は同列。後は順序良く入線して配当が少しでも上がるのを期待するしか無い。ある意味で見学レース。(田中)
ここをホームグラウンドにしているフェイムゲームは安定しているのでしょうが、今回は若駒にかけてみようと思います。ホウオウドリームは折り合いに問題はないとみて距離が大幅に伸びて変わり身がないかと。あとはリッジマン。条件的にチャンス。(清水)
本命はそれでもフェイムゲーム。さすがに他が信用できない馬しかいないため。対抗はレジェンドセラー。末があるタイプではないのでこの距離だとかなり強い~なんて結果も想像すると斤量が楽なのではないかと判断。あとは斤量が辛いフェイムゲームが不発した時のために単穴5頭でボックス勝負。(大川)
本命は長い距離に高い適性を見せるレジェンドセラー。前走AJCCでは追走に苦労しながらも仕舞いの脚は見せた。対抗ホウオウドリーム。前走準OP戦では出遅れながら上がり最速で4着。軽ハンデを活かせば。単穴にこのレース5年連続出走のフェイムゲーム。連下に昨年5着馬でフェイムゲームに先着のプレストウィックと相手なりに走るソールインパクト。(結城)
54 件

関連する記事

日経新春杯 2018 結果 動画

日経新春杯 2018 結果 動画

14日に行われた日経新春杯はパフォーマプロミスが出遅れるも直線外から懸命に伸び、必死に粘るロードヴァンドールを最後の50mで捉えて重賞初勝利を飾った。僅差の3着に軽ハンデのガンコが入線。ミッキーロケットは4着に敗退。
 486
ステイヤーズステークス 2017 結果 動画

ステイヤーズステークス 2017 結果 動画

土曜日に行われたステイヤーズステークスはアルバートがフェイムゲームを最後の直線で捉え3連覇を達成。名実共に最強のステイヤーを証明して見せた。3着にはプレストウィックが入線、3連単は1000円を切る超低額配当だった。
 278
オークス 2018 結果 動画

オークス 2018 結果 動画

オークスは怪物アーモンドアイの独壇場だった。予想外の先行策から直線楽に抜け出すと、粘るリリーノーブルを振り返る余裕の走りで圧巻の2冠達成。同世代では敵無しをアピールする快勝でほぼ3冠確定か。ラッキーライラックは3着。
 15,388
平安ステークス 2018 結果 動画

平安ステークス 2018 結果 動画

スタートから積極的にハナを主張したサンライズソアが、終始粘りの競馬で後続を寄せ付けず重賞初勝利の快走を見せた。鉄板と思われたグレイトパールとテイエムジンソクが共倒れするという予想外の事態に。ダート界もいざ戦国時代へ。
 231
ヴィクトリアマイル 2018 結果 動画

ヴィクトリアマイル 2018 結果 動画

雨中のヴィクトリアマイルは昨年3着のジュールポレールが運も味方に付けた完璧なレース運びで強敵を退け快勝。念願のタイトルを獲得した。一方、1番人気リスグラシューは枠が災いし4度目となるGⅠ2着、3着はレッドアヴァンセ。
 595

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部