2017年8月31日 更新

タンタフエルサ(タンタスエルテ2015)のPOG情報

タンタフエルサをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

590

馬体診断

タンタフエルサ(タンタスエルテ2015)

タンタフエルサ(タンタスエルテ2015)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:タンタスエルテ
母父:Stuka
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:G1レーシング
via google imghp
研ぎ澄まされたシャープなフォルムはまさに理想形。ディープインパクトの走る典型的な馬体で、筋肉の質感やクビ差しから胸前、腹回りにトモ部分とどこを取っても文句の付け所が無い1頭と言えるだろう。さすが、繁殖能力の高いタンタスエルテ産駒といったところか。各メディアでも大物扱いの記事が多く、今年のG1レーシングでは間違いなくトップクラスの競走馬となるだろう。馬体重は不明。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
タンタスエルテ Stuka ジェイドハンター Mr.Prospector
Jadana
Caerleon's Success Caerleon
Sound of Success
Trapial Stagecraft Sadler's Wells
Bella Colora
Mocita Sabia Mocito Guapo
Semifusa


兄弟馬

タンタアレグリア

タンタアレグリア

牡馬

父馬:ゼンノロブロイ
母馬:タンタスエルテ
母父:Stuka
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:G1レーシング

通算成績:14戦3勝 (3-5-0-6)
主な戦績:AJCCなど
via google imghp
パララサルー

パララサルー

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:タンタスエルテ
母父:Stuka
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:G1レーシング

通算成績:6戦4勝(4-1-0-1)
主な戦績:アネモネステークス、紫苑ステークスなど
via google imghp

近親馬

特になし

血統評価:2.3pt

タンタアレグリア、パララサルーとGⅡ級を2頭出しており他も安定感はあるので優秀な母といえる。ファミリーとしては、日本実績が乏しく未知数。牡馬のディープインパクト産駒としては、注目だろう。

前評判

『稽古で動かすと相手を圧倒する様な走りを見せますね。体の使い方がしなやかでバネが凄く、スピードが乗って来るとグッと沈むフォームはまさに走る馬の典型ですね。遅生まれでゆっくり馬の成長に合わせて調整を進めています。脚元にも問題ありませんし、秋から年末にかけてデビューを予定しています』との事。このまま無事に行って欲しい逸材だ。

馬名の意味

たくさんの力強さ(スペイン語)

兄弟でシリーズ化されている母名のタンタに〇〇というネーミング。今後、タンタ一族が繁栄して行くのは間違いないだろう。

編集部の評価

パララサルーが好きなのとタンタってのが響き的に好きなので兄弟は比較的注目しているが指名にいたらない中途半端さもある。今年は他の候補が強いので迷わず見送るが応援する対象ではある。(大川)
タンタスエルテは日本でもトップクラスに優秀な繁殖牝馬だろう。ゼンノロブロイでGⅠクラスのタンタアレグリアを輩出する時点で相当な実績であるし、今のところディープインパクト産駒で大物は出ていないものの、タイトルを獲得するのも時間の問題か。その上で今回のタンタフエルサは評判も容姿も含めてかなりの器と見た。指名する価値は十分。(田中)
20 件

関連する記事

タンタグローリアがHTB賞で4着に敗れ3連勝ならず

タンタグローリアがHTB賞で4着に敗れ3連勝ならず

牝馬最後のクラシック秋華賞を目指し、2連勝中のタンタグローリアがHTB賞へ出走。古馬に混じり3番人気に支持されたが、いつもの先行策が取れず後手後手の競馬を強いられ4着に敗退。ローテーション的にも窮地に立たされた。
 1,139
マウレアが赤松賞で好メンバー相手にV、桜花賞候補へ名乗り

マウレアが赤松賞で好メンバー相手にV、桜花賞候補へ名乗り

新馬戦に続き昇級初戦の赤松賞をマウレアが差し切り勝ち。直線馬群の狭い所を割って突き抜ける勝負根性を見せ、見事強敵達を蹴散らしての勝利で連勝を飾った。姉アユサンと姉妹制覇を目指すべく、春の仁川を目指して駒を進めて行く。
 319
ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

圧倒的人気のワグネリアンが、道中後方から4コーナーで進出。直線外に出すと抜群の反応で先頭に立ち、坂を駆け上がってからはターフビジョンを確認しながら追う余裕の競馬だった。これでクラシック最有力候補が確定、次は弥生賞だ。
 6,451
フランツが新馬戦を快勝、大外から楽に差し切り大物の片鱗

フランツが新馬戦を快勝、大外から楽に差し切り大物の片鱗

良血フランツがその血統に恥じない走りを見せ、新馬戦を衝撃的な勝利で飾った。道中は最後方追走、4コーナーで大外を膨らみながら安全なコースに進路を取ると最後は鞍上に軽く追われてサッとかわす調教の様な競馬。素質は一級品だ。
 1,183
レッドベルローズが豪脚一閃で強豪を差し切り、デビュー戦V

レッドベルローズが豪脚一閃で強豪を差し切り、デビュー戦V

ディープインパクト産駒の牝馬レッドベルローズが父譲りの末脚を武器に新馬戦を快勝。道中後方追走から直線大外を豪快に突き抜け、先に抜け出したエルディアマンテとの叩き合いを制して価値ある勝利を手にした。牝馬戦線の有力馬だ。
 854

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部