2017年8月15日 更新

タニノフランケルが新馬戦で2着デビュー、次走は更に良化

注目されたウオッカとフランケルの仔タニノフランケルがデビュー戦で2着に好走。懸念された大型の馬体も軽やかな走りで一蹴し、むしろ見栄えのある雰囲気は大物感タップリだった。叩いた次はもっと良くなって来るに違いないだろう。

22,879

迫力満点の走りで2着を確保

直線インから鋭く伸びて2着入線(奥)

直線インから鋭く伸びて2着入線(奥)

via google imghp

2017年08月12日 2歳新馬 芝1800m 新潟競馬場

1着:サクステッド 牡2 (吉田隼人)
2着:タニノフランケル 牡2 (M.デムーロ)
3着:ヴォウジラール 牡2 (内田博幸)

レースタイム:1:48.5(稍重)
レース上がり3ハロン:33.9
勝ち馬上がり3ハロン:33.9
タニノフランケル上り3ハロン:33.8
ロケットスタートを決めたタニノフランケルだったが、無理にハナを主張せず道中は抑えてなだめながら内々を追走する形。レースは流れ淡々としたペースで進み、直線コースに入って完全なキレ味勝負となった。そこでいち早く抜け出したサクステッドを追い掛ける様にインから大きなフットワークで抜け出すも、最後までのその差は縮まらず2着に敗退。それでも全体的な走りには将来性を感じる内容で、騎乗したデムーロ騎手も『次がもっと楽しみ』とコメントしていた。530kg近い大型馬だけに叩いて更に良い走りが期待出来そうだ。

フランケル×ウオッカ「夢の配合馬」が大物感満載

今年デビューを迎える2歳馬から早くもクラシックの主役候補が誕生した。その馬はタニノフランケル。名の通り、母は2007年の日本ダービーなどGⅠ7勝を挙げ、”日本史上最強牝馬”と称される女傑ウオッカ。さらに父は、GⅠ10勝を含む14戦無敗の成績で、”21世紀最強馬”と名高いフランケルという夢にまで見た黄金配合だ。
タニノフランケル(ウオッカ2015)

タニノフランケル(ウオッカ2015)

牡馬

父馬:フランケル
母馬:ウオッカ
母父:タニノギムレット
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:Yuzo Tanimizu(愛)

通算成績:1戦0勝(0-1-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
2歳馬とは思えないほどがっちりとした強靭な馬体に青鹿毛から漲る風格。現時点で550kgは優に超えているであろう馬格はさすが「夢の配合馬」といったところだろう。巷では「日本競馬の血統図を塗り替える馬」、「不安より期待しかない」、「来年のクラシックはこの馬」と早くも活躍を期待する声が多く上がっている。
ウオッカ(牝13歳)

ウオッカ(牝13歳)

父馬:タニノギムレット
母馬:タニノシスター
母父:ルション
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:カントリー牧場
馬主:谷水雄三

通算成績:26戦10勝(10-5-3-8)
主な戦績:日本ダービーなどGⅠ7勝
via google imghp
母ウオッカは牝馬としては64年ぶりにダービー制覇を遂げ、引退後は顕彰馬として殿堂入りを果たしている。競走馬としては輝かしい実績を残している歴史的名牝ウオッカだが、産駒たちはいずれも日本でデビューしながらも苦戦が続いている。

しかし、これまで3頭がシーザスターズの産駒だったのに対して、今回は待望のフランケルが配合された。現役時代から世界中の視線を浴び、種牡馬としても絶対的な地位を確立しそうなフランケルだけに今度こそウオッカから日本競馬の歴史を塗り替える名馬が誕生するかもしれない。
フランケル(牡9歳)

フランケル(牡9歳)

父馬:Galileo
母馬:Kind
母父:Danehill
所属:Sir Henry R.A.Cecil(英)
生産:Juddmonte Farms Ltd.(英)
馬主:Khaled Abdullah


通算成績:14戦14勝(14-0-0-0)
主な戦績:英2000ギニーなどGⅠ10勝
via google imghp
フランケルと言えば、初年度産駒のソウルスターリングが昨年の2歳女王に輝き、4戦無敗のままクラシック制覇が期待される他、朝日杯FSでは牝馬ながらも1番人気に推されたミスエルテなど国内では数少ない産駒からも活躍馬が出ているだけに日本の競馬とは抜群に相性が良いはず。これなら繁殖として振るわないウオッカでも改めて期待する価値はありそうだ。

血統背景

フランケル Galileo Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
アーバンシー Miswaki
Allegrtta
Kind デインヒル Danzig
Razyana
Rainbow Lake Rainbow Quest
Rockfest
ウオッカ タニノギムレット ブライアンズタイム Roberto
Kelley's Day
タニノクリスタル クリスタルパレス
タニノシーバード
タニノシスター ルション Riverman
ベルドリーヌ
エナジートウショウ トウショウボーイ
コーニストウショウ


兄弟馬

タニノアーバンシー

タニノアーバンシー

牝馬

父馬:シーザスターズ
母馬:ウオッカ
母父:タニノギムレット
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:Yuzo Tanimizu(英)
馬主:谷水雄三

通算成績:10戦3勝 (3-4-2-1)
主な戦績:須磨特別など
via google imghp

近親馬

特になし

血統評価:1.0pt

シスタートウショウの直系は衰退しているがその全姉エナジートウショウの孫がファミリーの復活を見せつけたがそんな女帝ウオッカも産駒はまだ結果を出していない。血統としては、ルション×タニノギムレットとけして良血とは言えず現状の産駒成績もやっぱりなという印象ではある。やはり繁殖結果はファミリーパワーがないと難しいという典型ではないだろうか。少なくともせっかくSS系の血が入っていないので日本でSS系の種牡馬と配合するべきだろう。兄弟が全てシーザスターズ産駒なのでフランケルで一変する可能性はあるものの。全くの未知数である。

馬名の意味

冠名+父名

まさにそのままの命名。ちょっと馬名に捻りが無いと思えたが、古くはこのパターンで『タニノムーティエ』の様に超級の名馬になっている。要は走るか走らないかでイメージが変わって来るだろう。
23 件

関連する記事

タニノアーバンシーが不知火特別に出走、ひと叩きして良化

タニノアーバンシーが不知火特別に出走、ひと叩きして良化

前走シンガポールTC賞では休養明けのせいか、直線で失速してしまい5着に敗退。少し行きたがる面も見せ万全の競馬では無かった。今回、1走した事で馬もガス抜きが出来た様で不知火特別では更なる前進が見込める。鞍上はデムーロ。
 415
フランケル産駒イッツパーフェクトがデビュー、母は英GⅢ馬

フランケル産駒イッツパーフェクトがデビュー、母は英GⅢ馬

14戦14勝の最強馬フランケルを父に持つイッツパーフェクトが日曜中京の新馬戦に登場。母パーフェクトトリビュートもイギリスの重賞馬で世界的な良血馬だ。昨年のソウルスターリングに続き、今年も同産駒の旋風が再び巻き起こる。
 878
エセンテぺ2015のPOG情報

エセンテぺ2015のPOG情報

エセンテぺ2015をPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 211
ソリッドドリーム(デインドリーム2015)のPOG情報

ソリッドドリーム(デインドリーム2015)のPOG情報

ソリッドドリームをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 3,796
2017-2018年のPOGの有力馬や注目産駒|公式編集部

2017-2018年のPOGの有力馬や注目産駒|公式編集部

競馬ニュース.TV編集部メンバーがオススメするPOG指名馬をご紹介。前シーズンにGⅠ馬を射止めた実績からも大物や目玉産駒のセレクトには自信有り。赤本や青本、雑誌などよりクラシック候補を見つけるなら当記事をご参考あれ。
 97,888

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部