2017年8月21日 更新

タニノアーバンシーが西武スポニチ賞を完勝、4勝目を飾る

ウオッカの仔、タニノアーバンシーが小倉の西武スポニチ賞に出走し1番人気に応える内容で4勝目。早め先頭から強引に押し切る競馬で着差以上の内容だった。次走1600万クラスでも十分に戦える素材だけに引き続き注目をしたい。

727

鞍上の好判断が光った1戦

2017年08月20日 西部スポニチ賞 芝1800m 小倉競馬場

1着:タニノアーバンシー 牝4 (M.デムーロ)
2着:イモータル せん4 (武豊)
3着:グラットシエル 牡3 (松山弘平)

レースタイム:1:47.5(良)
レース上がり3ハロン:36.7
勝ち馬上がり3ハロン:36.6
いつも通り、逃げ馬の直後をマークする番手でレースを進めたタニノアーバンシー。向こう正面辺りで外からグラットシエルが被せて来るシーンに遭遇したが、そこで逆に強引気味な早め先頭の選択肢を取ったデムーロ騎手。直線で先に抜け出すも最後はさすがにバテバテの脚色だったが、2番人気イモータルが大きく出遅れた事も含めてこの判断は正解だっただろう。後続を振り切って待望の4勝目を挙げた。いよいよ次走は1600万クラスでのオープン入りを賭けた戦いが待ち構えている。

前走の逃亡劇は度外視

2017年07月30日 不知火特別 芝1800m 小倉競馬場

1着:コパノマリーン 牝4 (和田竜二)
2着:タニノアーバンシー 牝4 (M.デムーロ)
3着:サトノケンシロウ 牡4 (D.ホワイト)

レースタイム:1:46.3(良)
レース上がり3ハロン:35.9
勝ち馬上がり3ハロン:35.9
終始離れた番手で競馬を進めたタニノアーバンシー。さすがにデムーロ騎手もコパノマリーンがあそこまで粘るとは想定外だっただろう。実質の展開的にはタニノアーバンシーが逃げた形で2着に入り、降級組のサトノケンシロウを抑えている事を考えれば負けて尚強しの内容だった。今回も少頭数で主導権は握りやすく、前走の様な取りこぼしは無いと見て良い。馬券的にも頭から狙って行きたい。

シンガポールTC賞より競馬はしやすい

2017年07月16日 シンガポールTC賞 芝2000m 阪神競馬場

1着:キンショーユキヒメ 牝4 (M.デムーロ)
2着:カレンラストショー 牡5 (萩野極)
3着:フロムマイハート 牝4 (国分優作)

5着:タニノアーバンシー 牝4 (川田将雅)

レースタイム:1:59.6(良)
レース上がり3ハロン:34.9
勝ち馬上がり3ハロン:33.8
シンガポールTC賞ではスリーマキシマムが大逃げを打ち、その離れた2番手にタニノアーバンシーが控える形に。実質、逃げを打って後続にマークされる展開となったタニノアーバンシーにとっては前と後ろで神経を使うストレスの多い競馬となった。直線も半ばまでは先頭へ立って一応の格好は付けたものの、最後は重賞で接戦をして来たキンショーユキヒメにかわされて5着に敗退。ただ、内容的に面目は保ったとも言え、今回の不知火特別は少頭数でレースもしやすく良い結果が期待出来るだろう。

前走の須磨特別が圧巻の内容

須磨特別で返し馬に入るタニノアーバンシーの様子

須磨特別で返し馬に入るタニノアーバンシーの様子

via google imghp

2017年03月18日 須磨特別 芝1800m 阪神競馬場

1着:タニノアーバンシー 牝4 (小牧太)
2着:ジークカイザー 牡4 (川田将雅)
3着:ショウボート 牡5 (C.ルメール)

レースタイム:1:46.9(良)
レース上がり3ハロン:33.8
勝ち馬上がり3ハロン:33.8
レース映像を見て頂ければ一目瞭然だが、スタートから既に他馬とのスピードの違いが明らか。完歩の幅も大きく、馬体含めて重賞クラスの雰囲気を感じさせる良い雰囲気の持ち主だ。しかし、道中や最後の直線での走りを見る限りまだカクカクしている所が多く、フットワークが一定でない。まだまだ成長途上の段階で素質馬ジークカイザー以下を完封するのだから大したものだ。今回の休養が良い方に出ていれば、ここも強力なメンバーが揃ったがあっさりのシーンもあっておかしくなはい。

タニノアーバンシー

タニノアーバンシー(ウオッカ2013)

タニノアーバンシー(ウオッカ2013)

牝馬

父馬:Sea The Stars
母馬:ウオッカ
母父:タニノギムレット
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:Yuzo Tanimizu
馬主:谷水雄三

通算成績:13戦4勝 (4-5-2-2)
主な戦績:西武スポニチ賞など
via google imghp
馬体重は500kg前後と、一流クラスの牡馬と比較しても十分に見劣りしない風格のタニノアーバンシー。走りも見ていて惚れ惚れとする様な大きいストライドで、一見GⅠ馬かと思う程に雄大。本来ならそれに相応しい戦績をあげておくべき1頭だが、何せまだまだ全体的に未完成な部分が多い。こういったタイプは何かがキッカケで覚醒するパターンがほとんどで、そういう意味でも1戦1戦が見逃せない。

血統背景

Sea The Stars Cape Cross Green Desert Danzig
Foreign Courier
Park Appeal Ahonoora
Balidaress
アーバンシー Miswaki Mr.Prospector
Hopespringseternal
Allegretta Lombard
Anatevka
ウオッカ タニノギムレット ブライアンズタイム Roberto
Kelley's Day
タニノクリスタル クリスタルパレス
タニノシーバード
タニノシスター ルション Riverman
ベルドリーヌ
エナジートウショウ トウショウボーイ
コーニストウショウ


兄弟馬

特になし

近親馬

シスタートウショウ

シスタートウショウ

牝馬

父馬:トウショウボーイ
母馬:コーニストウショウ
母父:ダンディルート
所属:鶴留明雄厩舎(栗東)
生産:トウショウ牧場
馬主:トウショウ産業

通算成績:12戦4勝 (4-2-0-6)
主な戦績:桜花賞など
via google imghp

血統評価:1.0pt

けして血統構成は良血ではないので繁殖力は心配していたが案の定といった感じだが、シーザスターズとの相性、日本適性の問題かもしれないが血統背景からは強調材料は少ない。

前評判

わざわざ海外で繁用して外国の一流種牡馬を付けている辺りにオーナーの期待の高さが窺える。が、初仔と2番仔は未勝利のまま引退。3番目に産まれたシーザスターズ産駒の本馬が、ようやくしっかりとした形として出て来た様だ。それでもやはり全体的に幼さを残しており、ここからどれだけ成長するかにかかっているだろう。馬体の雰囲気などだけで言えば一流馬のそれを持っているのは間違いない。

馬名の意味

冠名+祖母の名前

“タニノ”は時として血統内の馬名をそのまま使うケースがある。実際、本馬の弟がフランケル産駒でタニノフランケルだ。但し、得てしてタニノムーティエの様な傑作が出る場合もあって一概に否定できない。
29 件

関連する記事

タニノフランケルが新馬戦で2着デビュー、次走は更に良化

タニノフランケルが新馬戦で2着デビュー、次走は更に良化

注目されたウオッカとフランケルの仔タニノフランケルがデビュー戦で2着に好走。懸念された大型の馬体も軽やかな走りで一蹴し、むしろ見栄えのある雰囲気は大物感タップリだった。叩いた次はもっと良くなって来るに違いないだろう。
 23,866
日本ダービーの過去結果動画と歴代勝ち馬

日本ダービーの過去結果動画と歴代勝ち馬

牡馬クラシック第二冠、日本ダービー(東京優駿)。過去17年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 1,398
超良血サトノケンシロウが降級戦の不知火特別に出走、確勝級

超良血サトノケンシロウが降級戦の不知火特別に出走、確勝級

ラキシス、サトノアラジン両GⅠ馬の弟サトノケンシロウが休養明けの降級戦に挑む。前走、但馬ステークスは3連勝で臨んだものの差し届かず3着に終わった。体勢を立て直し、また1000万クラスからスタートして上を目指して行く。
 410
テオドールがTVh賞に出走、3連勝で昇級戦突破を目指す

テオドールがTVh賞に出走、3連勝で昇級戦突破を目指す

連勝中のテオドールがTVh賞で一気のオープン入りを狙う。過去2戦の1000万条件を共に最速の脚で勝利し、鞍上のルメール騎手もその素質を認める逸材だ。母に重賞馬アンブロワーズ、父は洋芝得意のハービンジャーで好勝負必至。
 128
安田記念の過去結果動画と歴代勝ち馬

安田記念の過去結果動画と歴代勝ち馬

春の最強マイラー決定戦、安田記念。過去18年分の同レース結果内容と合わせて馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 1,573

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部