2017年8月7日 更新

タイセイプライドが新潟のダリア賞を快勝し無傷の2連勝達成

新馬戦を馬なりで圧勝したタイセイプライドが今度はオープンのダリア賞も楽勝し器の違いを見せつけた。直線半ばで先頭に立つと追いすがる後続を尻目に自信は余裕の手応えでフィニッシュ。まだまだ100%の力は出し切っていない。

415

次走は2歳ステークスを両睨み

手応えの違いからもスピードの差が見て取れる

手応えの違いからもスピードの差が見て取れる

via google imghp

2017年08月05日 ダリア賞 芝1400m 新潟競馬場

1着:タイセイプライド 牡2 (M.デムーロ)
2着:シャインカメリア 牝2 (吉田豊)
3着:ニシノベースマン 牡2 (戸崎圭太)

レースタイム:1:22.4(良)
レース上がり3ハロン:34.7
勝ち馬上がり3ハロン:35.3
スタートではやや後手を踏んだものの、自慢の二の脚ですぐにリカバリー。道中は逃げ馬の直後を追いかける展開で直線コースへ。鞍上が追い出すと500㎏を超える大きな馬体を躍動させ逃げ馬を楽々と捉えるスピード感。そのままゴールまで一直線に駆け抜け、着差以上の強い内容で圧倒的人気に応えるレースぶりだった。デムーロ騎手も『マイルまでなら大丈夫』とコメントしており、今後は新潟2歳ステークスと小倉2歳ステークスのいずれかを目標にして調整を進めて行く。

M.デムーロ『強かったね』

追わずに後続へ3馬身半差をつける完勝

追わずに後続へ3馬身半差をつける完勝

via google imghp

2017年07月02日 2歳新馬 芝1600m 中京競馬場

1着:タイセイプライド 牡2 (M.デムーロ)
2着:アトレヴィード 牝2 (北村友一)
3着:ノーボーダー 牡2 (戸崎圭太)

レースタイム:1:23.4(良)
レース上がり3ハロン:35.1
勝ち馬上がり3ハロン:35.1
10頭立ての少頭数となったレースでタイセイプライドが度肝を抜くパフォーマンス。外枠から引っ張りきりの手応えで3番手を追走したがスピードの違いで4コーナーでは早くも先頭へ。そのまま直線で逃げるアトレヴィードを競り落とすと、ステッキを使わず軽くしごかれた程度のアクションで一気に突き放す競馬。ラストは抑えつつも2着に3馬身半をつける圧勝で、今後の動向が益々注目される1頭だ。西村調教師は小倉2歳ステークスに使う予定をしていたが、レースぶりを見て再度検討し直す予定。

タイセイプライド

タイセイプライド(キャニオンリリー2015)

タイセイプライド(キャニオンリリー2015)

牡馬

父馬:ヨハネスブルグ
母馬:キャニオンリリー
母父:エルハーブ
所属:西村真幸厩舎(栗東)
生産:谷川牧場
馬主:田中成奉

通算成績:2戦2勝 (2-0-0-0)
主な戦績:ダリア賞など
via google imghp
骨格が既に仕上がった完成度の高い馬体。肉付きは別として全体的なバランスも良く単なるスピード馬という訳では無さそうだ。ただ、血統的には短距離路線で活躍する傾向のあるラインだけに早めのデビューからガンガン活躍出来る下地は揃っている。馬体重はデビュー時点で502kg。

血統背景

ヨハネスブルグ ヘネシー Storm Cat Storm Bird
Terlingua
Island Kitty Hawaii
T. C. Kitten
Myth オジジアン Damascus
Gonfalon
Yarn Mr. Prospector
Narrate
キャニオンリリー エルハーブ Chief's Crown Danzig
Six Crowns
Histoire Riverman
Helvetie
ミスファピー Fappiano Mr. Prospector
Killaloe
Notably In Reality
Notable Lady


兄弟馬

フクノドリーム

フクノドリーム

牝馬

父馬:ヨハネスブルグ
母馬:キャニオンリリー
母父:エルハーブ
所属:杉浦宏昭厩舎(美浦)
生産:谷川牧場
馬主:福島祐子

通算成績:24戦3勝 (3-3-2-16)
主な戦績:エーデルワイス賞など
via google imghp

近親馬

特になし

血統評価:1.0pt

ファミリーや兄弟における実績馬が全くいないので強調材料がない。

前評判

『完全な短距離向きの馬体でも無いですし、指示も素直に聞くので中距離まではこなしてくれそうですね。当然、気は勝ったタイプでスピード感は抜群ですから期待しています』との事。当初は9月デビューを目標としていたが、思いの外しっかりと動けて早めに下ろせる事が出来た様だ。この嬉しい誤算は後々良い形で影響して来るだろう。

馬名の意味

冠名+誇り

誇りが持てる様な活躍を願ってネーミング。近年、高額の良血馬を購入しているタイセイにしては珍しく渋いところをチョイス。
24 件

関連する記事

ハイランドピークが灘Sを快勝、改めて地力の高さを見せ付ける

ハイランドピークが灘Sを快勝、改めて地力の高さを見せ付ける

圧倒的1番人気となったハイランドピークが降級戦の灘ステークスをあっさりと勝ち上がりオープンに復帰。スタートで上手く出ると先行集団の一角として追走、直線では鮮やかに抜け出し最後まで危なげのない走りで貫禄の勝利となった。
 332
ルヴァンスレーヴがユニコーンSをV、次走で世代No.1へ

ルヴァンスレーヴがユニコーンSをV、次走で世代No.1へ

ルヴァンスレーヴがユニコーンSを楽々と快勝し先ずは中央の重賞タイトルを獲得。次走予定のジャパンダートダービーでは伏竜Sで後塵を拝したドンフォルティスにリベンジを誓う。それを完遂して初めて世代トップの実力を証明出来る。
 1,419
サラーブが牝馬限定の500万下で連勝狙う、勝って秋の飛躍へ

サラーブが牝馬限定の500万下で連勝狙う、勝って秋の飛躍へ

デビュー2戦目で颯爽と初勝利を飾ったサラーブ。勝ち方が非常に好印象で昇級後も即通用の内容、軽度の骨折で半年程の休養を余儀なくされたが、逆に奥手の同馬にとっては良い成長期間となった筈だ。ここも勝利して秋のクラシックへ。
 834
ブレステイキングが東京の500万下に登場、古馬と初対戦

ブレステイキングが東京の500万下に登場、古馬と初対戦

前走のプリンシパルステークスでは後にダービーで3着に入線するコズミックフォースと接戦を演じたブレステイキング。未だ1勝馬で今回は勝利を重ねるべく500万下の自己条件戦へ駒を進めて来た。古馬とは初顔合わせだが心配無用。
 2,477
デルニエオールが相模湖特別に出走、得意の距離で仕切り直し

デルニエオールが相模湖特別に出走、得意の距離で仕切り直し

桜花賞は伏兵視されながらも13着大敗を喫したデルニエオール。まだGⅠで対等に戦える程の地力は無かったが、ステイゴールド産駒だけにまだまだ本格化はこれからだ。3着を外していない1400m戦の相模湖特別で3勝目を目指す。
 4,276

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部