2017年6月6日 更新

ソリッドドリーム(デインドリーム2015)のPOG情報

ソリッドドリームをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

4,941

馬体診断

ソリッドドリーム

ソリッドドリーム

牡馬

父馬:フランケル
母馬:デインドリーム
母父:Lomitas
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:社台レースホース
via google imghp
まだ幾分か馬が緩い。体全体のつくりが華奢でここから肉付きが程良くなって来ると更に良化の余地ありだ。とは言え、やはり世界的な良血馬で元々のバランスはさすが。成長次第ではかなりの所まで狙える馬となる可能性も十分。但し、現時点ではややブランドに負けているという印象は拭えないだろう。馬体重は春の取材時点で468kg。

血統背景

フランケル Galileo Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
アーバンシー Miswaki
Allegrtta
Kind デインヒル Danzig
Razyana
Rainbow Lake Rainbow Quest
Rockfest
デインドリーム Lomitas Niniski Nijinsky
Virginia Hills
La Colorada Surumu
La Dorada
Danedrop デインヒル Danzig
Razyana
Rose Bonbon High Top
Lady Berry


兄弟馬

特になし

近親馬

特になし

血統評価:1.0pt

母デインドリームは凱旋門賞馬だが、フランケル産駒で成功したスタセリタと比べると欧州向きの馬。日本適性はスタセリタまでないと考えるが地力はデインドリームの方が上なのでデインヒルの3×3というインブリードがあるが世界的にみても超良血と言える。ただ初子の全姉が現時点ではまだ結果だしていないし、その意味でも冒険要素が強い1頭ではあるだろう。

前評判

『心身ともにまだ幼い所は残っていますが、動き自体は二重丸。行きっぷりが良くて、とにかくスピード溢れる走りをしています。稽古をしながらもどんどん馬体が大きくなっている様に成長力もありますね。今は覚醒の途上なんだと思います』との事。ソウルスターリングと同等の世界的良血馬だ。そうそう下手な産駒とはならないだろう。

馬名の意味

堅固な夢

母名から連想。日本語訳としては“揺るがない夢”といったところか。その名の通り、日本の全ホースマンの夢でもある凱旋門賞制覇を成し遂げてもらいたいものである。

編集部の評価

やっぱり世界最強馬の産駒ってだけで惹かれるわけだが、ソウルスターリングに感じた。絶対走るってオーラを感じないので今年のフランケル産駒では彼が筆頭ではあるがここは牡馬だとしてもまず彼が活躍してくれた上で下を指名するかもという感じ。迷わず見送る。(大川)
血統的な見地で言えば、デインヒルの3×3があってとてもじゃないが手を出しにくい。ヨーロッパではこういった近親配合が流行している様だが、日本競馬で実績が上がっていない以上は指名する上でリスクでしかない。幾ら良血馬でもこれはさすがに負け戦の様な気がするのだが…果たして。(田中)
19 件

関連する記事

シーリアが折り返しの未勝利戦に登場、鞍上は一族の主戦

シーリアが折り返しの未勝利戦に登場、鞍上は一族の主戦

シーザリオ産駒で兄にエピファネイア、リオンディーズがいるシーリア。新馬戦は2着に敗退したが、見どころのある内容で叩いた上積み含めて今回はパフォーマンスを更に上げて来るだろう。手綱を取るのは一族を知り尽くす福永騎手だ。
 4,082
スターリーステージが新馬戦で3着入線、次走は確勝必至

スターリーステージが新馬戦で3着入線、次走は確勝必至

ミッキーアイルの下、スターリーステージがデビュー戦でジャンダルムの3着に敗退。レース内容はほぼ文句なく、前の牡馬2頭(ジャンダルム&ロードラナキラ)が強かっただけだろう。牝馬限定戦に戻れば間違いなく勝ち上がりは堅い。
 4,064
ジナンボーがデビュー戦を鮮やかに快勝、親子3冠へ一歩前進

ジナンボーがデビュー戦を鮮やかに快勝、親子3冠へ一歩前進

ディープインパクト×アパパネ産駒のジナンボーが新馬戦を先行策から抜け出す競馬で見事に勝利。偉大なる両親と同じ道を歩む為、大事な初戦を圧倒的1番人気に応えて白星で飾った。ここから次男坊の快進撃が続く事となるか!?
 2,759
ヴァイザーがデビュー戦をV、父は新種牡馬のノヴェリスト

ヴァイザーがデビュー戦をV、父は新種牡馬のノヴェリスト

日曜阪神5Rに行われた新馬戦は新種牡馬ノヴェリスト産駒ヴァイザーが勝利。先行策から直線で鋭く抜け出すと最後までしっかりと伸び、2着タガノスカイハイに半馬身差を付ける内容で完勝した。鞍上は北村友一騎手、高橋亮厩舎所属。
 616
Eden’s Causeway2014(馬名:クーファディーヴァ)を指名した!?

Eden’s Causeway2014(馬名:クーファディーヴァ)を指名した!?

デビュー済だが「Eden’s Causeway2014」を徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?指定してない方も2016-2017のPOGを楽しむ上でご参考下さい!!
 609

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部