2017年9月14日 更新

セントウルステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

スプリンターズステークスの最終ステップレースでもあるセントウルステークス。過去18年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!

291

2017年 ファインニードル

2017年09月10日 セントウルステークス 芝1200m 阪神競馬場

1着=⑦ファインニードル 牡4 56 (M.デムーロ) 1番人気
2着=⑥ラインミーティア 牡7 56 (西田雄一郎) 6番人気
3着=⑬ダンスディレクター 牡7 56 (浜中俊) 4番人気

タイム=1:07.5(良)
レース上がり3ハロン=33.7
勝ち馬上がり3ハロン=33.4

3連複=7,570円
3連単=36,810円

レース回顧

スタートで立ち遅れたファインニードルだったが、二の脚の速さで番手の絶好位をキープ。前に行かせたフィドゥーシアを射程圏に捉えつつジッと脚を溜めて直線コースへ入ると、進路を確保するやいなや一瞬の切れで抜け出しあっさりと重賞初勝利。前走のチグハグなレースを払拭する様な鮮やかな勝ち方だった。2着はサマースプリントシリーズ覇者のラインミーティア、3着は休養明けのダンスディレクターが入線。

2016年 ビッグアーサー

2016年09月11日 セントウルステークス 芝1200m 阪神競馬場

1着=①ビッグアーサー 牡5 58 (福永祐一) 1番人気
2着=⑩ネロ 牡5 56 (内田博幸) 2番人気
3着=⑪ラヴァーズポイント 牝6 54 (川須栄彦) 9番人気

タイム=1:07.6(良)
レース上がり3ハロン=34.5
勝ち馬上がり3ハロン=34.5

3連複=5,050円
3連単=15,990円

レース回顧

1枠から好スタートを切った高松宮記念覇者のビッグアーサー。他馬が積極的に行かず、自然とスピードの違いでハナを切る格好となる。番手にスノードラゴン以下が追走する形で直線コースへ。そのまま余力たっぷりに後続を突き放すと、最後は2番人気ネロの追撃も楽々と振り切って復帰初戦を勝利で飾った。3着には先行勢で粘り込んだラヴァーズポイントが入線。

2015年 アクティブミノル

2015年09月13日 セントウルステークス 芝1200m 阪神競馬場

1着=⑥アクティブミノル 牡3 54 (藤岡康太) 10番人気
2着=⑯ウリウリ 牝5 54 (岩田康誠) 1番人気
3着=⑧バーバラ 牝6 54 (武豊) 5番人気

タイム=1:07.8(良)
レース上がり3ハロン=33.8
勝ち馬上がり3ハロン=33.8

3連複=40,700円
3連単=405,590円

レース回顧

ハクサンムーンの出鼻を挫いたアクティブミノルが先手を取る意外な展開に。道中も大きな動きはなく、前2頭がそのまま並んで直線に入るもアクティブミノルの脚色は止まらずあれよあれよの間に逃げ切ってしまった。1番人気のウリウリが後方から鋭く猛追するも時すでに遅くハナ差まで。セントウルステークスは稀にこういった大駆けがあるので要注意だ。3連単は40万円オーバーの大波乱となった。

2014年 リトルゲルダ

2014年09月14日 セントウルステークス 芝1200m 阪神競馬場

1着=①リトルゲルダ牝5 54 (丸田恭介) 4番人気
2着=⑮ハクサンムーン 牡5 57 (戸崎圭太) 1番人気
3着=③エピセアローム 牝5 54 (浜中俊) 2番人気

タイム=1:07.4(良)
レース上がり3ハロン=34.5
勝ち馬上がり3ハロン=34.0

3連複=1,900円
3連単=11,510円

レース回顧

快速馬アンバルブライベンが飛ばすも、ピタリとハクサンムーンがマークする展開に。直線でそのハクサンムーンが抜け出しにかかるが、その直後を追走していたリトルゲルダが強襲し叩き合いとなる。ラストは上手く立ち回った分でリトルゲルダに軍配が上がり、前走に続く重賞連勝となった。秋競馬のスタートではあるものの、セントウルステークスはまだ夏の暑さが少し残っている様だ。

2013年 ハクサンムーン

2013年9月8日 セントウルステークス 芝1200m 阪神競馬場

1着=⑬ハクサンムーン 牡4 56 (酒井学) 2番人気
2着=⑨ロードカナロア 牡5 58 (岩田康誠) 1番人気
3着=④ドリームバレンチノ 牡6 56 (松山弘平) 3番人気

タイム=1:07.5(良)
レース上がり3ハロン=33.7
勝ち馬上がり3ハロン=33.7

3連複=430円
3連単=2,420円

レース回顧

ハクサンムーンがやや出遅れるも、大外から強引に逃げの手に。王者ロードカナロアの追走を尻目にマイペースで先頭を走り、直線に入っても手応えは抜群。予想通り、2頭の叩き合いとなったが着順は番狂わせでハクサンムーンの勝利となった。逃げ馬が33秒台の脚を使えばさすがにロードカナロアも手が出なかった印象だ。3着には3番人気のドリームバレンチノが入り至極順当な決着。

2012年 エピセアローム

2012年09月09日 セントウルステークス 芝1200m 阪神競馬場

1着=④エピセアローム 牝3 52 (武豊) 6番人気
2着=⑨バーバラ 牡4 56 (岩田康誠) 1番人気
3着=⑯アンシェルブルー 牝5 54 (和田竜二) 12番人気

タイム=1:07.3(良)
レース上がり3ハロン=34.1
勝ち馬上がり3ハロン=33.4

3連複=61,870円
3連単=378,500円

レース回顧

ロードカナロアやカレンチャンなど強豪が揃った1戦。2番人気のマジンプロスパーが逃げるも、カレンチャンとロードカナロアがピッタリとマークし潰し合う展開となる。そこで漁夫の利を得た、3歳牝馬のエピセアロームが52kgの軽量を活かしてラストでまとめて差し切った。3着にも軽量牝馬のアンシェルブルーが入り、3連単は40万弱の波乱決着。

2011年 エーシンヴァーゴウ

2011年09月11日 セントウルステークス 芝1200m 阪神競馬場

1着=⑨エーシンヴァーゴウ 牝4 55 (田辺裕信) 2番人気
2着=⑬ラッキーナイン セ4 59 (B.プレブル) 5番人気
3着=⑭ダッシャーゴーゴー 牡4 58 (川田将雅) 1番人気

タイム=1:08.5(良)
レース上がり3ハロン=34.4
勝ち馬上がり3ハロン=34.3

3連複=3,080円
3連単=26,290円

レース回顧

夏に強いエーシンヴァーゴウが番手の競馬から、猛追するラッキーナインやダッシャーゴーゴーなどの牡馬を相手に競り勝って重賞2勝目。このまま勢いに乗ってスプリンターズステークスも3着に入線する。前年度2着の香港馬グリーンバーディーは4着に入るものの、直線で斜行し他馬の進路を妨害した為に14着へと降着処分を受けた。

2010年 ダッシャーゴーゴー

2010年09月12日 芝1200m 阪神競馬場

1着=⑪ダッシャーゴーゴー/牡3/55 (川田) 4番人気
2着=①グリーンバーディー/セ7/59 (デュプレ) 2番人気
3着=⑥メリッサ/牝6/55 (福永) 5番人気

タイム=1.08.0(良)
レース上がり3ハロン=34.1
勝ち馬上がり3ハロン=33.7

3連複=14010円
3連単=88570円

レース回顧

3歳馬のダッシャーゴーゴーが積極的な競馬で重賞初勝利。迫る香港の強豪グリーンバーディーや勢いに乗るメリッサの猛追を何とか退けた。その後、スプリント重賞を3勝挙げるにまで至り、短距離界の常連となる。1番人気のスカイノダンは直線で失速し6着に敗退。マークされる立場の先行馬はさすがにしんどくなってしまう。

2009年 アルティマトゥーレ

2009年09月13日 セントウルステークス 芝1200m 阪神競馬場

1着=⑯アルティマトゥーレ 牝5 55 (松岡正海) 5番人気
2着=⑧スリープレスナイト 牝5 57 (上村洋行) 1番人気
3着=⑮コスモベル 牝5 55 (佐藤哲三) 11番人気

タイム=1:07.8(良)
レース上がり3ハロン=34.0
勝ち馬上がり3ハロン=33.9

3連複=20,130円
3連単=103,580円

レース回顧

実力馬のローレルゲレイロが単騎逃げを図るも、その直後にコスモベルとアルティマトゥーレが付け厳しい展開となる。59kgの酷量もあり直線で早くもローレルゲレイロは敗退。一気に抜けだしたのは番手から進めたアルティマトゥーレ。2着のGⅠ馬スリープレスナイトに2馬身以上の差を付ける完勝で一気にその素質を開花させた。

2008年 カノヤザクラ

2008年09月14日 セントウルステークス 芝1200m 阪神競馬場

1着=④カノヤザクラ 牝4 55 (小牧太) 3番人気
2着=⑯シンボリグラン 牝6 57 (福永祐一) 11番人気
3着=⑫スプリングソング 牡3 55 (武幸四郎) 9番人気

タイム=1:07.3(良)
レース上がり3ハロン=33.8
勝ち馬上がり3ハロン=33.2

3連複=124,330円
3連単=881,820円

レース回顧

人気馬の2頭、ファイングレインとスズカフェニックスは例によって後方から。両馬ともに牽制し合って、前が楽な展開となる。逃げたスプリングソングは二枚腰で粘るもそれを捉える古豪のシンボリグラン。そして、それをまとめてかわしたカノヤザクラがアイビスサマーダッシュに続く重賞V2達成となった。この3頭の決着で3連単は90万弱の大波乱で終わる。

2007年 サンアディユ

2007年09月09日 セントウルステークス 芝1200m 阪神競馬場

1着=④サンアディユ 牝5 55 (川田将雅) 11番人気
2着=⑦カノヤザクラ 牝3 53 (上村洋行) 7番人気
3着=⑪キンシャサノキセキ 牡4 54 (藤田伸二) 1番人気

タイム=1:07.1(良)
レース上がり3ハロン=33.7
勝ち馬上がり3ハロン=33.6

3連複=19,080円
3連単=161,350円

レース回顧

夏に初芝でアイビスサマーダッシュを制したサンアディユ。その後、1走して惨敗したせいか11番人気という低評価だった。しかし、実力が違ったのか正攻法の競馬から直線で早くも抜け出すと、後続をちぎって2着のカノヤザクラに5馬身差をつけて快勝。続くスプリンターズステークスでは1番人気に支持されるも2着に惜敗するが、短距離路線で瞬く間に台頭した1頭だった。

2006年 シーイズトウショウ

2006年09月10日 セントウルステークス 芝1200m 中京競馬場

1着=⑱シーイズトウショウ 牝6 55 (池添謙一) 1番人気
2着=⑪テイクオーバーターゲット セ7 59 (J.フォード) 2番人気
3着=⑫ネイティヴハート 牡8 57 (内田博幸) 4番人気

タイム=1:08.6(稍重)
レース上がり3ハロン=35.3
勝ち馬上がり3ハロン=34.9

3連複=2,520円
3連単=10,420円

レース回顧

香港馬のテイクオーバーターゲットが番手から抜け出した所を、1番人気のシーイズトウショウが余裕の手応え手でかわして3馬身差の圧勝。3着には後方から脚を伸ばした地方の雄ネイティヴハートが入り比較的堅い決着となった。香港から遠征して来る外国馬はレベルが高く何かしらで馬券には絡んでいるイメージだ。今後も注意したい。

2005年 ゴールデンキャスト

2005年09月11日 セントウルステークス 芝1200m 阪神競馬場

1着=⑤ゴールデンキャスト 牡5 57 (小牧太) 5番人気
2着=③ホーマンテキーラ 牡3 54 (武豊) 2番人気
3着=②マルカキセキ 牡4 56 (福永祐一) 1番人気

タイム=1:08.3(良)
レース上がり3ハロン=34.4
勝ち馬上がり3ハロン=34.3

3連複=920円
3連単=10,300円

レース回顧

スタートダッシュを決めた2頭のワンツーフィニッシュ。逃げたホーマンテキーラを番手から追走したゴールデンキャストが直線で捉え、最後は叩き合いの末クビ差抑えて同レースの連覇を達成。圧倒的1番人気に指示されたマルカキセキが流れ込む様にして3着に入線。開幕週らしい行った行ったの競馬となった。

2004年 ゴールデンキャスト

2004年09月12日 セントウルステークス 芝1200m 阪神競馬場

1着=⑫ゴールデンキャスト 牡4 56 (武豊) 1番人気
2着=⑧キーンランドスワン 牡5 57 (四位洋文) 3番人気
3着=⑤サニングデール 牡5 59 (福永祐一) 2番人気

タイム=1:08.2(良)
レース上がり3ハロン=33.6
勝ち馬上がり3ハロン=33.5

3連複=1,430円
3連単=5,830円

レース回顧

大外枠からスタートダッシュで番手に取り付けた1番人気のゴールデンキャスト。前にチリエージェを行かせていつでも抜け出せる様な手応えのまま直線へ。そこから楽々と抜け出すと、後続に影をも踏ませぬ余裕の競馬で重賞制覇を飾った。2着に先行したキーンランドスワン、3着には外から追い込んだサニングデールが入線。上位人気3頭による決着なった。

2003年 テンシノキセキ

2003年09月14日 セントウルステークス 芝1200m 阪神競馬場

1着=⑤テンシノキセキ 牝5 54 (横山典弘) 2番人気
2着=②ビリーヴ 牝5 57 (安藤勝己) 1番人気
3着=⑩デュランダル 牡4 56 (福永祐一) 4番人気

タイム=1:07.8(良)
レース上がり3ハロン=34.4
勝ち馬上がり3ハロン=33.9

馬単=860円
3連複=1,320円

レース回顧

好メンバーが揃ったハイレベルな1戦。1番人気ビリーヴが先行勢の集団を形成し、前にカルストンライトオやギャラントアローなどの快速馬。後方にはアドマイヤマックスにデュランダルといった稀代の差し馬を引き連れて直線コースへ。しかし、意外にもいち早く抜け出してそのまま押し切ったのは牝馬のテンシノキセキだった。迫るビリーヴをハナ差振り切っての大金星で重賞勝利。3着には最速の上がりを繰り出したデュランダルが入線。

2002年 ビリーヴ

2002年09月08日 セントウルステークス 芝120...

2002年09月08日 セントウルステークス 芝1200m 阪神競馬場

1着=①ビリーヴ 牝4 54 (岩田康誠) 1番人気
2着=⑥バイアン 牝4 54 (服部剛史) 6番人気
3着=⑩カルストンライトオ 牡4 57 (大西直宏) 2番人気

タイム=1:07.1(良)
レース上がり3ハロン=34.0
勝ち馬上がり3ハロン=33.5

馬単=1,880円
3連複=2,640円
via google imghp

レース回顧

韋駄天カルストンライトオがハナに立ち、テンシノキセキやテンザンデザートなどがそれを突っつく展開。いつもより中団めに構えたビリーヴが4コーナーからエンジンをかけて行くと直線で異次元の伸び脚を見せ、最後は後方から追い込んで来た2着バイアンに4馬身差を付けて大楽勝のレースとなった。3着には逃げ粘ったカルストンライトオが入線。1頭だけ役者が違った印象だ。

2001年 テネシーガール

2001年09月09日 セントウルステークス 芝120...

2001年09月09日 セントウルステークス 芝1200m 阪神競馬場

1着=⑧テネシーガール 牝4 55 (山田和広) 6番人気
2着=①ダイタクヤマト 牡7 59 (江田照男) 2番人気
3着=⑪カルストンライトオ 牡3 55 (熊沢重文) 1番人気

タイム=1:08.1(良)
レース上がり3ハロン=34.5
勝ち馬上がり3ハロン=34.5

馬連=3,230円
via google imghp

レース回顧

6番人気テネシーガールがカルストンライトオのお株を奪う積極的な逃げ切り勝ち。その他ダイタクヤマトもいる激しい先行争いから、そのまま最後まで脚色を衰えさせずに粘り切った事は勝利よりも価値が高い。実際に4番手以下は軒並みバテて後方に沈んだ事からも、如何に息の入りにくいレース展開だったかが想像出来よう。2~3着にはその上位人気2頭が入線。

2000年 ビハインドザマスク

2000年09月10日 セントウルステークス 芝120...

2000年09月10日 セントウルステークス 芝1200m 阪神競馬場

1着=③ビハインドザマスク 牝5 55 (福永祐一) 2番人気
2着=⑭ブラックホーク 牡7 59 (横山典弘) 1番人気
3着=④スギノハヤカゼ 牡8 59 (芹沢純一) 8番人気

タイム=1:07.6(良)
レース上がり3ハロン=34.3
勝ち馬上がり3ハロン=33.2

馬連=570円
via google imghp

レース回顧

激しい先行争いを前にし、上位人気2頭は静かに後方追走から直線コースへ。1番人気ブラックホークが外から一気に先行勢を飲み込み先頭へ立ったが、そこを更に後方から追い込んだビハインドザマスクが豪脚一閃の差し切り勝ち。実にレースの上がりを1秒以上も上回る驚異的な鬼脚を披露して見せた。3着には古豪のスギノハヤカゼが入線。

まとめ

以上、セントウルSの過去18年分レースまとめ。

秋競馬とは言え、まだまだ気温が高く残暑的な感覚で夏競馬で好調を維持している馬の活躍も目立つ。後は同様の傾向で、牝馬&軽量というキーワードも大きいファクターだ。いずれにせよ、波乱傾向は依然として残っているので夏競馬の延長線上で考えた展望で良いだろう。

加えて、やはり開幕週の開催という事もあり余程の先行激化が無ければ4コーナーで5番手以内のポジションが必須か。異常人気している追い込み馬などがいれば軽視傾向でも構わない。
74 件

関連する記事

アイビスサマーダッシュの過去結果動画と歴代勝ち馬

アイビスサマーダッシュの過去結果動画と歴代勝ち馬

直線芝1000mで行われる唯一の重賞、アイビスサマーダッシュ。過去17年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 554
CBC賞の過去結果動画と歴代勝ち馬

CBC賞の過去結果動画と歴代勝ち馬

秋のスプリンターズステークスに続く重要な格式高い短距離重賞、CBC賞。過去18年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 600
函館スプリントステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

函館スプリントステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

夏競馬の開幕を告げる北の短距離王決定戦、函館スプリントステークス。過去17年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 642
小倉2歳ステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

小倉2歳ステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

夏場の2歳戦を締めくくる意味合いが強い小倉2歳ステークス。過去18年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 305
北九州記念の過去結果動画と歴代勝ち馬

北九州記念の過去結果動画と歴代勝ち馬

小倉の最速王決定戦、北九州記念。過去18年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!※2005年以前は1800mで開催
 376

関連するタグ

著者

マッケン王 マッケン王