2018年1月27日 更新

セルゲイが新馬戦デビュー、2016年セレクトセールで1億円

2016年のセレクトセールで1億円の値が付いたセルゲイ。母はアメリカの重賞馬で近親にヨーロッパGⅠ馬もいる超良血馬だ。追い切りでは併走馬を相手に豪快デモ。鞍上に福永祐一騎手を迎え日曜の東京芝1800mで初陣に臨む。

402

5馬身追走から楽々と先着

さすが高額馬と言わんばかりの稽古内容に関係者もニンマリ。最終追いきりでは約1秒追いかけた僚馬を相手にグングン差を縮め、最後は余裕の脚取りで先着する内容の動きを見せた。今年に入ってから稽古の走りが良化の一途を辿り、走る馬の成長曲線にしっかりと乗れているのだろう。1億円の値に見合った新馬戦のパフォーマンスをとくと拝見したい。

セルゲイ

セルゲイ(マイジェン2015)

セルゲイ(マイジェン2015)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:マイジェン
母父:Fusaichi Pegasus
所属:戸田博文厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:窪田芳郎
via google imghp
2016年セレクトセール時の写真。芦毛の割には非常にスッキリとシャープな馬体に映え、如何にも瞬発力がありそうな好印象の見た目。これなら具体的な産駒の活躍例が無くとも、当時高額で取引きされたのも納得のひと言。とは言え、母はアメリカのGⅡ勝ち馬でれっきとした血統馬。全兄は気性難もあり全く走らなかったが、今回は一味違う所を見せて欲しい。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
マイジェン Fusaichi Pegasus Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Angel Fever Danzig
Rowdy Angel
Mekko Hokte Holy Bull Great Above
Sharon Brown
Aerosilver Relaunch
Silver in Flight


兄弟馬

特になし

近親馬

特になし

血統評価:1.0pt

兄弟も走っていなくファミリーにも日本活躍馬がいないので血統背景からの強調材料はない。

前評判

個人馬主の為、情報量が少ないもののトレセン内の評判は上々との事。昨年の暮れから坂路やその他のコースを併用して豊富な乗り込みが行われており、その中でもさすがと思わせる様な迫力のある動きを見せてくれている。特に最終追い切りの併せ馬では際立った伸びで併走馬に先着。母と父の能力が素直に遺伝すれば自ずと成績は付いて来るだろう。

馬名の意味

人名より

セルゲイ・ブブカからのネーミングか。棒高跳びの選手で世界陸上を前人未到の6連覇、元世界記録保持者でもありワールドワイドな活躍をして欲しいという想いを込めてのものだろう。
18 件

関連する記事

サラキアがフローラSに出走、距離延長でゲート難をリカバリー

サラキアがフローラSに出走、距離延長でゲート難をリカバリー

チューリップ賞では出遅れながらも4着と好走したサラキア。スタートの立ち遅れはほぼ常習と見て、今回は道中巻き返しが可能となる2000mのフローラSでオークスの権利を取りに行く構えだ。能力は一級品、後は鞍上の運び方次第。
 2,526
オハナがフローラSでオークスの権利取りへ、末脚炸裂なるか

オハナがフローラSでオークスの権利取りへ、末脚炸裂なるか

クイーンカップではジリジリ伸びるも4着に敗れたオハナ。馬体面も考え桜花賞は無理する事なくパス、しっかりと休養を経てオークスに照準を合わせてフローラステークスに駒を進めて来た。身も内容も大きく成長した走りを期待したい。
 1,280
グレートウォリアーが新緑賞出走、ダービーへ望み繋げるか

グレートウォリアーが新緑賞出走、ダービーへ望み繋げるか

前走の大寒桜賞で惜しくも2着に敗れたグレートウォリアーが今回も同じく長距離の500万新緑賞で2勝目を狙う。厳しいローテにはなるが、ここを勝利出来れば日本ダービー出走への望みがギリギリ繋がる事になる。鞍上は福永騎手。
 3,744
ワグネリアンが皐月賞で1番人気を裏切る7着、次走に暗雲

ワグネリアンが皐月賞で1番人気を裏切る7着、次走に暗雲

皐月賞で期待されたワグネリアンが後方待機策から末脚不発の敗退、稍重馬場で自慢のキレ味が削がれてしまい全く見せ場なく終わってしまった。これまでのレースぶりが嘘かの様な競馬で、日本ダービーに向けて不安要素が高まる一方だ。
 10,195
キタノコマンドールが皐月賞で健闘の5着、ダービーへ望み繋ぐ

キタノコマンドールが皐月賞で健闘の5着、ダービーへ望み繋ぐ

注目が集まったキタノコマンドール。3番人気に支持されての5着となったが、キャリア3戦目でこの競馬なら立派のひと言だろう。馬体も+12kgとやや余裕残し、次走のダービーでは更に調子も上向く事から引き続き気になる1頭だ。
 6,048

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部