2017年10月30日 更新

スーパーフェザーが評判に違わぬ走りであっさりと初戦を完勝

デビュー前から注目が集まっていたスーパーフェザー。新馬戦でその能力の高さを発揮し、素質馬を相手に楽々と差し切りキャリア初戦を勝利で決めた。まだまだ能力は出し切っていない様子で、次走は良馬場で更に進化した姿を見たい。

4,256

ワグネリアンに続いて大物が登場

2017年10月28日 2歳新馬 芝1800m 京都競馬場

1着:スーパーフェザー 牡2 (M.デムーロ)
2着:レッドヴェイロン 牡2 (武豊)
3着:アドベントサンデー 牡2 (松山弘平)

レースタイム:1:50.6(稍重)
レース上がり3ハロン:36.7
勝ち馬上がり3ハロン:36.2
レースレベルはともかくとして、2着のレッドヴェイロンも相当な素質馬。道中掛かりっぱなしで最後の直線もスーパーフェザーに食らい付くのだから大したもの。しかし、それを決して得意とは言えない条件下で余裕たっぷりに差し切る同馬はもっと凄い。確かに2億6000万円の額に見合った一流馬のそれを初戦から感じさせる走りだった。同厩舎には既にワグネリアンというクラシック候補がいるが、僚馬で唯一無二のライバルとなり得る存在だろう。

友道厩舎のエース候補だ

3頭併せで追切を行うスーパーフェザー

3頭併せで追切を行うスーパーフェザー

via google imghp
フォームがまさに既に一流馬のそれ。特にディープインパクト産駒の活躍馬に共通する様な立ち姿含めて、さすがの血統馬という事を認識させられる。母は米国のGⅠホースウィナーで近親にはあの名馬マルゼンスキーがいる超豪華絢爛の1頭。世間的には日本での初年度がどうか??という不安視もある様だが、雰囲気を見る限りでは凡走する要素が見当たらない。唯一、気掛かりな点を挙げるとするならば週末が雨予報で道悪の馬場をこなせるかどうかだけ。仮にここで負けたとしてもいずれはきっちり走って来るだろうから、POG指名している人たちは心配無用だろう。

スーパーフェザー

スーパーフェザー(オーサムフェザー2015)

スーパーフェザー(オーサムフェザー2015)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:オーサムフェザー
母父:Awesome of Course
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:KTレーシング

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
馬体はコンパクトにまとまったディープインパクト産駒の典型的な走る馬の形。加えて、馬体重は500kg前後の大柄でそれを微塵も感じさせない立ち姿はかなり期待出来る1頭だろう。重たさは一切無く、バネの効いたフットワークで飛びが大きそうな作りをしているのが良い。クラシックの常連、友道康夫厩舎のNo.1候補と言っても過言ではないだろう。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘア Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
オーサムフェザー Awesome of Course Awesome Again Deputy Minister
Primal Force
Mais Oui Lyphard
Affirmatively
Precious Feather Gone West Mr. Prospector
Secrettame
Last Feather Vaguely Noble
Quill


兄弟馬

特になし

近親馬

マルゼンスキー

マルゼンスキー

牡馬

父馬:Nijinsky
母馬:シル
母父:Buckpasser
所属:本郷重彦厩舎(東京)
生産:橋本牧場
馬主:橋本善吉

通算成績:8戦8勝 (8-0-0-0)
主な戦績:朝日杯3歳ステークスなど
via google imghp
シルクフェイマス

シルクフェイマス

牡馬

父馬:マーベラスサンデー
母馬:セイントセーラ
母父:Caerleon
所属:鮫島一歩厩舎(栗東)
生産:早田牧場新冠支場
馬主:シルクホースクラブ

通算成績:43勝9勝(9-4-6-24)
主な勝鞍:日経新春杯、京都記念など
via google imghp

血統評価:1.0pt

母はPOG期間に該当する米GⅠ馬。近親にはマルゼンスキーやシルクフェイマスがいるのでそれなりの実績もある。日本種牡馬の初産駒で期待は出来るが、兄弟実績がないので信用も出来ない。

前評判

『こちらに移動して来た最初の頃はまだひ弱な印象でしたが、日に日に馬格も付いてきて大物の雰囲気が出て来ましたね。今はじっくり調整していますが、動きそのものはディープインパクト産駒らしいしなやかなフットワーク。当然、クラシック戦線に乗ってもらわなければいけない馬です』との事。また、管理予定の友道康夫調教師も『乗り味が良い』と評価しているだけに期待値は相当に高い。

馬名の意味

超越+母名の一部

米GⅠを2勝した名牝である母をも超える活躍を願っての命名か。それにしてもダサい。
23 件

関連する記事

マウレアが赤松賞で好メンバー相手にV、桜花賞候補へ名乗り

マウレアが赤松賞で好メンバー相手にV、桜花賞候補へ名乗り

新馬戦に続き昇級初戦の赤松賞をマウレアが差し切り勝ち。直線馬群の狭い所を割って突き抜ける勝負根性を見せ、見事強敵達を蹴散らしての勝利で連勝を飾った。姉アユサンと姉妹制覇を目指すべく、春の仁川を目指して駒を進めて行く。
 257
ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

圧倒的人気のワグネリアンが、道中後方から4コーナーで進出。直線外に出すと抜群の反応で先頭に立ち、坂を駆け上がってからはターフビジョンを確認しながら追う余裕の競馬だった。これでクラシック最有力候補が確定、次は弥生賞だ。
 6,195
フランツが新馬戦を快勝、大外から楽に差し切り大物の片鱗

フランツが新馬戦を快勝、大外から楽に差し切り大物の片鱗

良血フランツがその血統に恥じない走りを見せ、新馬戦を衝撃的な勝利で飾った。道中は最後方追走、4コーナーで大外を膨らみながら安全なコースに進路を取ると最後は鞍上に軽く追われてサッとかわす調教の様な競馬。素質は一級品だ。
 1,070
レッドベルローズが豪脚一閃で強豪を差し切り、デビュー戦V

レッドベルローズが豪脚一閃で強豪を差し切り、デビュー戦V

ディープインパクト産駒の牝馬レッドベルローズが父譲りの末脚を武器に新馬戦を快勝。道中後方追走から直線大外を豪快に突き抜け、先に抜け出したエルディアマンテとの叩き合いを制して価値ある勝利を手にした。牝馬戦線の有力馬だ。
 727
レッドサクヤが赤松賞に登場、連勝でいざ2歳チャンピオンへ

レッドサクヤが赤松賞に登場、連勝でいざ2歳チャンピオンへ

新馬戦を完勝したレッドサクヤが東京500万下、赤松賞に出走。前走は不良馬場ながらしっかりとした脚取りで抜け出す内容、良馬場で更にパフォーマンスは上がると見てここを勝利すれば年末の阪神JFへ弾みが付く。鞍上は浜中騎手。
 182

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部