2017年7月13日 更新

近親にGI馬多数、池江厩舎スヴァルナが2強の一角を崩す??

日曜の中京新馬戦ではデビュー前から評判の高いヘンリーバローズとワグネリアンの良血対決に注目が集まっているが、スヴァルナも黙っていられない。トーセンラーやスピルバーグなどを近親に持つ血統馬がその争いに待ったをかける。

1,710

池江師『良い脚を長く使うタイプ』

時折ヤンチャな面は見せるものの、稽古はしっかり動いてい...

時折ヤンチャな面は見せるものの、稽古はしっかり動いている様子だ

via google imghp
母ブルーミングアレーは現役時にフローラステークスで3着に入り、その兄弟にトーセンラーとスピルバーグがいる繁栄族出身。その産駒とあれば走っておかしくないが、上2頭はディープインパクト産駒で鳴かず飛ばず。今回、ステイゴールドが配合されたスヴァルナはこれまでの優等生タイプでは無く、如何にも父の産駒らしい荒々しい一面も持っていると言う。これが良い方向に出れば大物がいきなり輩出されてもおかしくない一族だけに初戦のレースぶりに注目したい。鞍上はデムーロ騎手。

馬体診断

スヴァルナ(ブルーミングアレー2015)

スヴァルナ(ブルーミングアレー2015)

牡馬

父馬:ステイゴールド
母馬:ブルーミングアレー
母父:シンボリクリスエス
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース
via google imghp
ステイゴールド産駒とは裏腹にその馬体の大きさが一際目立つ1頭。とは言え、大型馬独特のゴツさや重苦しい感じは無く非常にスッキリとしていて力強い。トモの辺りの発達は相当でかなりバネがありそうな雰囲気だ。上手くステイゴールドとシンボリクリスエスの良さがミックスされた様なイメージで、アドミラブルでも成功している様に母父とサンデー系との相性も抜群。馬体重は春の取材時点で523kg。

血統背景

ステイゴールド サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ゴールデンサッシュ ディクタス Sanctus
Doronic
ダイナサッシュ ノーザンテースト
ロイヤルサッシュ
ブルーミングアレー シンボリクリスエス Kris'S Roberto
Sharp Queen
Tee Kay Gold Meridian
Tri Argo
プリンセスオリビア Lycius Mr.Prospector
Lypatia
Dance Image Sadler's Wells
Diamond Spring


兄弟馬

特になし

近親馬

トーセンラー

トーセンラー

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:プリンセスオリビア
母父:Lycius
所属:藤原英昭厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:島川隆哉

通算成績:25戦4勝(4-5-6-10)
主な勝鞍:マイルチャンピオンシップなど
via google imghp
スピルバーグ

スピルバーグ

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:プリンセスオリビア
母父:Lycius
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:山本英俊

通算成績:16戦6勝(6-1-4-7)
主な勝鞍:天皇賞秋など
via google imghp

血統評価:1.0pt

祖母プリンセスオリビアは日本で3頭の産駒が全部重賞級でうち2頭がGⅠ馬という歴代上位の繁殖パフォーマンスを出した名繁殖牝馬、日本にいる後継はブルーミングアレーのみなのでここはどうにかその良血を繋いでほしいがすでに兄弟が連続で結果を出していないので厳しそうな状況。遡ればリファールやシーキングザパールと同じファミリーである。

前評判

『早めの入厩も検討しています。坂路も力強いフットワークで駆け上がって来るので良いですね』との事。6月末時点では入厩後、既に調教でタイムも出している様だ。想像以上にデビューは早そう。評判馬がこの時期におろされる事自体、調整が順調で期待出来るからだろう。

馬名の意味

黄金(サンスクリット語)

父ステイゴールドの一部をサンスクリット語に変換。その偉大なる父を超えるくらいに輝かしい活躍を期待してのネーミングだろう。

編集部の評価

ブルーミングアレーは、ベガでいうところのヒストリックスター的存在なのでスピルバーグを指名していた実績からも大注目しているがディープインパクト産駒で結果が出ていないのでステイゴールドにかえるのはありだろう。どうせならオルフェーヴルや他の有力種馬馬を試して牝系をつないでほしい。ただし迷わず選択しない。(大川)
走るステイゴールド産駒と言えば、ドリームジャーニーやオルフェーヴルみたいに小柄な馬体を想像してしまいがち。そうなると本馬の500kg超えは、いくら評判が高くてもちょっと手を出し辛い。加えて、母父シンボリクリスエスの繁栄力も未だに不信な自分としては迷いなくスルーの対象となる。(田中)
23 件

関連する記事

ブルーミングアレー2014(馬名:トルネードアレイ)を指名する!?

ブルーミングアレー2014(馬名:トルネードアレイ)を指名する!?

「ブルーミングアレー2014」をPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2016-2017のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 732
デルニエオールが相模湖特別に出走、得意の距離で仕切り直し

デルニエオールが相模湖特別に出走、得意の距離で仕切り直し

桜花賞は伏兵視されながらも13着大敗を喫したデルニエオール。まだGⅠで対等に戦える程の地力は無かったが、ステイゴールド産駒だけにまだまだ本格化はこれからだ。3着を外していない1400m戦の相模湖特別で3勝目を目指す。
 4,279
ウインサクヤヒメが京都マイルの新馬戦でデビュー、兄は重賞馬

ウインサクヤヒメが京都マイルの新馬戦でデビュー、兄は重賞馬

半兄に皐月賞3着のウインフルブルームを持つウインサクヤヒメが日曜の京都第6Rで初陣。年明けから2週連続の除外を食らってここまでデビューが伸びたものの、逆にしっかりと乗り込めて仕上がりは万全だ。鞍上は荻野琢真騎手。
 108
ディロスが若竹賞へ、勝てばクラシックの扉が開く重要な1戦

ディロスが若竹賞へ、勝てばクラシックの扉が開く重要な1戦

野路菊ステークス2着、百日草特別3着と惜しい競馬が続いているディロス。クラシック戦線へ乗る為にはこの若竹賞を取りこぼす事は断じて出来ない。再び手綱はルメール騎手の手に戻り、手薄なメンバーのレースで確勝を期して臨む。
 569
ゴルトキルシェが牝馬限定戦で2着、力強い走りで素質示す

ゴルトキルシェが牝馬限定戦で2着、力強い走りで素質示す

世界的良血のゴルトキルシェがその血統に恥じぬ走りでデビュー戦を2着。ほぼ勝利目前のところで大外からこちらも良血馬のソシアルクラブに差し切られ惜敗を喫した。しかし、稽古通りに高い能力を見せ付ける内容で次は期待出来る。
 823

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部