2017年8月18日 更新

スマートレイブン(レディオーキッド2015)のPOG情報

スマートレイブンをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

323

馬体診断

スマートレイブン(レディオーキッド2015)

スマートレイブン(レディオーキッド2015)

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:レディオーキッド
母父:アグネスタキオン
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:静内山田牧場
馬主:大川徹
via google imghp
やや胴長でだらしない馬体の作り。前の方が勝っている印象で、まだまだ成長途上といった所か。ただ、立ち姿や全体的なバランスの良さは目立っていて、もう少し身がついて完成してくればかなりの器になる可能性を秘めた1頭だろう。POG向きかと言われるとやや疑問符が残るも、成長曲線次第ではタイトルを期待出来るかもしれない。馬体重は春の取材時点で455kg。

血統背景

キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector Raise a Native
Raise You
Miesque Nureyev
Pasadoble
マンファス ラストタイクーン トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird Blakeney
The Dancer
レディオーキッド アグネスタキオン サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
アグネスフローラ ロイヤルスキー
アグネスレディー
レディイン Kendor Kenmare
Belle Mecene
Super Vite Septieme Ciel
Erin On Your Toes


兄弟馬

特になし

近親馬

イチオクノホシ

イチオクノホシ

牝馬

父馬:ゼンノロブロイ
母馬:レディイン
母父:Kendor
所属:矢野英一厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:ビリオンスター

通算成績:17戦2勝 (2-2-3-10)
主な戦績:クイーンカップ2着など
via google imghp

血統評価:1.0pt

ファミリーおよび兄弟に日本実績馬が皆無で兄弟も多くデビューしての結果だけに強調材料は全くない。

前評判

『フットワークが軽やかでしなやかさも感じる動きにセンスを感じますね。まだもっと馬体も大きくなるでしょうし、これからどんどん良くなって行くと思います』との事。関係者も本格化はまだ先と考えている様だが、来春に間に合えば面白い存在になるだろう。

馬名の意味

冠名+人名より

スマートはここ最近、良質な所有馬でタイトルをコンスタントに獲得しているイメージだ。個人馬主ながらなかなかのアベレージで活躍馬を出しており、ネーミングセンスも良い。本馬も名前だけなら合格点だ。

編集部の評価

全兄弟が全く走っていないので結論は出ていると判断できるので指名するわけがない。結果を出したとしても指名をする要素が見当たらない。(大川)
母に産駒実績が無く全く指名対象には入って来ないが、スマートの大川氏所有で池江泰寿厩舎という2点だけでも十分魅力的な1頭。が、個人的な見解を言わせてもらえば馬体はまだまだ緩い。春の取材時点での画像だけにこの夏を越えてどこまで成長しているかにかかっているが、化ければひょっとするかもしれない。池江泰寿調教師の手腕による所が大きい。(田中)
19 件

関連する記事

ソシアルクラブが阪神JFで8着入線、本格化は来年以降か

ソシアルクラブが阪神JFで8着入線、本格化は来年以降か

ブエナビスタの2番仔ソシアルクラブ。新馬戦のパフォーマンスからキャリア1戦の身で阪神ジュベナイルフィリーズでは5番人気に支持されるも、さすがに好走は難しく8着に終わった。しかし、素質の片鱗は感じられ来年の走りに注目。
 3,525
シーリアが折り返しの未勝利戦に登場、鞍上は一族の主戦

シーリアが折り返しの未勝利戦に登場、鞍上は一族の主戦

シーザリオ産駒で兄にエピファネイア、リオンディーズがいるシーリア。新馬戦は2着に敗退したが、見どころのある内容で叩いた上積み含めて今回はパフォーマンスを更に上げて来るだろう。手綱を取るのは一族を知り尽くす福永騎手だ。
 4,086
レッドヴェイロンが折り返しの未勝利戦に登場、確勝級の1戦

レッドヴェイロンが折り返しの未勝利戦に登場、確勝級の1戦

前走の新馬戦でスーパーフェザーの2着に敗れたレッドヴェイロン。しかし、レースでは終始引っ掛かり気味の内容で不完全燃焼、仕切り直しの未勝利戦で早期勝ち上がりを目指す。鞍上は引き続き、名手武豊騎手。ここは負けられない。
 2,316
ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

圧倒的人気のワグネリアンが、道中後方から4コーナーで進出。直線外に出すと抜群の反応で先頭に立ち、坂を駆け上がってからはターフビジョンを確認しながら追う余裕の競馬だった。これでクラシック最有力候補が確定、次は弥生賞だ。
 7,666
エルディアマンテが叩き合いに競り負けるも次走は勝利濃厚か

エルディアマンテが叩き合いに競り負けるも次走は勝利濃厚か

期待の素質馬エルディアマンテが新馬戦で壮絶な叩き合いの末2着に敗退。しかし、3着以下には6馬身差を付けている事からも同世代では実力が上位なのは間違いない。次走、余程のアクシデントが無ければあっさりと勝ち上がるだろう。
 1,183

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部