2017年5月24日 更新

歴代スプリント最強馬(短距離王)のランキング【2017年最新】

競馬ニュース.TV独自レーティングによるランキング形式で日本競馬史上歴代最強のスプリンター王をまとめてみました。トップ10までを詳しく紹介して振り返ってみましょう。随時レーティング更新しています。

6,260

歴代|最強スプリント王スプリンターレーティング

マイルも能力でカバーしたが一応歴代最強スプリンターの称号はロードカナロアにあげるべきなので適性Sとしている。全盛期の強さは、サクラバクシンオー以上だと明確に思える強さだった。レーティング的にもマイルでも歴代上位の強さを持っているだろう。SS革命後も長らくスプリント王の座を守っていたサクラバクシンオーは、産駒の勝ち上がりもよくそのスピードは紛れも無く本物だろう。

2頭以外はどれも大差ない中でキンシャサノキセキはGⅠの連対数考えると3位固定で問題ないだろう。それより下はレーティングのポイントからもとりあえずGⅠ2勝馬が上位を占めてはいる。
順位 馬名 性生 適正 評価 変動
ロードカナロア 牡2008 S 125.3
サクラバクシンオー 牡1989 S 120.8
キンシャサノキセキ 牡2003 S 115.8
ビッグアーサー 牡2011 S 114.0
マイネルラヴ 牡1995 S 113.8
ローレルゲレイロ 牡2004 S 113.5
トロットスター 牡1996 S 113.0
カレンチャン 牝2007 S 112.8
エイシンワシントン 牡1991 S 112.5
10 ビリーヴ 牝1998 S 112.3


ランキング上位の最強馬を紹介

ロードカナロア

ロードカナロア

RT125.3

父馬:キングカメハメハ
母馬:レディブラッサム
母父:Storm Cat
所属:安田隆行厩舎(栗東)
生産:ケイアイファーム(新ひだか町)
馬主:ロードホースクラブ

通算成績:19戦13勝(13-5-1-0)
主な勝鞍:スプリンターズS、高松宮記念、安田記念、香港スプリントなど
via google imghp
当然ながらロードカナロアは別格でのNo.1だ。短距離馬では史上初??となる年度代表馬に輝いたほか、スプリンターズSと高松宮記念でも共にレコード勝ちしている事含めても文句のない最強馬である。レーティングも2位のサクラバクシンオーに約4ポイントも差を付ける独壇場だ。全盛期は恐らく世界でもトップだっただけに、今後日本でこの馬を超えるスプリンターは出現して来ないのではないだろうか。是非とも2017年デビュー予定の産駒たちにその予想を裏切って欲しいものである。
サクラバクシンオー

サクラバクシンオー

RT120.8

父馬:サクラユタカオー
母馬:サクラハゴロモ
母父:ノーザンテースト
所属:境勝太郎厩舎(美浦)
生産:社台ファーム(早来町)
馬主:さくらコマース

通算成績:21戦11勝 (11-2-1-7)
主な勝鞍:スプリンターズS×2など
via google imghp
サクラバクシンオー自体も歴代で群を抜いて速かった。3位以下には5ポイント差を付けてのランクインだが、ロードカナロアがいる事で甘んじての2位。しかし、1400m以下では12戦11勝と無類の強さを誇り、種牡馬としても多数のGⅠ馬を輩出している点を考えれば競馬界への貢献度はNo.1だろう。しかしながら、母サクラハゴロモの全兄にあの名ステイヤー、アンバーシャダイがいるのは非常に興味深い。その点がサクラバクシンオーが母父となってキタサンブラックを輩出出来た大きな要因か。
キンシャサノキセキ 

キンシャサノキセキ 

RT115.8

父馬:フジキセキ
母馬:ケルトシャーン
母父:Pleasant Colony
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:Arrowleave Joint Venture(豪)
馬主:吉田和美

通算成績:31戦12勝 (12-4-3-12)
主な勝鞍:高松宮記念×2など
via google imghp
フジキセキ産駒だが、オーストラリアで生まれた外国産扱いのキンシャサノキセキ。デビュー当初から並外れたスピードを見せていたが、荒い気性のせいで不安定な成績が続いていた。しかし、成長するにつれて抑えがきく様になると晩年は9戦6勝2着2回とほぼパーフェクト。ピーク時の走りはかなりのパフォーマンスで他馬を圧倒していた。南半球生まれの半年遅れとは言え、2005~2011年もの長期間を一線級で走り続けたのは評価すべき内容だ。
ビッグアーサー

ビッグアーサー

RT114.0

父馬:サクラバクシンオー
母馬:シャボナ
母父:Kingmambo
所属:藤岡健一厩舎(栗東)
生産:バンブー牧場(浦河町)
馬主:中辻明

通算成績:14戦8勝 (8-2-1-3)
主な勝鞍:高松宮記念など
via google imghp
実績面で言えば他のランクインしている馬たちに引けを取るが、高松宮記念でのレコード勝ちに加えて馬体は文句無しでNo.1の見映え。全身が良質な肉で覆われている様な筋骨隆々の体をしており、人間で例えるならドーピングしているアメリカの100m選手の類。速そうなのがひと目で分かる程の美しさを誇り、その点も含めてレーティングの高さを獲得している。サクラバクシンオーの後継者として種牡馬で是非とも成功して欲しい。まだ現役ではあるのでタイトルを追加する可能性も残されている。
マイネルラヴ

マイネルラヴ

RT113.8

父馬:Seeking the Gold
母馬:Heart of Joy
母父:リィフォー
所属:稲葉隆一厩舎(美浦)
生産:Mr. & Mrs. John C. Mabee(米)
馬主:サラブレッドクラブ・ラフィアン

通算成績:23戦5勝 (5-4-1-13)
主な勝鞍:スプリンターズSなど
via google imghp
一世一代の大駆けとなった1998年のスプリンターズS。あの伝説の快速馬タイキシャトルの引退レースでまさかまさかの差し切り勝ちを見せたマイネルラヴ。結果、2着に入ったシーキングザパールと共に当時海外GⅠを制覇した2頭を撃破する見事な走りをレーティングに反映している。衝撃度込みでのランクインと考えて頂ければ幸いだ。ちなみに、タイキシャトルとシーキングザパールは適正レンジがマイル判断となりこのランキングには入っていない。
ローレルゲレイロ

ローレルゲレイロ

RT113.5

父馬:キングヘイロー
母馬:ビッグテンビー
母父:テンビー
所属:昆貢厩舎(栗東)
生産:村田牧場(新冠町)
馬主:ローレルレーシング

通算成績:31戦5勝 (5-7-2-17)
主な勝鞍:高松宮記念、スプリンターズSなど
via google imghp
晩年は高松宮記念とスプリンターズSを勝つ以外のレースはほぼ惨敗。逆を言えば、大舞台での勝負強さがかなり際立っており、全5勝の内4つが重賞という点にもそこが如実に表れている。生粋のスプリンターというイメージこそないもの、実績だけで考えればスプリントカテゴリーに属していてもおかしくないのでこちらへランクインした次第。正直、このあたりから下位の馬は並より少し強い短距離馬ばかりなので今後の順位変動も激しくなりそうだ。
トロットスター

トロットスター

RT113.0

父馬:ダミスター
母馬:カルメンシータ
母父:ワイズカウンセラー
所属:中野栄治厩舎(美浦)
生産:荻伏三好ファーム(浦河町)
馬主:高野稔

通算成績:34戦8勝 (8-7-0-19)
主な勝鞍:高松宮記念、スプリンターズSなど
via google imghp
2000~2001年にかけてのトロットスターは無双状態だった。キレキレの末脚で当時の強豪だったブラックホークなどをあっさりと蹴散らし、高松宮記念とスプリンターズSの両短距離GⅠを連覇。当時でも地味な血統だった為、種牡馬入りするも中央で勝利した馬は1頭と奮わずその後は韓国へ輸出されるかわいそうな運命を辿って行く事ととなる。蛯名騎手の主戦で短距離馬と言えばエアジハードよりもトロットスターを思い出す方も少なくないのでは。
カレンチャン

カレンチャン

RT112.8

父馬:クロフネ
母馬:スプリングチケット
母父:トニービン
所属:安田隆行厩舎(栗東)
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:鈴木隆司

通算成績:18戦9勝 (9-3-1-5)
主な勝鞍:高松宮記念、スプリンターズSなど
via google imghp
名だたる歴代の牡馬に混じって堂々と牝馬のカレンチャンがランクイン。5連勝を飾った2011年は破竹の勢いでスプリンターズSのタイトルをゲット。その翌年も高松宮記念を制してしばらくは同馬の政権が続くと思われたが、同期のライバルにロードカナロアがいた事は最大にして最悪のシナリオだっただろう。日本で最後のレースとなるスプリンターズSは自身快速ぶりを遺憾なく発揮するも、更に速く強いロードカナロアに負けて引導を渡される事となった。願わくばこの2頭の産駒を見てみたい。
エイシンワシントン(左)

エイシンワシントン(左)

RT112.5

父馬:オジジアン
母馬:Shamaritan
母父:Sham
所属:内藤繁春厩舎(栗東)
生産:Mr. & Mrs. Shannon A. Wolfram & Fred J. Seitz(米)
馬主:平井豊光

通算成績:25戦8勝 (8-4-3-10)
主な勝鞍:CBC賞など
via google imghp
ランクした中でGⅠタイトルを手にしていないのがエイシンワシントン。1996年のスプリンターズSでは当時の最強スプリンター、フラワーパークと壮絶な叩き合いの末に僅か1cmの差で負けるも後世に残る名勝負を演じた。そのフラワーパークをランクインすれば良いと言われればどうしようもないが、テンからぶっちぎりで飛ばして飛ばしまくる同馬の方がスプリンターとしての印象が強いのである。熊沢騎手とのコンビも個人的には大好きだった。
ビリーヴ

ビリーヴ

RT112.3

父馬:サンデーサイレンス
母馬:グレートクリスティーヌ
母父:Danzig
所属:松元茂樹厩舎(栗東)
生産:上水牧場(鵡川町)
馬主:前田幸治

通算成績:28戦10勝 (10-3-5-10)
主な勝鞍:高松宮記念、スプリンターズSなど
via google imghp
短距離界で一時代を築いた牝馬のビリーヴ。その安定した先行力としぶとい末脚で幾多のレースを勝利して来た。サンデーサイレンス産駒で生粋のスプリンターというのも珍しいが、母父Danzigのなせる技か。今思えば、福永祐一→岩田康誠→武豊→安藤勝己の超豪華リレーで騎乗のバトンが受け継がれた何とも贅沢な現役生活だったと言えるのではないだろうか。その有り余るスピードは残念がら現在産駒に伝わっていない。

まとめ

以上が歴代史上最強スプリント王のランキングまとめ。

見て頂けると一目瞭然だが、日本競馬史上で恐らく世界を舞台に戦えた生粋のスプリンターはロードカナロアとサクラバクシンオーくらいなもの。現に短距離のレベルが世界トップクラスの香港競馬へ遠征に行っても結果を出せたのはロードカナロアたった1頭のみ。こと1200mレンジとなると日本もまだまだ底力が浅いと言える。

今回の採点ではあくまでも当サイト記者陣の個人的な見解やイメージ込みの数値が反映されているので、他メディアのランキングとは全く違った結果となっている。その点はご理解頂いた上で各馬の評価などを参考にして頂きたい。
26 件

関連する記事

日本史上歴代最強馬のランキング【2017年最新】

日本史上歴代最強馬のランキング【2017年最新】

競馬ニュース.TV独自レーティングによるランキング形式で日本競馬史上歴代最強馬をまとめてみました。RT125以上までを詳しく紹介して振り返ってみましょう。随時レーティング更新しています。
 144,981
日本史上歴代ダート最強馬のランキング【2017年最新】

日本史上歴代ダート最強馬のランキング【2017年最新】

競馬ニュース.TV独自レーティングによるランキング形式で日本競馬史上歴代最強のダート王をまとめてみました。トップ10までを詳しく紹介して振り返ってみましょう。随時レーティング更新しています。
 13,858
歴代マイル最強馬(短距離王)のランキング【2017年最新】

歴代マイル最強馬(短距離王)のランキング【2017年最新】

競馬ニュース.TV独自レーティングによるランキング形式で日本競馬史上歴代最強のマイル王をまとめてみました。トップ10までを詳しく紹介して振り返ってみましょう。随時レーティング更新しています。
 6,470
【動画、結果】高松宮記念の予想に使える歴代レースまとめ

【動画、結果】高松宮記念の予想に使える歴代レースまとめ

上半期のスプリント王決定戦、高松宮記念。その過去10年分の動画を振り返ります。結果内容を元にタイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させましょう!!
 141
日本史上歴代牝馬最強馬(名牝)のランキング【2017年最新】

日本史上歴代牝馬最強馬(名牝)のランキング【2017年最新】

競馬ニュース.TV独自レーティングによるランキング形式で日本競馬史上歴代最強牝馬をまとめてみました。RT116以上を詳しく紹介して振り返ってみましょう。随時レーティング更新しています。
 47,899

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部