2018年3月12日 更新

ジェニアルが久々の500万下を豪快に差し切って2連勝達成

デビュー前からメディアでも注目され続けたジェニアル。当初は期待外れの烙印を押されていたが、ここに来て急成長を見せる。8か月ぶりとなる実戦ではモノが違う走りで快勝し未勝利から連勝で昇級を決めた。時計も優秀で遂に覚醒か。

21,688

ディープにそっくり、直線で“飛んだ”

2018年03月11日 4歳上500万下 芝1600m 阪神競馬場

1着:ジェニアル 牡4 (武豊)
2着:ナンヨーマーズ 牡4 (四位洋文)
3着:コパノピエール 牡4 (川須栄彦)

レースタイム:1:34.1(良)
レース上がり3ハロン:35.0
勝ち馬上がり3ハロン:33.8
好スタートを切ったジェニアルだったが武豊騎手は意識的に中団へ下げる戦法を取った。ペース自体は平均的ながら馬群はやや縦長の隊列で進み直線コースへ。外へ持ち出したジェニアルがグングン加速しあっという間に先頭へ躍り出ると、最後は2着ナンヨーマーズに3馬身差をつける完勝で久々の昇級戦も難なくクリア。小柄な馬体をフルに使って豪快に差し込む姿は、鞍上も含めてまさに父ディープインパクトそっくりのフォームだった。まるで飛んでいる様な感覚の直線内容、これはいよいよ本格化の兆しが見えて来たと言える。

長期休養明けも仕上がりは順調

前走以上のパフォーマンスが求められるジェニアル

前走以上のパフォーマンスが求められるジェニアル

via google imghp
未勝利を勝ってすぐに放牧へ出たジェニアル。夏場という事もあり休養を取って馬が更に成長する時期に充てたのだろう。その甲斐あってか、戻って来てから稽古でいきなりの自己ベストを叩き出すなど調整は非常に上手く進んでいる様子、これは遂に素質馬の覚醒か。とは言え、レースに行ってみてどうかという部分は拭えず、今週末の実戦でその真価を問いたい。デビュー前から多大な期待をかけられて来た1頭だけに、ここで躓く様では如何なものだろう。

上がりを1秒上回る強烈な末脚で差し切り

2017年07月08日 3歳未勝利 芝1400m 中京競馬場

1着:ジェニアル 牡3 (武豊)
2着:メイショウモウコ 牡3 (川嶋信二)
3着:イェーガーオレンジ 牝3 (福永祐一)

レースタイム:1:20.2(良)
レース上がり3ハロン:34.5
勝ち馬上がり3ハロン:33.5
スタートからやや抑え気味で中団後方に控えたジェニアル。レース自体は淡々と流れやや縦長の馬群を形成して直線コースへ。騎乗した武豊騎手は外へ回さずに迷いなく内から進出すると、空いたスペースから馬場の真ん中へ誘導。そこから驚異的な脚を繰り出し、逃げ粘るメイショウモウコをゴール直前でかわした所がゴールだった。レースの上がりを丸1秒速い末脚で快勝し、その秘めたる素質を余す事無く爆発させた。

ジェニアル

ジェニアル(サラフィナ2014)

ジェニアル(サラフィナ2014)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:サラフィナ
母父:Refuse To Bend
所属:松永幹夫厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:キーファーズ

通算成績:5戦2勝(2-0-0-3)
主な戦績:4歳上500万下など
via google imghp
馬体重が現在で450kg前後。牡馬にしてはやや小柄だが、ディープインパクト産駒らしい柔らかそうな筋肉をしている。如何にもキレタイプの馬という作りである。バランスも良く、関係者がホレ込むのもよく分かる。しかしながら、まだ全体的に緩さも垣間見えこれからの成長次第ではとんでもないバケモノになる可能性も秘めていそう。

血統構成

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
サラフィナ Refuse To Bend Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Market Slide Gulch
Grenzen
Sanariya Darshaan Shirley Heights
Delsy
Sanamia Top Ville
Santalina


兄弟馬

特になし

近親馬

特になし

血統評価:1.0pt

母サラフィナは凱旋門賞3着のG1馬。しかしそれ以外でいくととりたてて特徴がなく、近親にも日本活躍馬がいないので血統背景としては、プッシュポイントがない。

前評判

以前の記事でも触れたが、武豊騎手がわざわざ北海道の牧場まで何度も足を運んでその成長を確かめに来る程の入れ込み様。常々、「ディープインパクトにそっくり」と絶賛の声を周囲に漏らしているのだ。管理先も松永幹夫厩舎という事で、デビューの鞍上は武豊騎手でほぼほぼ決定だろう。これは、“ディープ2世”の誕生の予感か??

馬名の意味

天才的な(イタリア語)

セールで1億6000万もの高額取引きをされた同馬。その価格帯込みで天才的な能力が備わっている事を願っての命名か。
25 件

関連する記事

超大物の予感!武豊が惚れ込む良血馬”サラフィナ2014”

超大物の予感!武豊が惚れ込む良血馬”サラフィナ2014”

日本が世界に誇る天才ジョッキー・武豊が今年の秋にデビューする2歳馬のなかで唯一惚れ込んでいる「サラフィナの2014」。もし、武豊が手綱を取ることになれば、この馬で悲願の凱旋門賞制覇を成し遂げることになるかもしれない。
 151,305
プリュスが未勝利戦を最速上がりの末脚で差し切って初勝利

プリュスが未勝利戦を最速上がりの末脚で差し切って初勝利

良血馬プリュスがその素材に違わぬ走りで未勝利戦を快勝。直線で馬場の真ん中から馬群を突き割る様に抜け出すと、最後は後続に2馬身半差を付ける内容で初白星を飾った。兄ジェニアルの分までプリュスがクラシックタイトルを目指す。
 4,613
キセキが宝塚記念で巻き返しか、デムーロ騎手が連覇を狙う

キセキが宝塚記念で巻き返しか、デムーロ騎手が連覇を狙う

日経賞でまさかの暴走、制御不能の走りで敗戦を喫したキセキ。その後、放牧に出して仕切り直しを図った。帰厩後は人馬のコミュニケーションを徹底し、パフォーマンスを全開出来る様に調整。M.デムーロ騎手で大一番の復活を果たす。
 2,576
クリアザトラックが小豆島特別で降級戦へ、強敵揃った1戦

クリアザトラックが小豆島特別で降級戦へ、強敵揃った1戦

1600万クラスを勝ち切れないでいたクリアザトラックがいよいよ降級戦で1000万クラスへ。舞台になるのは、阪神マイルの小豆島特別だ。しかし、ボンセルヴィーソやインディチャンプなど骨っぽいメンバーが集まり激戦必至か。
 3,221
サトノアーサーがエプソムカップを制す、初コンビで重賞初V

サトノアーサーがエプソムカップを制す、初コンビで重賞初V

戸崎圭太騎手との初コンビで臨んだエプソムカップを、大外枠から鮮やかな先行差しで重賞初制覇を飾ったサトノアーサー。降雨の重馬場で、逆に枠が幸いし馬場の良い外目を追走出来たの勝因の1つだが、それ以上に鞍上が上手く乗った。
 4,406

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部