2018年1月15日 更新

シンザン記念 2018 結果 動画

月曜日に行われたシンザン記念はアーモンドアイが出遅れるも直線で驚異的な末脚を繰り出し、粘り込むツヅミモン以下をあっさりとかわして衝撃の重賞初制覇を飾った。3着に逃げたカシアスが入線。ファストアプローチは馬場に泣いた。

871

シンザン記念2018の結果

シンザン記念2018の動画

レース回顧

大外のカシアスがポンっと出てハナに立つ競馬。単独で逃げる展開となりペースは落ち着くも、後続の馬群も集団となり最後の直線勝負へ。番手からツヅミモンが馬体を並べて追い比べとなるも、その2頭が競り合う外からアーモンドアイが一気に差し切って勝利。大きく出遅れたが、一切関係の無い強い競馬で未勝利からの連勝で重賞初制覇を飾った。もう1頭の人気馬ファストアプローチは内目を伸びるも湿った馬場で伸びあぐねた形。

勝ち馬アーモンドアイ

アーモンドアイ

アーモンドアイ

牝馬

父馬:ロードカナロア
母馬:フサイチパンドラ
母父:サンデーサイレンス
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:3戦2勝(2-1-0-0)
主な戦績:シンザン記念など
via google imghp
1頭、致命的な出遅れをして後方追走を余儀なくされたアーモンドアイ。しかし、鞍上の戸崎騎手曰く『自信があったから慌てず乗れた』との事で、その読み通りに最後の直線で豪快な末脚を披露。各馬をまとめて差し切り、逆に最後は1馬身以上突き放す圧倒的な内容だった。牝馬の暫定チャンピオンであるラッキーライラックに対抗しうる馬として、一気にクラシックの最有力候補に躍り出る事となる。

レースを振り返ってのベスト予想

◎アーモンドアイ
○エアアルマス
△カシアス
ファストアプローチ
×カフジバンガード
スターリーステージ
プリュス
ツヅミモン

馬連:想定5点:◯勝利、三連単:想定36点:◯勝利

本命はレース前から完勝がイメージ出来たアーモンドアイ。対抗は取消になったエアアルマス。それ以外の馬に勝ちイメージ出来る馬がいなかったので実績評価でファストアプローチとカシアスを連下。紐は、単勝20倍未満へ流すがの理想だっただろう。

全着順結果

RR:96.6 ※想定RR:96.3

                           
着順 馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 タイム(着差) 本印 田中 清水 大川結城 単勝オッズ
1 3 アーモンドアイ 54.0 戸崎 109.0 1:37.1 2.9
2 7 ツヅミモン 54.0 秋山 100.0 1.3/4 16.7
3 11 カシアス 57.0 浜中 100.0 クビ × 7.5
4 2 ファストアプローチ 56.0 Mデム 97.0 2.1/2 × 2.9
5 9 カフジバンガード 56.0 藤岡康 94.0 1/2 × 6.6
6 1 スターリーステージ 54.0 川田 91.0 1.1/2 10.4
7 4 ベルガド 56.0 松山 91.0 クビ × 73.8
8 8 プリュス 54.0 武豊 91.0 1/2 × × ×× 14.3
9 6 ブランモンストル 56.0 松田 90.0 4 × ×× 28.7
10 10 ヒシコスマー 56.0 90.0 3.1/2 × × × 36.1
11 5 マイネルエメ 56.0 丹内 90.0 1/2 95.0
取消 -- エアアルマス 56.0 福永 ----- ---- ----


配当&本印予想結果

馬連予想 ②-①③⑨⑪ 不的中
単勝 3 290円 枠連 3-6 1,680円
複勝 3 150円 ワイド 3-7 980円
7 330円 3-11 630円
11 210円 7-11 1,650円
馬連 3-7 2,620円 馬単 3→7 3,100円
三連複 3-7-11 6,980円 三連単 3→7→11 26,730円


危険な人気馬結果 スターリーステージ→6着(5番人気)

最終的には二桁台のオッズに落ち着いたが、それでも人気し過ぎの印象。実際、見せ場もなく6着に敗退している辺りが現状の実力だろう。但し、伸びシロがある血統には間違いなく今後の成長力次第では重賞で台頭する馬になってもおかしくはない。

穴馬予想結果 ヒシコスマー→10着(9番人気)

相変わらずの気分屋ぶりで、最後方追走から全く伸びる気配を見せずブービー着順。勝つ時は鮮やかだが、走らないと決めればテコでも動かない様子だ。このタイプの買い時が読めないだろうが、基本的に頭か大敗かのパターンで山を張るしか無い。

編集部の回顧

雨で稍重が誤算だったが、本命ファストアプローチと対抗カシアスはそこまで気にする必要なし。アーモンドアイも強かったとは言え、未勝利かちからの参戦なら単穴想定でOK。何よりツヅミモンの2着が全くイメージ湧かず、これで正月競馬は三連単を4連敗と散々な結果に。切り替えて来週から巻き返したい。(田中)
本命対抗は完璧。単穴2頭は連下まででよかった。ツヅミモンは2着想定できないのでこれはとれなくて問題ない。やっぱりあの新馬負けたレース見たときの衝撃。パンドラ初の成功馬だろう。良血だけに繁殖でも期待できるだろう。(大川)
1着▲アーモンドアイ。こちらも1頭別次元の競馬で一躍桜花賞有力馬に名乗り。2着×ツヅミモン、3着△カシアスで、ツヅミモンにはさすがにヒモまでしか印を打てなかった。(結城)

シンザン記念2018の予想

◎エアアルマス(出走取消)

エアアルマス

エアアルマス

牡馬

父馬:マジェスティックウォリアー
母馬:Nokaze
母父:エンパイアメーカー
所属:池添学厩舎(栗東)
生産:Sekie Yoshihara & Tsunebumi Yoshihara(米)
馬主:ラッキーフィールド

通算成績:2戦1勝(1-1-0-0)
主な戦績:2歳未勝利
via google imghp
未勝利戦をほぼ馬なりのまま後続を突き放し圧勝して来たエアアルマス。並み居る強豪相手に戦前は1番人気の想定オッズだったが、レース前にハ行を発症しあえなく出走取り消しとなった。金曜日段階での展望となっている為、暫定で本命とする。

◯ファストアプローチ

ファストアプローチ

ファストアプローチ

牡馬
 
父馬:ドーンアプローチ
母馬:ジョリージョコンド
母父:Marju
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:山本英俊

通算成績:5戦1勝(1-2-0-2)
主な戦績:2歳未勝利
via google imghp
未勝利快勝後、昇級戦のGⅢ〜GⅠでも大崩れせず健闘しているファストアプローチ。特に朝日杯フューチュリティステークスでは正攻法の先行策から勝ちに行く競馬で僅差の2着争いに加わり地力の高さを示した。鞍上にM.デムーロを迎え必勝態勢で臨む。

▲アーモンドアイ

アーモンドアイ

アーモンドアイ

牝馬

父馬:ロードカナロア
母馬:フサイチパンドラ
母父:サンデーサイレンス
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:2戦1勝(1-1-0-0)
主な戦績:2歳未勝利
via google imghp
とにかく未勝利戦の勝ちっぷりが見事だったアーモンドアイ。母フサイチパンドラからようやく大物候補が現れた印象で、血統的には超一流からも爆発すればそうとうな潜在能力の持ち主かもしれない。牡馬相手にどうこうという競馬では無く、ここは控えめに見ても勝ち負け必至。

▲カシアス

カシアス

カシアス

牡馬

父馬:キンシャサノキセキ
母馬:ラブディラン
母父:ディラントーマス
所属:清水久詞厩舎(栗東)
生産:谷岡牧場
馬主:カナヤマホールディングス

通算成績:5戦2勝(2-2-0-1)
主な戦績:函館2歳ステークスなど
via google imghp
函館2歳ステークス勝利後も、京王杯2歳ステークスと朝日杯フューチュリティステークスで一応の見せ場は作っているカシアス。例年の早熟傾向にある夏競馬のチャンピオンとは違い、奥深い素質を感じさせる面白い1頭。距離もマイルまでなら十分、ここでもしっかりと上位争いに顔を出せる筈だ。

出馬表&レーティング&予想オッズ

想定RR:96.3

エアアルマスは、血統適性が読めず。ファストアプローチは、距離が短いか。カシアスは逆に距離が長いか。アーモンドアイは、実績不足とそれぞれ不安材料があるが、4頭を中心に少し散らせば安牌だろう。
                   
馬番 出走馬 性齢 斤量 騎手 評価 本印 田中 清水 大川結城 予想オッズ
1 スターリーステージ 牝3 54.0 川田 90.0 6.9
2 ファストアプローチ 牡3 56.0 Mデム 97.0 × 2.9
3 アーモンドアイ 牝3 54.0 戸崎 100.0 3.9
4 ベルガド 牡3 56.0 松山 94.0 × 32.9
5 マイネルエメ 牡3 56.0 丹内 90.0 96.0
6 ブランモンストル 牡3 56.0 松田 94.0 × × × 32.3
7 ツヅミモン 牝3 54.0 秋山 90.0 × 19.2
8 プリュス 牝3 54.0 武豊 94.0 × × × × 8.4
9 カフジバンガード 牡3 56.0 藤岡康 94.0 × 9.4
10 ヒシコスマー 牡3 56.0 94.0 × × × 26.3
11 カシアス 牡3 57.0 浜中 97.0 × 7.7
取消 エアアルマス 牡3 56.0 福永 100.0 ----


危険な人気馬 スターリーステージ(想定3番人気)

兄にシンザン記念勝ち馬のミッキーアイルがいるだけの過剰人気と言えるスターリーステージ。これまでレースぶりを見る限り、いきなり重賞で通用する様なパフォーマンスは一度も出せていない。単純にブランドだけで人気を吸ってくれるのなら非常に美味しい存在である。

穴馬予想 ヒシコスマー(想定8番人気)

成績が勝ちか惨敗かの白黒ハッキリしたタイプのヒシコスマー。気分次第で走る傾向があり、負けた重賞の2走は力負けでは無くノーカウントとしたい。少頭数で揉まれず後方からノビノビ走れればこのメンバーでも突き抜けておかしくない力は持っているだろう。

編集部の見解

シンプルに朝日杯フューチュリティステークスとその他の重賞実績から本命はファストアプローチ、対抗にカシアス。後は未勝利勝ちの内容が良かったアーモンドアイとエアアルマスを単穴において堅めの配当でプラスになる買い方をしたい1戦。とは言え、上位に完全な信頼性も無くある意味で見のレースだろう。(田中)
未勝利戦を楽に勝ち上がったエアアルマスが◎ですが楽しみなのは〇プリュス、前走の走りを再び。▲のアーモンドアイはスタート五分なら好勝負。△のヒシコスマー、今回は走る番?(清水)
本命はアーモンドアイ。新馬は絶望位置から前に届かずも前走の強さは一線級。対抗は、エアアルマス。同じく前走評価。実績から単穴に、ファストアプローチとカシアス。レースレベル低そうなので、この4頭で良いだろう。スターリーステージは血統人気しすぎ。プリュスは、前走かわりみみせたものの血統人気しすぎ。(大川)
本命エアアルマス。阪神マイルの未勝利戦を気合いをつけた程度で好タイムの4馬身差圧勝。対抗は朝日杯6着のファストアプローチ。2度目の関西遠征&マイル戦で前進必至。単穴にはアーモンドアイとスターリーステージの良血牝馬2頭。前者は休み明けの関西遠征だけに飛ぶ懸念もあるが素質は一級品。後者は勝ち上がりに4戦要したが、兄は何と言ってもこのレースの覇者ミッキーアイル。一発あっていい。連下にはカフジバンガードにカシアス。ヒモにプリュス、ブランモンストル、ツヅミモンまで。(結城)
50 件

関連する記事

日経新春杯 2018 結果 動画

日経新春杯 2018 結果 動画

14日に行われた日経新春杯はパフォーマプロミスが出遅れるも直線外から懸命に伸び、必死に粘るロードヴァンドールを最後の50mで捉えて重賞初勝利を飾った。僅差の3着に軽ハンデのガンコが入線。ミッキーロケットは4着に敗退。
 439
京成杯 2018 結果 動画

京成杯 2018 結果 動画

日曜日に行われた京成杯はジェネラーレウーノが大外枠を難無くこなし、先行策からズバリ抜け出し快勝。未勝利、葉牡丹省からの3連勝で重賞初制覇を飾った。2着はコズミックフォース、3着に新馬から参戦のイェッツトが入線。
 458
愛知杯 2018 結果 動画

愛知杯 2018 結果 動画

土曜日に行われた愛知杯はエテルナミノルが直線早め先頭から迫るレイホーロマンス以下を振り切り重賞初勝利。鞍上の四位騎手が抜群のレース運びでエスコートした。3着に1番人気マキシマムドパリが入線。3連単は10万円を超えた。
 452
フェアリーステークス 2018 結果 動画

フェアリーステークス 2018 結果 動画

日曜日に行われたフェアリーステークスはプリモシーンが経験馬相手に堂々たる競馬でねじ伏せ重賞初勝利。未勝利からの連勝で一躍クラシック候補へ名乗りを上げた。2着はスカーレットカラー、3着に素質馬レッドベルローズが入線。
 755
京都金杯 2018 結果 動画

京都金杯 2018 結果 動画

6日に行われた京都金杯はブラックムーンが道中最後方追走から最後の直線でまとめて差し切り重賞初制覇。武豊騎手は昨年をブラックで締め、今年もブラックで好スタート。2着はクルーガー、3着に1番人気レッドアンシェルが入線。
 450

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部