2017年5月23日 更新

【POG】2017-2018年シルクレーシング有力馬【一口馬主】

2015年に産まれたシルクレーシング所属の産駒を募集された高額順にまとめました。2018年のPOGにご活用頂ければ幸いです。尚、早期掲載の影響で画像が無い産駒も見られますので予めご了承下さい。

10,567
近年、最も勢いのあるクラブと言えばこのシルクレーシング。元のシルクホースクラブ単独経営から、社台グループ傘下に入った事で募集馬の質が圧倒的に上昇した。“シルク”の冠名も廃してクラブイメージを一掃する革新的な試みが成功し今の活躍に至るのである。まだ出走頭数などの規模は上位2クラブに引けを取るが、勝ち馬率などの実質的な数値だけで見ればむしろ上回っているデータも残しているだけに、POGで勝ち上がりたいなら避けて通れない存在だろう。

シルクレーシング所属高額馬一覧

ペンカナプリンセス2015|ピボットポイント

ペンカナプリンセス2015 牡 (馬名:ピボットポイント)

ペンカナプリンセス2015 牡 (馬名:ピボットポイント)

価格:1億2000万円

父馬:ディープインパクト
母馬:ペンカナプリンセス
母父:Pivotal
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:シルクレーシング

兄弟:ワールドインパクト、トリコロールブルーなど
via google imghp
既にワールドインパクト、トリコロールブルーが上の世代でクラシックを賑わす存在として活躍。しかし、結果的に重賞を勝つなどの実績には至っていない。そんな兄たちの雪辱を果たすべく、今回の募集馬でトップの高額を叩き出したピボットポイントが満を持してそのデビューを待っている。管理は関西のNo.1トレーナーと言っても良い友道厩舎でその選馬眼からハズレは引かない。

プチノワール2015|ブレイニーラン

プチノワール2015 牡 (馬名:ブレイニーラン)

プチノワール2015 牡 (馬名:ブレイニーラン)

価格:1億円

父馬:ディープインパクト
母馬:プチノワール
母父:Singspiel
所属:須貝尚介厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:シルクレーシング

兄弟:ローブティサージュなど
via google imghp
母プチノワールの系譜を辿れば、名繁殖牝馬ホワイトウォーターアフェアがいる繁栄ファミリー。そう考えるとウォーエンブレムで阪神JFを買ったローブティサージュを出せた事にも納得が行くもの。そのプチノワールがようやくディープインパクト産駒を送り込むだけあって、シルクレーシング内でも1億円の高評価に至った。ディープインパクト×シングスピールは既にアダムスピーク、シンハライトでの成功例があり好相性と見る。

メジロフランシス2015|ルーカス

メジロフランシス2015 牡 (馬名:ルーカス)

メジロフランシス2015 牡 (馬名:ルーカス)

価格:1億円

父馬:スクリーンヒーロー
母馬:メジロフランシス
母父:カーネギー
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:戸川牧場(門別町)
馬主:シルクレーシング

兄弟:モーリスなど
via google imghp
歴代でも最強クラスの呼び声が高いモーリスの全弟ルーカス。特に晩年のパフォーマンスは負ける気がしないレベルにまで完成されていた事を考えると、スクリーンヒーローの成長力はかなりのものを感じる。母の産駒実績はそれ以外目を見張るものがないのでどう考えてもこの配合の相性だろう。もしくはモーリス1頭だけの突然変異か。いずれにせよその答えは本馬が握っている。

パーシステントリー2015|オブセッション

パーシステントリー2015 牡 (馬名:オブセッション)

パーシステントリー2015 牡 (馬名:オブセッション)

価格:1億円

父馬:ディープインパクト
母馬:パーシステントリー
母父:Smoke Glacken
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:シルクレーシング

兄弟:パーシーズベストなど
via google imghp
母パーシステントリーはアメリカのGⅠウィナー。日本へ輸入されてから全てディープインパクトを配合されているが、パーシーズベスト以外全く産駒は奮わない。そのパーシーズベストですらそこまでの実績となると、このオブセッションが1億円という額に関してもいささか疑問符が付く次第。正直、指名する価値は全く感じられない。

メジロツボネ2015|グローリーヴェイズ

メジロツボネ2015 牡 (馬名:グローリーヴェイズ)

メジロツボネ2015 牡 (馬名:グローリーヴェイズ)

価格:7000万円

父馬:ディープインパクト
母馬:メジロツボネ
母父:スウェプトオーヴァーボード
所属:尾関知人厩舎(美浦)
生産:レイクヴィラファーム(洞爺湖町)
馬主:シルクレーシング

兄弟:初仔
via google imghp
現役時代は1000万クラス止まりの母メジロツボネ、母父スウェプトオーヴァーボードという血統にディープインパクトを配合する意外性の高い1頭だ。いや、高過ぎて理解に苦しむばかりでしかも募集価格が堂々の7000万円…これで走らなければクラブの信用を失うレベルの金額設定である。裏を返せば相当な自信があるという事か。ただ、走るイメージは未だ一切湧かない。

ミュージカルウェイ2015|ロングランメーカー

ミュージカルウェイ2015 牡 (馬名:ロングランメーカー)

ミュージカルウェイ2015 牡 (馬名:ロングランメーカー)

価格:7000万円

父馬:エンパイアメーカー
母馬:ミュージカルウェイ
母父:Gold Away
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:シルクレーシング

兄弟:トーセンマタコイヤ、ミッキークイーンなど
via google imghp
トーセンマタコイヤ、ミッキークイーンと立て続けに結果を残しているにも関わらず、ここに来てエンパイアメーカーを付ける暴挙。しかも、名前がロングランメーカーという微妙さ。普通に延々とディープインパクトを配合し続ければ良いと思うのだが…シルクレーシングのポジションがまだ社台グループの中で固まっていない事を感じる1頭だ。

サロミナ2015|サラキア

サロミナ2015 牝 (馬名:サラキア)

サロミナ2015 牝 (馬名:サラキア)

価格6000万円

父馬:ディープインパクト
母馬:サロミナ
母父:Lomitas
所属:池添学厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:シルクレーシング

兄弟:サロニカ
via google imghp
母はドイツオークス馬のサロミナ。初年度からいきなりエルフィンS勝ち馬のサロニカを出す一応の実績を残し、更に2世代目でそのパフォーマンスを上げる筈。厩舎が少し物足りないが、恐らく馬自身はかなりの潜在能力を持っているに違いない。後は運に任せて、大躍進する可能性に賭けても良いだろう。素材としてはイチオシ。

モシーン2015|プリモシーン

モシーン2015 牝 (馬名:プリモシーン)

モシーン2015 牝 (馬名:プリモシーン)

価格:5500万円

父馬:ディープインパクト
母馬:モシーン
母父:Fastnet Rock
所属:木村哲也厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:シルクレーシング

兄弟:キャリコ
via google imghp
モシーンはオーストラリアでGⅠ4勝の実力馬。初年度にディープインパクトを付けた一つ上の全姉キャリコは評判の割に全く走らなかったが、2年目に実績が上がりやすい事を踏まえるとまだ見限れない。母父ファストネットロックが日本競馬にかなり順応しているだけに、この配合で走らない方がおかしいと考える。

アートプリンセス2015|キングスヴァリュー

アートプリンセス2015 牡 (馬名:キングスヴァリュー)

アートプリンセス2015 牡 (馬名:キングスヴァリュー)

価格:5000万円

父馬:キングスヴァリュー
母馬:アートプリンセス
母父:Officer
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:シルクレーシング

兄弟:タップザット、ジュンテオドーラなど
via google imghp
タップザットを出す辺りそれなりの繁殖能力は持っていると判断する母アートプリンセス。その妹にアメリカの名牝ザズーがいるなど、血統の下地は超一流だ。一つ上にディープインパクト産駒のジュンテオドーラがいるが、この血統にはキングカメハメハの方がしっくり来る。芝・ダート兼用で出るだろうがそれはそれで2度美味しい。

アドマイヤテレサ2015|ポートフィリップ

アドマイヤテレサ2015 牡 (馬名:ポートフィリップ)

アドマイヤテレサ2015 牡 (馬名:ポートフィリップ)

価格:5000万円

父馬:ハーツクライ
母馬:アドマイヤテレサ
母父:エリシオ
所属:梅田智之厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:シルクレーシング

兄弟:アドマイヤラクティ、サトノジュピターなど
via google imghp
アドマイヤラクティ、サトノジュピターと立て続けに当たりの産駒を出し繁殖牝馬としては成功したアドマイヤテレサ。が、その後は鳴かず飛ばずで再度アドマイヤラクティと同配合のハーツクライで勝負に出て来ているが、もはや高齢である事からも過度な期待は禁物か。活躍したとしてもやや晩成タイプだろう。

キューティゴールド2015|ブルヴェルソン

キューティゴールド2015 牡 (馬名:ブルヴェルソン)

キューティゴールド2015 牡 (馬名:ブルヴェルソン)

価格:5000万円

父馬:ダイワメジャー
母馬:キューティゴールド
母父:フレンチデピュティ
所属:高野友和厩舎(栗東)
生産:社台コーポレーション白老ファーム(白老町)
馬主:シルクレーシング

兄弟:ショウナンパンドラなど
via google imghp
半姉にあの女傑ショウナンパンドラ。ダイナサッシュ一族の系譜を引く繁栄ファミリーである。ショウナンパンドラ以降は余り実績を上げていないものの、ダイワメジャー×フレンチデピュティの配合自体は間違いなく走って来そうな雰囲気を感じる。もしかするとダート馬になるリスクもあるが、そう下手な産駒は出て来ないと見て良い。

ピラミマ2015|ルナステラ

ピラミマ2015 牝 (馬名:ルナステラ)

ピラミマ2015 牝 (馬名:ルナステラ)

父馬:ディープインパクト
母馬:ピラミマ
母父:Unbridled's Song
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:シルクレーシング

兄弟:バンドワゴン、スワーヴリチャードなど
via google imghp
個人的オススメはこれ。バンドワゴン、スワーヴリチャードと2頭もクラシック有力候補を出している地味に優良な繁殖牝馬がピラミマだ。しかも、ホワイトマズルとハーツクライでこの実績だし、加えて全産駒が2勝以上とハズレなし。そこに待望のディープインパクト産駒が登場で、POG的にはどう考えても指名する手しか考えられない。

まとめ

以上、シルクレーシングの2015年産駒募集馬の5000万円までを上位掲載。

今後もその他有力クラブの同ランキングを掲載予定となっております。どうぞお楽しみに。

尚、これらの記事は随時更新予定ですので引き続き御覧下さい。
40 件

関連する記事

2018年の牡馬クラシックへの道|ダービー候補を探せ!

2018年の牡馬クラシックへの道|ダービー候補を探せ!

2018年牡馬クラシック戦線に向け、オープン以上のレースを中心に有力馬をピックアップ。各レースの動画を参考に上位入線馬の寸評をお届け致します。今後の馬券展望にもお役立て下さい。尚、内容は随時更新予定となっております。
 11,773
【POG】2017-2018年東京ホースレーシング有力馬【一口馬主】

【POG】2017-2018年東京ホースレーシング有力馬【一口馬主】

2015年に産まれた東京ホースレーシング所属の産駒を募集された高額順にまとめました。2018年のPOGにご活用頂ければ幸いです。尚、早期掲載の影響で画像が無い産駒も見られますので予めご了承下さい。
 7,277
藤沢厩舎のエース候補、オブセッションが東京の新馬戦に登場

藤沢厩舎のエース候補、オブセッションが東京の新馬戦に登場

今年のクラシックを席巻した藤沢厩舎から新たな有力馬がお目見え。シルクレーシングの中で特に評価が高いオブセッション。姉にパーシーズベストがいる血統で鞍上はレイデオロやソウルスターリングと同じくルメール騎手がスタンバイ。
 1,114
ブレイニーランが土曜京都の新馬戦でデビュー、姉は2歳女王

ブレイニーランが土曜京都の新馬戦でデビュー、姉は2歳女王

2012年の阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったローブティサージュを半姉に持つブレイニーランがいよいよ初陣だ。父をディープインパクトに変え配合的にはシンハライトと同じ掛け合わせとなる期待値の大きい1頭。鞍上は川田騎手。
 2,239
友道厩舎期待のピボットポイントが京都新馬戦で堂々デビュー

友道厩舎期待のピボットポイントが京都新馬戦で堂々デビュー

クラシックの常連である友道厩舎の中でも最も注目度の高いピボットポイント。兄弟にワールドインパクト、トリコロールブルーといずれも素質の高い産駒がいる血統で、同馬も類に漏れず上々の動きを見せ初戦からかなりの期待が出来る。
 1,581

関連するタグ

著者

マッケン王 マッケン王