2017年10月5日 更新

シュバルツボンバーがサウジアラビアRCで兄の雪辱を誓う

前走の未勝利戦で中京マイルの2歳コースレコードを叩き出したシュバルツボンバー。シルバーステートが持つ記録を0秒5更新した価値は高い。2015年に同レース2着に惜敗している半兄イモータルの分まで弟がその恨みを晴らす。

969

兄イモータルの為に勝利を

2015年の同レースで2着に敗退している半兄イモータル。血統的にも相性の良いコースではあるが、その鬱憤を弟シュバルツボンバーが晴らしてこそスターへのステップアップに繋がるのでは。何より前走であの幻のダービー馬シルバーステートの持つ記録を0秒5更新しているだけに、無様な走りは見せられない。同じ鞍上の福永騎手が見事にエスコートしてくれるだろう。ディープブリランテから遂にGⅠを狙える産駒の登場だ。

絶好調のディープブリランテ産駒

跳ねる様にして走る姿はディープブリランテそっくり

跳ねる様にして走る姿はディープブリランテそっくり

via google imghp

2017年07月09日 2歳未勝利 芝1600m 中京競馬場

1着:シュバルツボンバー 牡2 (福永祐一)
2着:タガノバルバドス 牡2 (和田竜二)
3着:タイセイソニック 牡2 (M.デムーロ)

レースタイム:1:34.2(良)※レコード
レース上がり3ハロン:34.9
勝ち馬上がり3ハロン:34.3
前走の新馬戦ではややもたつき加減でレースを終えたが、ひと叩きした今回は内容が一変。鞍上の指示にも従順で、中団追走から4コーナーで徐々に進出する理想的な競馬。最後の直線では馬場の真ん中を豪快なフットワークで真っ直ぐに伸び、追いすがる他馬を尻目に軽くうながされる程度のアクションで完勝。2歳レコードを0.5秒上回るタイムも記録し、一気に2歳戦線の主役に浮上した。先週初重賞勝ちを決めたディープブリランテ産駒に新たなスター候補が誕生。

兄イモータルの新馬戦Vからも期待大

一昨年のデビュー戦も総じてインパクトの強かったのが同馬の兄イモータルの新馬戦だった。8月の新潟で直線軽く仕掛けられるとグンと加速し、最後は流す競馬で上がりが32秒9という驚愕の内容。勝った時は『来年のクラシックはこの馬』とまで思わされた程だった。この様に血統的には初戦からしっかり動ける下地が揃っており、且つ調教も良いとの情報が入って来ているので期待は大きい。

シュバルツボンバー

シュバルツボンバー

シュバルツボンバー

牡馬

父馬:ディープブリランテ
母馬:ショアー
母父:Acatenango
所属:須貝尚介厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:KTレーシング

通算成績:2戦1勝(1-0-0-1)
主な戦績:2歳未勝利
via google imghp
画像が無く初見での馬体判断はデビュー後となる。ただ、馬っぷりなどの評判は良い様でディープブリランテ産駒らしい前向きな性格。ショアーの子供は全体的にスラッとした見栄えの良い馬が多く、例に漏れずシュバルツボンバー自体も注目を集める馬にはなるだろう。後は走りさえ伴ってくれば敏腕の須貝尚介調教師がクラシック戦線のレールに乗せてくれる筈だ。馬体重は不明。

血統背景

ディープブリランテ ディープインパクト サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere
ラヴアンドバブルズ Loup Sauvage Riverman
Louveterie
バブルドリーム Akarad
バブルプロスペクター
ショアー Acatenango Surumu Literat
Surama
Aggravate Aggressor
Raven Locks
So Sedulous The Minstrel Northern Dancer
Fleur
Sedulous タップオンウッド
Pendulina


兄弟馬

エックスマーク

エックスマーク

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ショアー
母父:Acatenango
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:36戦5勝 (5-6-4-21)
主な戦績:レインボーステークスなど
via google imghp
イモータル

イモータル

牡馬

父馬:マンハッタンカフェ
母馬:ショアー
母父:Acatenango
所属:須貝尚介厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:8戦1勝 (1-2-0-5)
主な戦績:共同通信杯2着など
via google imghp

近親馬

Sirocco

Sirocco

牡馬

父馬:Monsun
母馬:So Sedulous
母父:The Minstrel
所属:Andreas Schutz厩舎(独)
生産:Baron G.Von Ullmann
馬主:Baron Georg Von Ullmann

通算成績:13戦7勝 (7-1-3-2)
主な戦績:独ダービー、ブリーダーズカップターフ、コロネーションカップなど
via google imghp

血統評価:2.2pt

ファミリーに日本活躍馬はいなく重賞に届かない程度の兄弟がコンスタントには活躍している。現状は強調材料としては弱い。

前評判

『まだ幼い所もあって馬っ気が強い。動き自体は良いのでフットワークが軽くて如何にも芝向きのタイプだろう。稽古通りなら新馬戦から戦えると思う。一族特有の気性が良い方に向いてくれたら良いね』との事。力強い走りが実戦に行ってどういう出方をするのか、要注目である。

馬名の意味

黒い爆撃機(独)

新進気鋭の馬主KTレーシングのネーミング。ギャンブル系のワードやこういったアグレッシブな命名が多いイメージだ。
25 件

関連する記事

シグナライズがチューリップ賞で強豪に挑戦状、見直しの1戦

シグナライズがチューリップ賞で強豪に挑戦状、見直しの1戦

フランケル産駒の素質馬シグナライズがチューリップ賞で桜花賞の権利取りへ。前走の紅梅ステークスは1番人気ながら末脚が不発に終わり4着敗退。背水の陣で臨む今回は本番さながらの究極仕上げで是が非でも上位争いに加わりたい。
 2,642
ゴルトキルシェが牝馬限定戦で2着、力強い走りで素質示す

ゴルトキルシェが牝馬限定戦で2着、力強い走りで素質示す

世界的良血のゴルトキルシェがその血統に恥じぬ走りでデビュー戦を2着。ほぼ勝利目前のところで大外からこちらも良血馬のソシアルクラブに差し切られ惜敗を喫した。しかし、稽古通りに高い能力を見せ付ける内容で次は期待出来る。
 823
レーヴドカナロア(レーヴドスカー2016)のPOG情報

レーヴドカナロア(レーヴドスカー2016)のPOG情報

レーヴドカナロアをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 78
ブレステイキングが500万下を完勝、秋の戴冠へ先ずは2勝目

ブレステイキングが500万下を完勝、秋の戴冠へ先ずは2勝目

古馬との初対戦となった500万下を危なげのない走りで快勝したブレステイキング。デムーロも『ダービーに出れる器』と豪語していたが、同馬の成長が間に合わず大舞台は秋以降にお預けとなった。しかし、ここから快進撃が始まる。
 2,525
ハイランドピークが灘Sを快勝、改めて地力の高さを見せ付ける

ハイランドピークが灘Sを快勝、改めて地力の高さを見せ付ける

圧倒的1番人気となったハイランドピークが降級戦の灘ステークスをあっさりと勝ち上がりオープンに復帰。スタートで上手く出ると先行集団の一角として追走、直線では鮮やかに抜け出し最後まで危なげのない走りで貫禄の勝利となった。
 367

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部